Home Japan Japan — in Japanese 会社会長射殺疑いで組員逮捕、工藤会幹部ら十数人も 福岡県警

会社会長射殺疑いで組員逮捕、工藤会幹部ら十数人も 福岡県警

321
0
SHARE

NewsHub北九州市小倉北区で平成23年11月、建設会社「博新建設」会長内納敏博さん=当時(72)=が射殺された事件で、福岡県警は19日までに、殺人と銃刀法違反の疑いで、特定危険指定暴力団工藤会系組員を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。逮捕者は同会幹部を含む十数人に上る見通し。 捜査関係者によると、逮捕容疑は共謀し、平成23年11月26日午後9時すぎ、小倉北区妙見町の内納さん宅前で、内納さんの首付近を拳銃で撃って殺害した疑い。死因は失血死だった。 博新建設は大手ゼネコンの1次下請けとして約80社から2次下請け業者を選定する立場だった。県警は業者選定のほかあいさつ料を巡るトラブルが背景にあったとみて調べる。 福岡県内では、工藤会が拠点を置く北九州市を中心に事業者や市民が襲撃される事件が相次ぎ、県警は平成26年9月に頂上作戦に着手。工藤会トップ野村悟被告(70)=殺人罪などで起訴=を計6回逮捕するほか、組員の離脱や就労支援に向けた取り組みを進めている。

Similarity rank: 4.3
Sentiment rank: -10.2