Home Japan Japan — in Japanese 御嶽山噴火、遺族が初提訴 警戒レベル巡り賠償請求

御嶽山噴火、遺族が初提訴 警戒レベル巡り賠償請求

154
0
SHARE

NewsHub58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火災害で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、犠牲者5人の遺族が25日、国家賠償法に基づき国と長野県に総額1億4千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。 気象庁が噴火予知の責任をどこまで負うのかが問われる異例の裁判となる。原告側によると、今回の災害で遺族が提訴するのは初めて。 御嶽山では噴火前の14年9月10日に火山性地震が52回、翌11日には85回観測された。

Similarity rank: 6.4
Sentiment rank: -3.3