Home Japan Japan — in Japanese 最小ロケット打ち上げ失敗 20秒で通信異常、海に落下

最小ロケット打ち上げ失敗 20秒で通信異常、海に落下

205
0
SHARE

NewsHub宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日午前8時33分、電柱ほどの大きさの小型ロケット「SS520」4号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。だが約20秒後にロケットとの通信に異常が生じたため、打ち上げ3分後に予定していた第2段への点火を中止、打ち上げは失敗した。 東京大が開発した超小型衛星を搭載しており、衛星とともに南東沖の海に落下した。人工衛星を軌道に投入する世界最小ロケットとして、利用が拡大する超小型衛星の打ち上げ手段に期待されたが、かなわなかった。機体製造と打ち上げの費用は計約5億円。

Similarity rank: 5.8
Sentiment rank: -0.9