Home Japan Japan — in Japanese 米GDPが急減速1.9%減 10~12月期、輸出落ち込む

米GDPが急減速1.9%減 10~12月期、輸出落ち込む

93
0
SHARE

NewsHub【ワシントン=小雲規生】米商務省が27日発表した2016年10~12月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は年率換算で前期比1.9%増となり、前期(3.5%増)から成長ペースが急減速した。市場予想の2.2%増も下回った。輸出の落ち込みや個人消費の伸びの鈍化が影響した。 トランプ米大統領は4%成長を目標に掲げているが、前期に好調だった米国経済は再び「通常運転」に戻った形だ。トランプ氏は輸出拡大を目指し、各国政府への圧力を強める可能性もある。米連邦準備制度理事会(FRB)は1月31日~2月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)では、追加利上げを見送るとみられている。 10~12月期は輸出が4.3%減と大きく落ち込む一方、輸入は8.3%増と急増。連邦政府の支出も減少した。またGDPの約7割を占める個人消費の伸びは2.5%で、前期の3.0%から伸びが鈍化したことも成長率の足を引っ張った。一方、民間設備投資は伸びが加速した。 同時に発表された16年通年の成長率は1.6%で、15年の2.6%から減速した。16年前半の世界的な金融市場の混乱や英国の欧州連合(EU)離脱決定をめぐる不透明感などを背景とした低成長が影響した。

Similarity rank: 6.3
Sentiment rank: 0