Home Japan Japan — in Japanese 緊急メールを誤送信=元旦未明に土砂警戒情報-川崎

緊急メールを誤送信=元旦未明に土砂警戒情報-川崎

378
0
SHARE

NewsHub1日午前4時24分ごろ、川崎市で土砂災害警戒情報が発表されたことを知らせる緊急速報メールが誤って携帯電話に送信されるミスがあった。同25分には解除するとのメールが2回立て続けに送られた。 市によると、情報管理を委託している日本気象協会から土砂警戒情報を受信すると、自動的にメールを配信するシステムになっている。 原因はまだ分かっていないが、先月5日に防災情報の配信元を替えるなどシステムを一部変更したため、市は何らかの誤作動が起きたのではないかとみている。 メールが送信されたのは、同メールを受信するよう登録した市民らの携帯電話で、苦情などの連絡が相次いでいるという。 同市の隣に位置する東京都大田区に住む50代の男性は「新年早々、メールと共に鳴るアラームで起こされた。雨も降っていないのに、何が起きたのかと思った」と憤っていた。(2017/01/01-12:29)

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: -0.4