Home Japan Japan — in Japanese マレーシアと共同捜査提案=警察非難、「金正男氏」認めず-召還に反発・北朝鮮大使:

マレーシアと共同捜査提案=警察非難、「金正男氏」認めず-召還に反発・北朝鮮大使:

210
0
SHARE

【クアラルンプール時事】 北朝鮮の 康哲駐マレーシア大使は20日午後、 大使館前で記者会見を開き、 金正恩朝鮮労働党委員長の 異母兄、 金正男氏の 殺害事件について「マレーシア警察の 捜査を信用できない」 と非難した上で、 真相解明に向けマレーシア警察との 共同捜査を提案した。 ま
【クアラルンプール時事】北朝鮮の康哲駐マレーシア大使は20日午後、大使館前で記者会見を開き、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件について「マレーシア警察の捜査を信用できない」と非難した上で、真相解明に向けマレーシア警察との共同捜査を提案した。また旅券から男性を「キム・チョル」と特定したが、その他の名前は知らないと主張し、男性が金正男氏とは認めなかった。
〔写真特集〕スパイの道具~北朝鮮工作員の暗殺武器~
マレーシア外務省は20日午前、康大使を呼び、同国の対応を批判した17日夜の発言について説明を求めたほか、駐北朝鮮大使を召還したと発表。康大使は会見でマレーシア側に反発した形で、両国間の緊張は高まっている。
康大使は会見で、事件から1週間が経過したが、死因に関する明確な証拠が出ていないなどと批判。「われわれは被害者の側として捜査結果を要求する権利がある」としたほか、実行犯として逮捕されたベトナム人とインドネシア人の女2人に面会させるようマレーシア側に要求すると語った。
また、家族のDNAサンプルを求め、遺体の引き渡しを遅らせるのは「ばかげている」と主張。事件はマレーシアが韓国と結託し政治的色合いが強いものになっているとも批判した。
一方、マレーシアの中国語紙・東方日報(電子版)は殺害に関与したとして逮捕された北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)が、マレーシア国内の情報収集や宿泊の手配など、現地調整役だったとみられると伝えた。(2017/02/20-19:32)

Similarity rank: 1.

Continue reading...