SHARE

【2月16日 AFP】 国際赤十字・ 赤新月社連盟(IFRC)は15日、 モンゴルが2年連続で「ゾド(dzud)」 と呼ばれる厳しい気象に見舞われ、 多数の 遊牧民が家畜を失う破滅的な事態に直面していると発表し、 国際的な緊急支援の 要請に乗り出した。
【2月16日 AFP】国際赤十字・赤新月社連盟( IFRC )は15日、モンゴルが2年連続で「ゾド(dzud)」と呼ばれる厳しい気象に見舞われ、多数の遊牧民が家畜を失う破滅的な事態に直面していると発表し、国際的な緊急支援の要請に乗り出した。
乾燥した夏の後に厳しい冬が続く気象状況を指す「ゾド」に見舞われると、牛や羊などの動物たちは夏の間に十分な量の草を食べられず、最低気温がマイナス50度にもなる冬の寒さを乗り切るために必要な脂肪を蓄えられずに死んでしまう。
IFRCによると、モンゴルでは全人口の約半数が、食料、移動手段、収入源をもっぱら家畜に頼っており、今回の「ゾド」は数万人規模の遊牧民の生活を脅かしているという。
当局の統計によると、「ゾド」が原因で死んだ家畜は2月上旬時点で少なくとも4万2546頭に上っている。だが赤十字は「極寒の冬を経て、春が長くて厳しいものになれば、今後数か月でこの数字は急激に増えると予想される」と述べている。またモンゴル国内の21県のうち、17県に暮らす15万7000人以上の人々が「危険」にさらされているという。
2015年から2016年にかけて見舞ったゾドにより、数十万頭の家畜が死んだと伝えられている。
IFRCは、現金と救急箱の提供、将来のゾドに備えての地域支援など、最も深刻な被害を受けた1万1000世帯の援助に必要な額の資金を調達したいとしている。(c)AFP

Similarity rank: 1.1

© Source: http://www.afpbb.com/articles/-/3118089
All rights are reserved and belongs to a source media.