SHARE

北朝鮮の キム・ ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の 兄、 キム・ ジョンナム(金正男)氏がマレーシアで殺害された事件で、 警察に拘束されたインドネ…
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏がマレーシアで殺害された事件で、警察に拘束されたインドネシア人の女とベトナムのパスポートを持つ女が事件の前から連絡を取り合っていたことがわかり、マレーシア政府は、インドネシアなどと情報を共有しながら事件の背後関係の解明を進める方針です。 この事件で、マレーシアの警察は、キム・ジョンナム氏の殺害に関わったとして、これまでに2人の女を拘束しました。 このうち、16日に拘束された女について、インドネシア政府の当局者はNHKの取材に対して、持っていたパスポートから、ジャワ島西部出身のシティ・アイシャ容疑者だと説明しました。 そのうえで、マレーシアの警察から得た情報として、シティ容疑者は、今月2日にマレーシアに入国する前に、15日に拘束されたベトナムのパスポートを持つ女と連絡を取り合っていたことを明らかにしました。 さらに、警察は、シティ容疑者がキム・ジョンナム氏に何かを投げつけているような監視カメラの映像もインドネシア側に提供したということです。 シティ容疑者をめぐっては、警察が16日、交際していた男を捜査への協力のためだとして拘束し、事情を聴いています。 一方、ベトナムのパスポートを持った女については、これまでのところ、本人かどうか確認されておらず、マレーシア政府は、インドネシアだけでなくベトナム政府とも情報を共有しながら事件の背後関係の解明を進める方針です。

Similarity rank: 11
Sentiment rank: -95.1
TW posts: 28
TW reposts: 17
TW likes: 15
TW sentiment: -10
© Source: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170217/k10010879741000.html All rights are reserved and belongs to a source media.