Home Japan Japan — in Japanese 正男氏親族近くマレーシア入りか 北朝鮮反発、曲折も

正男氏親族近くマレーシア入りか 北朝鮮反発、曲折も

198
0
SHARE

【クアラルンプール共同】 北朝鮮の 金正男氏殺害事件で、 マレーシア警察の ノール・ ラシド・ イブラヒム副長官は23日、 遺体の 身元確認の ため親族が一両日中にもマレーシア入りする見通しだと述べた。 DNA鑑定などを行うとみられる。 マレーシアの 複数の メディアが伝えた。 北朝鮮は捜…
【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシア警察のノール・ラシド・イブラヒム副長官は23日、遺体の身元確認のため親族が一両日中にもマレーシア入りする見通しだと述べた。DNA鑑定などを行うとみられる。マレーシアの複数のメディアが伝えた。北朝鮮は捜査に反発、正男氏と認めないまま遺体の即時引き渡しを要求しており、親族の遺体確認が実現すれば対立が深まるのは必至。副長官は誰が来るのかは明らかにせず、曲折も予想される。 正男氏は北京在住の本妻と息子がいるほか、マカオに別の女性とその息子ハンソル氏(21)と娘が住んでいるとされる。

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: -4.5