SHARE

【ブリュッセル=横堀裕也】 マティス米国防長官は15日、 初めて出席した北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会で、 「米国の 関与低下を招きたくなければ、 加盟各国は共同防衛に対する支援を示す必要がある」 と述べ、 NATO加盟各【国際】
【ブリュッセル=横堀裕也】マティス米国防長官は15日、初めて出席した北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会で、「米国の関与低下を招きたくなければ、加盟各国は共同防衛に対する支援を示す必要がある」と述べ、NATO加盟各国に国防費支出の増額を強く求めた。 マティス氏は、トランプ米大統領がNATO加盟各国に応分の負担増を要求していることも踏まえ、「米国の納税者はこれ以上、不相応な負担を負うことは出来ない」と指摘した。一方で、「NATOは近代史における最強の軍事同盟だ」と重要性を強調し、「トランプ大統領も強く支持している」と語った。 これに対し、NATOのストルテンベルグ事務総長は15日の記者会見で、「各国はマティス氏に力強いメッセージを返した。各国とも国防費を増額させる心づもりだ」と述べ、各国が米国の要求に応じる考えで一致したとの認識を示した。

Similarity rank: 7.8
Sentiment rank: -0.4
© Source: http://www.yomiuri.co.jp/world/20170216-OYT1T50048.html?from=yartcl_blist All rights are reserved and belongs to a source media.