SHARE

プロ野球は4試合が行われ、 セ・ リーグ首位の 広島は今シーズン初の 連敗。 一方、 DeNAと中日が今シーズン初の 連勝です。
プロ野球は4試合が行われ、セ・リーグ首位の広島は今シーズン初の連敗。一方、DeNAと中日が今シーズン初の連勝です。 広島対DeNAは、DeNAが延長10回、5対3で勝ちました。 DeNAは同点の延長10回、梶谷選手のタイムリーヒットと筒香選手の犠牲フライで2点を勝ち越しました。 DeNAは今シーズン初の連勝で、2カード連続の勝ち越しです。広島は打線が7回に3点差を追いつきましたが、リリーフ陣が粘れませんでした。広島は今シーズン初の連敗です。 中日対阪神は、中日が5対2で勝ちました。中日は1点を追う7回、4番の平田選手のソロホームランと、ルーキーの京田選手の2点タイムリーヒットで3点を奪って逆転しました。そして、8回にもビシエド選手の1号ツーランホームランでリードを広げ、今シーズン初の2連勝です。7回から登板した中日の4年目、祖父江投手が1イニングを3人で抑え、プロ初勝利を挙げました。阪神は先発の青柳投手が2敗目です。 ロッテ対ソフトバンクは、ソフトバンクが4対0で勝ちました。ソフトバンクは5回、中村晃選手のタイムリーツーベースヒットで1点を先制しました。先発のバンデンハーク投手は8回をヒット2本に抑えて得点を与えず、今シーズン3回目の登板で初勝利を挙げました。ロッテはドラフト1位のルーキー、佐々木投手が7回1失点と好投しましたが、チーム打率1割台の打線が援護できませんでした。ロッテは4連敗です。 日本ハム対オリックスは、オリックスが8対4で勝ちました。オリックスは1点を追う3回、5年目の武田選手のプロ初ホームランと、宮崎選手の1号ホームランで2点を奪って逆転し、終盤にも2本のホームランなどで突き放しました。先発の金子投手が8回をヒット1本、1失点と圧巻のピッチングを見せ、今シーズン3勝目。オリックスは4連勝です。日本ハムは早くも今シーズン2回目となる5連敗です。

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: 10
TW posts: 9
TW reposts: 57
TW likes: 57
TW sentiment: 10