Home Japan Japan — in Japanese 森友学園:大阪市が保育士派遣 退職相次ぎ

森友学園:大阪市が保育士派遣 退職相次ぎ

161
0
SHARE

大阪市は4日、 学校法人「森友学園」 系列の 「高等森友学園保育園」 (同市淀川区)で保育士の 退職が相次いだことで配置基準を満たさなくなり、 5日から市立保育園の 保育士らを約1カ月間、 1日最大6人派遣すると発表した。 民間の 保育園に市が保育士を派遣するの は極めて異例。
大阪市は4日、学校法人「森友学園」系列の「高等森友学園保育園」(同市淀川区)で保育士の退職が相次いだことで配置基準を満たさなくなり、5日から市立保育園の保育士らを約1カ月間、1日最大6人派遣すると発表した。民間の保育園に市が保育士を派遣するのは極めて異例。
市によると、昨年12月時点で保育士11人がいたが、その後6人になっていた。学園の籠池泰典前理事長や保育園長の籠池氏の妻は4日、さらに2人が退職し「明日は4人のみで保育の継続が難しくなった」と説明したという。退職した2人は3月31日に市が立ち入り調査した際、聞き取りをした保育士4人のうち2人だった。
保育園には0~5歳の園児47人(1日現在)がおり、国の配置基準に基づく市条例では保育士6人が必要。市は「子どもの安全や、保護者の混乱を避けるため」として、臨時派遣の対応を決めた。
また、昨年12月時点の保育士11人のうち6人が、森友学園が経営する「塚本幼稚園」の名簿にも登録されていることが分かった。以前から配置基準を満たしていなかった可能性があり、市は実態を調査する。
市は保育園に対して、早期に保育士を確保して基準を満たすように口頭で指導した。派遣期間中の保育士の給与は園側が負担する。【岡崎大輔、椋田佳代】

Similarity rank: 2.

Continue reading...