SHARE

中国の 2017年4~6月期の 国内総生産(GDP)は、 物価変動の 影響をの ぞいた実質で前年の 同じ時期と比べて6・ 9%増えた。 伸び率は1~3月期から横ばいで、 政府が今年の 成長率目標とする6・ 5%前後を引き…
中国の2017年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響をのぞいた実質で前年の同じ時期と比べて6・9%増えた。伸び率は1~3月期から横ばいで、政府が今年の成長率目標とする6・5%前後を引き続き上回った。国家統計局が17日発表した。 同時に発表された今年上半期(1~6月)の主要統計を見ると、インフラ投資と不動産開発投資の前年比伸び率が前期(1~3月期)より多少減速したが、引き続き成長をリードしたことがわかる。 固定資産投資は前年同期比8・6%増と前期の伸びより0・6ポイント減少。インフラ投資は多少減速したが、前年同期比21・1%増と高い伸びを続けている。政府がバブル防止のために購入制限を進めている不動産の開発投資も前期比0・6ポイント減少したが、前年同期比8・5%増と依然高水準だ。 鉱工業生産は前年と比べ前年同期比6・9%増と前期の伸び率からほぼ横ばいだった。過剰生産能力を削減している石炭などの鉱物採掘業は前年同期比1・0%の減少だった。小売総額は同10・4%増で前期より0・4ポイント伸びた。消費主導経済への転換が進んでいる。(北京=福田直之)

Continue reading...