Home Japan Japan — in Japanese デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか

デザインを想像させるものまで許さない韓国の「旭日旗狩り」 世界で有名・高名な軍艦旗への嫉妬ではないか

135
0
SHARE

折しも、 アジア・ サッカー連盟(AFC)は、 韓国での 試合(4月)で、 サポーターが《旭日旗》を掲げた行為を規定違反の 「差別」 に当たると問題視し、 J1川崎フロンターレ…
折しも、アジア・サッカー連盟(AFC)は、韓国での試合(4月)で、サポーターが《旭日旗》を掲げた行為を規定違反の「差別」に当たると問題視し、J1川崎フロンターレに厳しい処分を下した。誤った認識に基づく、不当な処分だが、韓国が仕掛ける国際社会でのデマ流布に影響された側面があったとすれば、国際社会に向けた反論や「秘密の暴露」について、わが国の努力はまったく足りない、ということになる。 小欄で旭日旗にまつわる「輝かしい歴史」と「不動の国際上の地位」を説明し、名誉を回復しておく。 まずは、韓国の反日分子に耳より情報を通報したい。米政府に抗議をしてはいかが? 標的は、かつて米空軍の大統領専用機エアフォースワンのカラーリングを手掛けた著名な工業デザイナー、レイモンド・ローウィ(1893~1986年)。ローウィは日本のビールメーカーの依頼で、大日本帝國海軍の軍艦旗=旭日旗を想起させるラベルをつくった、反日韓国人にとっては許し難き著名人だ。 それにしても、売れ筋バスケットシューズ《エア・ジョーダン》の新作の靴底に“旭日旗的デザイン”があしらわれただけで激高するお国柄には唖然とさせられる。製造元の米ナイキ社長を含む役員8人と、あろうことかバッシュのコラボレーション相手でバスケットの神様とあがめられるマイケル・ジョーダン氏に対する抗議書簡を昨春送ったほど旭日旗がお嫌いなのだ。 ナイキ社長やジョーダン氏は「???」だったに違いない。靴底にまで目を光らせ、販売中止に追い込める精神構造は不気味。しかもズレている。仮に靴底のデザインを“旭日旗”と認定するのなら、後述するが、主権と言っても過言ではない旭日旗を踏んづける無礼千万な所業であり、反日韓国人にとり喝采すべき事態ではないか。 “旭日旗的デザイン”を発見すると感情が制御不能になるのなら、ホンモノの旭日旗を、しかも帝國海軍の末裔・海上自衛隊の護衛艦が掲揚していれば…。朝鮮半島危機が日に日に現実味を増す中、3万8000人もの在韓邦人の救出・保護・輸送は、想像するだけで恐ろしい。 恐ろしいのは北朝鮮ばかりではない。韓国では自衛隊の入国を、反日的国民の顔色をうかがう韓国政府が拒否する可能性が高い。そればかりか、自衛隊に代わり米軍が救出・誘導した邦人を日本に輸送すべく出動する航空自衛隊機や海自艦の着陸・接岸さえ許可せぬ懸念も残る。韓国政府は、旭日旗を掲げた海自艦が釜山港に入る雄姿を想像し、今から戦々恐々としていることだろう。 現に2016年初夏、海上自衛隊が潜水艦救難母艦と練習潜水艦を派遣した、韓国海軍主催の《西太平洋潜水艦救難訓練=パシフィック・リーチ》では、閉会式をめぐり、にわかには信じられぬ事態が起こった。韓国メディアの旭日旗批判に屈した韓国政府は、閉会式会場に指定していた済州島入港を中止し、別の軍港への回航を求めたのである。 続きを読む

Continue reading...