SHARE

自民党の 二階俊博幹事長は12日夜、 BSフジの 番組で、 憲法改正について「(議論は)相当の ところまで来ている。 1年もあればいいの ではないか」 と述べ、 年内に改憲案の 国会発議を目指す考えを示した。
自民党の二階俊博幹事長は12日夜、BSフジの番組で、憲法改正について「(議論は)相当のところまで来ている。1年もあればいいのではないか」と述べ、年内に改憲案の国会発議を目指す考えを示した。
同党は昨年末、自衛隊の存在明記など改憲4項目の論点を整理したが、条文案はできていない。番組後、二階氏は「(1年という)目標を置いて議論すればいい。慎重さとスピードのバランスが必要だ」と記者団に語った。
憲法改正の国民投票と2019年夏の参院選を同時に実施することに関しては「一つ一つが重要な問題だ。一緒に(実施)するのが費用の面でいいという人もいるが、費用の問題を持ち出すのがおかしい」と述べ、否定的な見解を示した。【小田中大】

Continue reading...