大相撲初場所初日を翌日に控えた13日、 東京・ 両国国技館で15日間の 安全を祈願する土俵祭が行われた。 日本相撲協会の 八角理事長(54=元横綱北勝海)をはじめ横綱白鵬(32=宮城野)ら三役以上の 力士らが出席する一方で、 セクハラ騒動が発覚した立行司の 式守伊之助(58=宮城野)は欠席。 代役として三役格…
大相撲初場所初日を翌日に控えた13日、東京・両国国技館で15日間の安全を祈願する土俵祭が行われた。 日本相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)をはじめ横綱白鵬(32=宮城野)ら三役以上の力士らが出席する一方で、セクハラ騒動が発覚した立行司の式守伊之助(58=宮城野)は欠席。代役として三役格行司の式守勘太夫(58=高田川)が祭主を務めた。 2場所連続41回目の優勝を目指す白鵬は「いよいよという感じ。いつも通りやるだけ」と引き締まった表情。また、横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)は「しっかり集中してやるだけ」、横綱鶴竜(32=井筒)は「思い切っていく。一日一日、自分の相撲に集中したい」と決意を述べた。 土俵祭の終了後には優勝額贈呈式が行われた。昨年9月場所で優勝した元横綱日馬富士(33)は傷害事件の責任を取って引退したため不在。11月場所で優勝した白鵬のみが出席して行われた。

Continue reading...