日本レスリング協会の 幹部が伊調馨選手に嫌がらせしているとする告発状が内閣府に送られた問題で、 内閣府は13日、 伊調選手から…
日本レスリング協会の幹部が伊調馨選手に嫌がらせしているとする告発状が内閣府に送られた問題で、内閣府は13日、伊調選手から聞き取りを行いました。 この問題はオリンピック4連覇を果たした伊調選手や指導していた男性コーチが、栄和人強化本部長など日本レスリング協会の幹部から嫌がらせを受けているとして、ことし1月、内閣府に告発状が送られたものです。 栄強化本部長は告発の内容を否定する一方、伊調選手は告発状について関わっていないとしたうえで、「しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は、説明することも検討したい」とコメントしています。 内閣府は今週、嫌がらせを告発した弁護士や男性コーチなどから聞き取りを始めていて、関係者によりますと、伊調選手は13日、都内で内閣府の聞き取り調査に応じたということです。 伊調選手の所属企業は公正な判断の妨げにならないように、内容については明らかにできないとしています。 内閣府はレスリング協会の幹部を含め広く関係者の調査を行っていく方針で、体調不良のために先週から療養を続けている栄強化本部長からいつ聞き取りが行われるかが今後の焦点となります。

Continue reading...