Home Japan Japan — in Japanese 核実験場爆破 「全ての坑道、閉鎖」 米欧メディアも報道

核実験場爆破 「全ての坑道、閉鎖」 米欧メディアも報道

29
0
SHARE

【ソウル堀山明子、 渋江千春】 北朝鮮北東部の 豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場の 閉鎖作業を取材中の 韓国の 通信社「ニュース1」 は24日、 実験場にある4カ所の 坑道の うち3カ所が爆破されたと報じた。 残る1カ所の 坑道について北朝鮮当局は、 すでに閉鎖されており、 爆破しなかったと説明したという。 北朝鮮の 核兵器
【ソウル堀山明子、渋江千春】北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場の閉鎖作業を取材中の韓国の通信社「ニュース1」は24日、実験場にある4カ所の坑道のうち3カ所が爆破されたと報じた。残る1カ所の坑道について北朝鮮当局は、すでに閉鎖されており、爆破しなかったと説明したという。北朝鮮の核兵器研究所も同日、「核実験中止を透明性を持って担保するために、北部核実験場を完全に廃棄する作業を行った」との声明を出した。
報道によると、北朝鮮側は24日午前11時に北側坑道、午後2時17分に南側坑道、同4時2分に西側坑道を相次いで爆破。軍人用の宿泊棟2カ所など関連施設も爆破されたという。英スカイニュースは「500メートル離れた場所で爆破を見た。極めて大きな音がした」との現場記者の声を伝えた。
北朝鮮の朝鮮中央通信によると、核兵器研究所は声明で「(すでに閉鎖されているものを除く)全ての坑道を爆破によって崩落させ、入り口を完全に閉鎖。同時に現地にあった一部の警備施設や観測所も爆破した」と説明した。「閉鎖作業で放射性物質漏れは発生しなかった」とも主張した。
現地入りしている米CNN記者によると、記者団は爆破前に坑道入り口まで案内され、サッカーボールの大きさの爆薬が並んでいるのを確認した。また未使用だった坑道も見せられ、北朝鮮当局者は「(今後も使えるはずだった坑道の爆破は)朝米首脳会談を前に示す非核化に向けた意思の証拠だ」と語ったという。
閉鎖作業を取材した記者団は米英中露韓5カ国の記者30人で構成され、ニュース1もその一つ。北朝鮮側は、記者と専門家を招待し、実験場にあるすべての坑道を爆破すると発表していた。ただ、CNNは現場に専門家はいなかったと伝えた。実験場には坑道は4カ所あり、東側の第1坑道は2006年10月の第1回核実験で放射性物質が漏れ、閉鎖中。09~17年に行われた2~6回目の核実験は、いずれも北側の第2坑道が利用され、昨年9月の6回目の核実験で地盤が崩壊した。12年に掘削が完了した西側の第3坑道と、掘削中の南側第4坑道は未使用の状態だった。
これに先立ち、記者団は23日午後7時、東海岸の元山(ウォンサン)を特別列車で出発。半日以上かけて実験場に到着した。記者団は約10時間、現地に滞在し、元山への帰路の列車に乗り込んだ後、携帯電話などで報告した。

Continue reading...