100回の 記念大会となる夏の 全国高校野球、 7日目の 第1試合は、 京都の 龍谷大平安高校が、 鳥取城北高校に3対2でサヨナラ勝ち…
100回の記念大会となる夏の全国高校野球、7日目の第1試合は、京都の龍谷大平安高校が、鳥取城北高校に3対2でサヨナラ勝ちし、史上2校目となる甲子園通算100勝目をあげました。 龍谷大平安は1回、京都大会で打率7割5分をマークした3番・松本渉選手のスリーベースヒットで先制し、4回にも1点を追加し、リードを広げました。 8回に同点に追いつかれましたが、龍谷大平安は9回ウラ、2アウト三塁から2番・安井大貴選手がレフト線へタイムリーヒットを打ち、3対2でサヨナラ勝ちをおさめました。

Continue reading...