Home Japan Japan — in Japanese 台風25号、北日本に接近 7日朝には温帯低気圧

台風25号、北日本に接近 7日朝には温帯低気圧

163
0
SHARE

大型の 台風25号は6日、 山陰から北陸沖の 日本海を北寄りに進んだ。 北海道・ 東北に近づく7日朝には温帯低気圧に変わる見通しだが、 その 後も暴風や高波に注意が必要だ。 北海道・ 東北では秋雨前線…
大型の台風25号は6日、山陰から北陸沖の日本海を北寄りに進んだ。北海道・東北に近づく7日朝には温帯低気圧に変わる見通しだが、その後も暴風や高波に注意が必要だ。北海道・東北では秋雨前線が台風に刺激されて活動を活発化させるため、気象庁は激しい雨による土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。 黄円は風速15m/s以上の強風域、赤円は25m/s以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域 台風接近の影響で長崎県対馬市では39.5メートルの瞬間風速を観測し、この地点での10月の史上最大値を更新した。高知県仁淀川町では48時間雨量が400ミリを超えた。 JR西日本 などは6日、台風25号の接近のため、同日午後6時以降の北陸新幹線の上下23本を運休すると発表した。山陽新幹線は6日午前から一部区間で断続的に運転を見合わせた。 日航 や 全日空 によると、6日は九州便を中心に欠航が相次ぎ、5千人以上に影響した。 台風25号は6日午後3時現在、山陰沖の日本海を時速50キロで北東に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心の北側560キロ以内と南側440キロ以内は風速15メートル以上の強風域。〔共同〕

Continue reading...