Home Japan Japan — in Japanese トルコ銃乱射 死者39人に 大統領がテロと断定

トルコ銃乱射 死者39人に 大統領がテロと断定

428
0
SHARE

NewsHubトルコ最大の都市イスタンブールの中心部で、日本時間の1日朝、新年を祝おうと大勢の客が訪れていたナイトクラブを、何者かが襲撃して銃を乱射し、少なくとも39人が死亡しました。犯人は今も逃走中だということで、治安当局が行方を追っています。 トルコのイスタンブール中心部で1日午前1時すぎ(日本時間1日午前7時すぎ)、ナイトクラブを何者かが襲撃し、銃を乱射しました。 トルコのソイル内相は地元メディアに対し、この事件でこれまでに少なくとも39人が死亡し、69人がけがをしたと明らかにしました。 死亡した人の中には少なくとも15人の外国人が含まれているということです。 イスタンブールにある日本総領事館によりますと、これまでのところ日本人が巻き込まれたという情報は入っていないということです。 また、ソイル内相は襲撃は単独で行われたとの見方を示したうえで、「犯人は逃走中だ」と述べ、治安当局が行方を追っていると説明しました。 一方、エルドアン大統領は1日、声明を発表し、「このテロ攻撃を強く非難する。トルコに混乱をもたらそうとするものだが、われわれは最後までテロとの戦いを続けていく」として、今回の襲撃がテロ事件だと断定したうえで、捜査に全力を挙げる方針を強調しました。 トルコ政府は1日にイスタンブールで閣僚らを集めて緊急の治安会議を開き、今後のテロ対策を協議することにしています。 トルコでは、イスタンブールや首都アンカラなど各地で、過激派組織IS=イスラミックステートやクルド系の過激派組織などによるテロが相次いでおり、新年を迎えるイベントの会場などでは治安当局が厳戒態勢を敷いていました。

Similarity rank: 8
Sentiment rank: -10.5