All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

安倍首相、加計氏会見論評せず=米輸入制限への対抗措置に慎重-参院予算委員会

安倍晋三首相は25日の 参院予算委員会で、 学校法人「加計学園」 の 加計孝太郎理事長が記者会見で獣医学部新設問題をめぐる首相との 面会を否定したことに関し、 「政府としてその 内容や評価についてコメントする立場にはない」 と述べ、 論評を避けた。 国民民主党の 浜口誠氏への 答弁。 同日の 参院予算委は、 空転していた延長国会後初めて。 首相は愛媛県文書に記載されている2015年2月25日の 加計氏との 面会を重ねて否定した上、 学園の 獣医学部新設に関し「行政の プロセス自体に全く問題がなかったことは明確だ」 と述べた。 浜口氏は 安...

日本代表「おっさん連中」の底力 4年前の教訓伝える

(24日、 日本2―2セネガル サッカー・ ワールドカップ) 本田圭佑の 同点ゴールは、 同じ32歳の 岡崎慎司が体を張らなければ生まれなかった。 セネガルの ゴール前に蹴り込まれた浮き球に、 岡崎が飛び込んだ。 球… (24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) 本田圭佑の同点ゴールは、同じ32歳の岡崎慎司が体を張らなければ生まれなかった。 セネガルのゴール前に蹴り込まれた浮き球に、岡崎が飛び込んだ。球には触れず、GKらともつれて転倒した。転々とする球を、乾貴士が中へ折り返す。パスは、岡崎たちが倒れて空いたスペースを通り、本田につながった。 長友佑都(31)が、我がことのように喜んだ。「たたかれ続けたおっさん連中が、決めてくれた」 岡崎と本田はともに4年前の主力だった。しかし、3試合すべてに先発しながら1勝もできなかった。その後、バヒド・ハリルホジッチ前監督には戦術に合わないと判断され、代表落ちも経験した。今年4月に西野朗監督が就任して、3大会連続のW杯メンバーに滑り込んだ。 評価を完全に取り戻したわけではない。2試合とも控えで開始の笛を聞いた。 プレーで存在感を示せなくても、心を砕いてきたことがある。4年前の教訓を経験の浅い選手たちに伝えること。「当時は自分たちのサッカーにこだわりすぎて、うまくいかなくなったときに修正できなかった」と岡崎は振り返る。W杯に向けた合宿から口酸っぱく言い続けてきた。「W杯はうまくいかなくて当然。60%の力でも勝ちきったり、引き分けたりしなければいけない」。刻々と変わる状況に、冷静に対応する大切さを説いた。セネガル戦で、思いをチームが形にした。リードされるごとに追いついた。「慌てずに自分たちのペースに持ち込めた」と言ったのは、初のW杯を戦う原口元気(27)だ。 本田の言葉が晴れやかだ。「サッカー人生で、控えでいることを、これだけ前向きに考えられたことはない」。ベテランたちの献身で、日本代表の一体感はいま、最高潮に達しようとしている。( 清水寿之 ) Similarity rank: 11Sentiment...

セネガルサポーター、2度も追いつく日本の粘りに驚きの声「しぶとい」

試合を観戦したセネガル人男性は「日本は予想通り、 良いチームだった」 と日本代表をたたえた。 朝日新聞社試合開始を待つ、セネガルのサポーター=関田航撮影(24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) サッカーのワールドカップで日本代表と対戦したセネガル。現地からの情報によると、首都ダカールなど各地でパブリックビューイングが行われ、ユニホーム姿の大勢のファンが集まった。 試合が始まると音楽を鳴らしたり国旗を振ったりして応援。セネガルがゴールをあげると喜びを爆発させた。一方で、2度も同点に追いつく日本代表に対し、「しぶとい」と驚嘆の声をあげるサポーターもいた。 大会前に現地で取材した際には日本戦でのセネガルの勝利を疑う声はなかったが、試合を観戦したセネガル人男性は「日本は予想通り、良いチームだった」と日本代表をたたえた。 地元メディア「セネニューズ」(電子版)は「セネガルは勝ち点3を逃した。2度リードしたが、GKのミスなどもあり、追いつかれた」と試合結果の速報を伝えた。 セネガルは前回出場の2002年日韓大会でフランスを破るなどして8強入り。今大会はそれ以上の成績を目指している。同メディアは「グループHの行方は最終戦にもつれ込んだ」とも指摘し、早くも次戦のコロンビア戦を見据えていた。(ヨハネスブルク=石原孝) (朝日新聞デジタル 2018年06月25日 08時19分) Similarity rank: 9Sentiment rank: -0.5 TW posts: 1TW reposts: 4TW likes: 9 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

伊紙も日本の激闘報じる「ホンダに終わりはない」元ミラン10番を評価

「ロシアW杯・ H組、 日本2-2セネガル」 (24日、 エカテリンブルク) 「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク) ロシアW杯でセネガルと引き分けたサッカー日本代表の活躍を25日のイタリア紙も大きく報じた。 ガゼッタ・デロ・スポルトは「本田に終わりはない 日本を救いセネガルを止めた」の見出しで、同点ゴールを決めたМF本田圭佑(パチューカ)の活躍を評価。 昨年までACミランに所属していた本田は32歳と若くない年齢だが、51歳で現役を続ける三浦知良を例に出した。また、デビット・ベッカム氏らと同様に1966年以来W杯3大会で得点、アシストを決めた選手の仲間入りをしたことも報じた。コリエレ・デロ・スポルトは「大きな価値のあるドロー 4ゴールとスペクタクルな決戦」と、試合内容の素晴らしさを評価した。 Similarity rank: 7Sentiment rank: 0.7 TW posts: 1TW reposts: 1TW likes: 4TW sentiment: 10 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKPが勝利宣言

[アンカラ 24日 ロイター] - 24日投開票の トルコの 大統領選・ 議会選で、 票の 集計作業が続く中、 現職の エルドアン氏と与党・ 公正発展党(AKP)が同日、 勝利宣言を行った。 一方、 最大野党の 共和人民 [アンカラ 24日 ロイター] - 24日投開票のトルコの大統領選・議会選で、票の集計作業が続く中、現職のエルドアン氏と与党・公正発展党(AKP)が同日、勝利宣言を行った。 一方、最大野党の共和人民党(CHP)は敗北を認めるのは早過ぎるとしており、エルドアン氏の得票率が50%に届かず、7月8日に大統領選の決選投票が行われる可能性もまだあるとの見方を示した。 エルドアン氏(64)は国民向けの短い演説で勝利を宣言。「自らの失敗を隠すため、選挙結果を疑問視し、民主主義を阻害しようとする人が出ないことを望む」と語った。 複数のメディアによると、大統領選では開票率96%の段階で、エルドアン氏の得票率が53%、CHPから出馬したインジェ氏の31%を大きく上回る。CHPは、公式投票結果の発表を単独で受け持つ国営アナドル通信社が発表した数字の正確性と信頼性に疑問を投げかけている。エルドアン氏は重大な選挙違反はなかったと主張している。...

傷害致死容疑でスリランカ国籍の男逮捕 カンボジア人男性死亡

栃木県警足利署は25日、 自宅でカンボジア人男性を刃物の ようなもの で刺して死亡させたとして、 傷害致死の 疑いで同県足利市大前町、 スリランカ国籍の 自称会社員、 ジャヤシ… 栃木県警足利署は25日、自宅でカンボジア人男性を刃物のようなもので刺して死亡させたとして、傷害致死の疑いで同県足利市大前町、スリランカ国籍の自称会社員、ジャヤシンハ・アラッチラゲ・プラサード・チンタカ容疑者(33)を逮捕した。「刺したことは分からない」と容疑を否認している。 逮捕容疑は、24日午前2時25分ごろ、自宅アパートの一室で群馬県太田市下田島町、カンボジア国籍の職業不詳、チョン・キムハさん(30)の右太ももを刃物のようなもので刺して死亡させた疑い。同容疑者は、同日午前10時ごろ、知人らと千葉県警成田署に出頭した。 足利署はチョン・キムハさんが刺された後、容疑者の逃走を手助けしたとして、犯人隠避の疑いで、容疑者と同居するスリランカ国籍の自称派遣社員の男(37)も逮捕。3人の関係や事件の経緯を調べている。 Similarity rank: 7.9Sentiment rank: -2.9 TW posts: 2TW reposts: 5TW likes: 3TW sentiment: -10 /*jQuery(function() { var...

トルコ エルドアン大統領が再選 動向は中東情勢に大きな影響

中東の 地域大国トルコで大統領選挙が行われ、 現職の エルドアン大統領が過半数の 票を得て再選を果たしました。 トルコでは憲法の 改… 中東の地域大国トルコで大統領選挙が行われ、現職のエルドアン大統領が過半数の票を得て再選を果たしました。トルコでは憲法の改正で大統領に権限を集中させることが決まっており、名実ともに強大な権力を手にしたエルドアン大統領の動向は中東情勢にも大きな影響を与えそうです。 トルコで24日に行われた大統領選挙は開票作業がほぼ終わり、現職のエルドアン大統領が52%余りと過半数の票を獲得し再選を果たしました。 エルドアン大統領は24日夜、記者会見で「国民が私に大統領の職務を与えてくれた。これからも国民と共に歩んでいく」と述べ、勝利を宣言しました。 トルコでは去年、憲法が改正され、首相職を廃止して大統領に権限を集中させることが決まっており、エルドアン大統領は名実ともに強大な権力を握ることになりました。 15年にわたって政権を率いてきたエルドアン大統領は、このところ強権的な姿勢を強めていると国の内外から批判されているほか、外交でも同盟関係にあるはずの欧米諸国に歯にきぬ着せぬ物言いで批判や不満を公言し、あつれきが生じています。 その一方で、内戦が続く隣国のシリア情勢をめぐり欧米と対立するロシアやイランに接近するなど、独自のバランス外交も展開しています。 トルコ国内で権力基盤を一段と固めたエルドアン大統領がさらに強気の外交を進めるのかどうか、その動向は中東情勢に大きな影響を与えそうです。 Similarity rank: 8Sentiment rank: 1.4 TW posts: 16TW reposts: 10TW likes: 14TW sentiment:...

柴崎、日本復活させた一本のパス 冷静に、際立つ存在感

(24日、 日本2―2セネガル サッカー・ ワールドカップ) 物静かな背番号7が、 W杯で戦う覚悟を示した。 前半26分。 セネガル選手がタッチライン際で突破を試みる。 MF柴崎岳が激しく体をぶつけにかかった。 … (24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) 物静かな背番号7が、W杯で戦う覚悟を示した。 前半26分。セネガル選手がタッチライン際で突破を試みる。 MF柴崎岳が激しく体をぶつけにかかった。 守備に秀でているわけではない。だが身体能力の高い相手の攻撃の芽を、持ち前の読みの鋭さと視野の広さで次々と摘んだ。 そして一本のパスで、日本をよみがえらせる。前半34分。「(DF長友)佑都さんが良い動き出しをしているのが見えた」。最終ライン付近からゴール左に走り込む長友に一気にボールを送る。このパスを基点にMF乾貴士の一時同点に追いつくゴールが生まれた。 初戦に続く、攻守ともに的確な状況判断。間違いなく、今大会の日本の躍進の中心だ。それを可能にしているのは、この26歳が備える冷静さ。自身初のW杯だが、「今の自分の力を出したい。いつも通り臨みたい」。初戦が始まる前から、その落ち着きは代表のなかでも際立っていた。 ぶれない精神力は、欧州でよりたくましくなった。最近よく口にするのは「自信」という言葉。昨年から挑戦したスペインで当初は適応に苦しんだが、2部チームで活躍し、1部のヘタフェへ移籍。ポーカーフェイスの男も「必死です」と言ってはばからず、懸命に力をつけた。 W杯前も定位置は確保していなかったが、自らの力で奪い取った。 格上のセネガルと対等に渡り合い、得た勝ち点1。それでも試合後は、実にらしかった。「全く納得いくパフォーマンスではない。さらにできた」。柴崎の成長曲線とともに、日本のチーム力が上昇している。(堤之剛) Similarity rank: 12Sentiment rank: 1.9 /*jQuery(function()...

首相「W杯、この勢いで予選突破を」

安倍晋三首相は25日、 サッカーの ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表がセネガルと引き分けたことについて「最後まで手に汗握る大接戦で、 強豪セネガル相手に勝ち点ゲット。 この 勢いで、 ポーランド戦では予選突破を期待している」 とコメントした。 写… 安倍晋三首相は25日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表がセネガルと引き分けたことについて「最後まで手に汗握る大接戦で、強豪セネガル相手に勝ち点ゲット。この勢いで、ポーランド戦では予選突破を期待している」とコメントした。写真共有サイト、インスタグラムなどに投稿した。 Similarity rank: 8Sentiment rank: 1.7 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

セネガルサポーターもゴミ拾い 日本の「美徳」広がる

点の 取り合いの 末、 同点に終わったサッカー・ ワールドカップ(W杯)の 日本―セネガル戦。 24日(日本時間25日未明)の 試合後、 スタンドでは、 両チームの サポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。 試… 点の取り合いの末、同点に終わったサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本―セネガル戦。24日(日本時間25日未明)の試合後、スタンドでは、両チームのサポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。 試合終了の笛が鳴り、続々と帰路につく観客たち。興奮冷めやらぬスタンドで、日本サポーターたちが青いポリ袋を手に、テキパキとゴミを拾い始めた。 もはや日本サッカーの定番となったこの光景。もともとサポーター集団の「ウルトラスニッポン」が1990年代ごろに始めたとされ、W杯でもたびたび海外で話題を呼んできた。 この日、同じスタンドではセネガル人サポーターがゴミ拾いをする姿も目立った。試合中は陽気に踊っていたセネガル人たちも、試合が終わればポリ袋を手にせっせとスタンドを見て回った。医師のンドブ・セックさん(50)は「ゴミ集めの係員もいるけど、自分たちのゴミなんだから。みんなでやればあっという間さ」。 19日にあった第1戦、日本とセネガルのサポーターがそれぞれの会場でゴミ拾いをする動画がネット上で話題となり、海外から称賛を集めていた。この日はその両国が対決。日本ファンの美徳として知られてきたゴミ拾いが今大会、広がりを見せている。(エカテリンブルク=高野遼) Similarity rank: 8Sentiment rank: 1.1 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header...
Top words timeline