Home Japan Japan — in Japanese 大間産クロマグロ1キロ当たり35万円! 今年で最後か、築地で初競り 「すしざんまい」の喜代村が落札、2番目の高値7420万円

大間産クロマグロ1キロ当たり35万円! 今年で最後か、築地で初競り 「すしざんまい」の喜代村が落札、2番目の高値7420万円

346
0
SHARE

NewsHub豊洲市場(東京都江東区)への移転を延期している築地市場(中央区)で5日、今年初の取引となる「初競り」が行われ、7420万円の最高値でクロマグロが競り落とされた。平成11年以降、25年の1億5540万円に次いで2番目の高値。 昨年11月の移転が予定されていたが、小池百合子都知事が「安全性への懸念」などを理由に延期を決定。移転は早ければ年内に行われる見通しで、築地での初競りは今回が最後となる可能性もある。 最高値がついたのは、212キロの青森県大間産クロマグロで、1キロ当たり35万円。すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)が6年連続で落札した。落札額は昨年の約5倍となり、木村清社長は「ちょっと高かったが、みんなにおいしいマグロを食べてもらいたい」と笑みを浮かべた。 初競りに先立ち、市場の卸売業者を代表して「大都魚類」の青木伸之社長があいさつに立ち、「この中ぶらりんの状態から一刻も早く脱却し、全国の消費者に喜んでもらえる市場となるよう、迅速で誠実な対応を都に要請していく」と話していた。

Similarity rank: 4.3
Sentiment rank: 0.8