SHARE

「非常に厳しい状況になっているの は事実だ」 と答弁。
安倍晋三首相は2月17日の衆議院予算委員会で、2017年度末に待機児童ゼロを達成するという政府目標について「非常に厳しい状況になっているのは事実だ」と答弁し、達成は困難との認識を示した。民進党の山尾志桜里氏の質問に答えた。
また、塩崎恭久・厚生労働大臣は、2016年9月から省内で行われている待機児童数のカウント方法についての検討会について、自治体ごとにバラつきがあると指摘された待機児童数の定義を全国で統一するものではないと答弁した。
この日の予算委員会で山尾議員と安倍首相、塩崎大臣の待機児童問題に関するやり取りの概要は以下の通り。
※やり取りが出ない方は こちら 。
※ハフィントンポストではフリーランス協会との共催イベント(無料)を2017年3月1日(水)10:30-12:30 に開き、フリーランスで働く人の子育て事情や工夫などについて語り合い、提言をまとめたいと考えています。
ゲストは以下の4人です。 菊地加奈子 さん(社労士/保育園経営者) 新倉暁子 さん(ライフオーガナイザー) 吉野ユリ子 さん(ライフスタイル・ジャーナリスト)
竹下隆一郎(ハフィントンポスト日本版編集長)
フリーランスで働いている方、保活に苦労している方、フリーランスという仕事の仕方に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらの ページ からご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。

Similarity rank: 7.9
Sentiment rank: 1.5
© Source: http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/17/taiki-abe_n_14810340.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan All rights are reserved and belongs to a source media.