Home Japan Japan — in Japanese 北朝鮮国籍の4人 ICPO通じ各国に情報提供を要請

北朝鮮国籍の4人 ICPO通じ各国に情報提供を要請

266
0
SHARE

北朝鮮の キム・ ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の 兄、 キム・ ジョンナム氏(金正男)が殺害された事件で、 マレーシアの 警察は、 すでに出国した北…
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム氏(金正男)が殺害された事件で、マレーシアの警察は、すでに出国した北朝鮮国籍の容疑者4人について、ICPO=国際刑事警察機構を通じて各国の警察に情報提供を求める国際手配を要請したことを明らかにしました。 この事件で、マレーシアの警察はインドネシア人とベトナム人の2人の女と北朝鮮国籍の男1人を拘束するとともに、事件直後にマレーシアを出国した北朝鮮国籍の容疑者4人の引き渡しを北朝鮮に対して求めています。 マレーシア警察のハリド長官は23日、記者団に対し、すでに北朝鮮に帰国したと見ている4人について、これまでにICPO=国際刑事警察機構を通じて、各国の警察に情報の提供を求める国際手配を要請したことを明らかにしました。 この手配は、「赤手配」と呼ばれる容疑者の身柄の拘束を要請するものではなく、「青手配」と呼ばれる容疑者の居場所や犯罪歴などに関する情報を求めるものです。 ただ、北朝鮮はICPOに加盟しておらず、ほかの国の警察が持っている4人に関する情報も限られていると見られています。 一方、ハリド長官は、事情を聴きたいとしている北朝鮮大使館の2等書記官について、外交官の捜査を制限している国際条約で強制的な手段は取れないとしたうえで、「隠すことがないなら協力すべきだ」と述べました。 北朝鮮は今回の捜査に反発を強めており、協力するかどうかは不透明で、警察は難しい捜査を迫られています。

Similarity rank: 7.7
Sentiment rank: -22.5