Home Japan Japan — in Japanese 準強制わいせつ公判:千葉大の研修医、起訴内容認める

準強制わいせつ公判:千葉大の研修医、起訴内容認める

198
0
SHARE

千葉大医学部生3人が飲み会に参加した女性に性的暴行をしたとして逮捕、 起訴された事件で、 酒に酔った女性の 体を触ったとして準強制わいせつ罪に問われた千葉大付属病院の 研修医、 藤坂悠司被告(30)は20日、 千葉地裁(高橋正幸裁判官)での 初公判で「間違いありません」 と起訴内容を認めた。
千葉大医学部生3人が飲み会に参加した女性に性的暴行をしたとして逮捕、起訴された事件で、酒に酔った女性の体を触ったとして準強制わいせつ罪に問われた千葉大付属病院の研修医、藤坂悠司被告(30)は20日、千葉地裁(高橋正幸裁判官)での初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
検察側は冒頭陳述で、飲み会は藤坂被告が企画したと説明。医学部5年の吉元将也被告(23)と山田兼輔被告(23)=いずれも集団強姦(ごうかん)罪で公判中=に勧められ、ワインの一気飲みなどで深酔いした女性にわいせつな行為をした、と指摘した。
起訴状によると、藤坂被告は昨年9月20日夜、吉元被告らと共謀し、千葉市の飲食店で、酔って抵抗できない20代女性の体を触ったとされる。
事件では他に医学部5年の増田峰登被告(23)が準強姦罪で公判中。【斎藤文太郎】

Similarity rank: 2.

Continue reading...