SHARE

天皇陛下の 退位をめぐる法整備について、 社民党は、 議員立法によって皇室典範を改正し、 将来の すべての 天皇を対象にした恒久的な制度にすべきだなどと…
天皇陛下の退位をめぐる法整備について、社民党は、議員立法によって皇室典範を改正し、将来のすべての天皇を対象にした恒久的な制度にすべきだなどとする見解を取りまとめました。 社民党は、天皇陛下の退位などを検討する会合を開き、党としての見解を取りまとめました。 それによりますと、天皇の人権という観点から退位を認めるべきだとしたうえで、一代限りの特例とした場合、制度として安定的な皇位継承とは言えないとして、要件に合致する将来のすべての天皇を対象にした恒久的な制度にすべきだとしています。 そして、憲法は皇室典範の改正で基準と手続きを定めるよう要請していると認められるとして、国民の代表者である国会議員による議員立法で、皇室典範の改正を目指すべきだとしています。さらに、「女性天皇」など皇位継承をめぐる問題についても引き続き議論を行うよう求めています。 又市幹事長は記者会見で「立法府が国権の最高機関であるので、国会がこのことを扱うべきではないか。衆参両院の議長・副議長の下で真剣に論議し、あくまでも皇室典範の改正で天皇の退位を実現すべきだ」と述べました。

Similarity rank: 3.2
Sentiment rank: 3.8
TW posts: 13
TW reposts: 15
TW likes: 18
TW sentiment: 10