SHARE

アメリカの ティラーソン国務長官は、 ロシアの ラブロフ外相と訪問先の ドイツで初めて会談し、 悪化した米ロ関係の 修復に前向きな姿勢を示す一方、 ウクラ…
アメリカのティラーソン国務長官は、ロシアのラブロフ外相と訪問先のドイツで初めて会談し、悪化した米ロ関係の修復に前向きな姿勢を示す一方、ウクライナ東部の停戦合意をロシアが順守することが前提だと強調し、早急な関係改善には慎重な考えも示しました。 ドイツのボンで開催されているG20=主要20か国の外相会合に出席しているアメリカのティラーソン国務長官は、16日、ロシアのラブロフ外相と、トランプ政権発足後初めての外相会談を行いました。 会談のあと、ラブロフ外相は記者団に対し、シリアでの過激派組織IS=イスラミックステートとの戦いやウクライナ情勢などをめぐり、両国に協力する用意があると強調したうえで、「ティラーソン長官が、オバマ政権でもたらされた障害を取り除き、関係悪化を克服する用意があることを確認した」と述べ、アメリカとの関係改善に意欲を示しました。 ティラーソン長官は、ラブロフ外相とは別の場所で取材に応じ、「生産的な会談だった」としたうえで、「ロシアと協力できる分野ではともに取り組むことを検討する」と述べ、トランプ大統領が訴えてきたIS対策での協力などを通じて、悪化した米ロ関係を修復することに前向きな姿勢を示しました。 その一方で、ティラーソン長官は「一致点を見いだすにあたっては、ロシアがウクライナ東部の停戦合意を順守することを期待する」と話し、停戦合意の順守が前提だとして、早急な関係改善には慎重な姿勢も示しました。

Similarity rank: 4.4
Sentiment rank: 0.7