Home Japan Japan — in Japanese 名人戦:両者得意な横歩取り 第1局

名人戦:両者得意な横歩取り 第1局

74
0
SHARE

桜の 季節に開幕する名人戦。 第75期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、 朝日新聞社主催、 大和証券グループ協賛、 藤田観光協力)は6日、 東京都文京区の ホテル椿山荘東京で始まった。 佐藤天彦名人(29)と挑戦者の 稲葉陽八段(28)が静かな対局室で向き合った。
桜の季節に開幕する名人戦。第75期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は6日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まった。佐藤天彦名人(29)と挑戦者の稲葉陽八段(28)が静かな対局室で向き合った。
先手番になった佐藤の初手2六歩に対し、稲葉は3四歩と角道を開けた。稲葉は後手番で横歩取りを得意とし、A級順位戦では敗戦がなかった。佐藤も前期七番勝負で横歩取りを多く指し、名人獲得の原動力となった。両者が得意な戦法が第1局から展開された。両者の対戦は過去4局で佐藤が全勝している。
解説の中村太地六段は「横歩取りは8四飛型が流行していますが、本局の8五飛型はより積極的な手で、稲葉八段の意気込みが感じられます。両者ともに前例を踏まえて指しています」と語った。
30手目まで前例と同じ進行だったが、1五歩(31手目)で前例(4八銀)から離れた。稲葉が32手目を考慮中の午後0時半、昼食休憩に入った。持ち時間各9時間のうち消費時間は佐藤1時間19分、稲葉1時間54分。同1時半再開。
対局に先立ち、日本将棋連盟は対局者の電子機器不正使用防止のため、金属探知機を使って両者のボディーチェックなどを行った。【山村英樹】

Similarity rank: 1.

Continue reading...