SHARE

安倍晋三首相は、 東京・ 九段の 靖国神社で21日に始まった春季例大祭に合わせ、 供え物の 「真榊(まさかき)」 を「内閣総理大臣 安倍晋三」 の 名前で奉納した。 靖国神社によると、 大島理森衆院議長、 伊達忠一参院議…
安倍晋三首相は、東京・九段の靖国神社で21日に始まった春季例大祭に合わせ、供え物の「真榊(まさかき)」を「内閣総理大臣 安倍晋三」の名前で奉納した。靖国神社によると、大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長、塩崎恭久厚生労働相も真榊を奉納した。 首相は2012年12月の政権復帰後、13年12月に靖国神社を参拝。それ以降は、中国や韓国との外交関係に配慮し、参拝は見送っている。高市早苗総務相は21日昼に参拝する予定。 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久・元厚生労働相)の衆参95人は同日朝、参拝した。自民党からは86人、民進党からは4人、日本維新の会からは2人が参加した。

Similarity rank: 4.4
Sentiment rank: 4.2

© Source: http://www.asahi.com/articles/ASK4P338DK4PUTFK003.html?iref=sp_poltop_feature_list_n
All rights are reserved and belongs to a source media.