Home Japan Japan — in Japanese 東芝、期限当日に決算発表 上場廃止回避へ異例決断

東芝、期限当日に決算発表 上場廃止回避へ異例決断

184
0
SHARE

経営再建中の 東芝は11日、 2度延期した2016年4〜12月期決算を発表した。 上場廃止の リスクが高まる再々延期を回避するため、 監査法人から適正意見を得られない状態で期限当日に異例の 開示に踏み切ることを決めた。 系列の 米原発大手の 会計処理を米監査法人から問題視され、 最…
経営再建中の東芝は11日、2度延期した2016年4〜12月期決算を発表した。上場廃止のリスクが高まる再々延期を回避するため、監査法人から適正意見を得られない状態で期限当日に異例の開示に踏み切ることを決めた。系列の米原発大手の会計処理を米監査法人から問題視され、最後まで理解を得られなかった。 東芝の綱川智社長が記者会見し、決算遅延の理由などを説明する見通しだ。 米原発建設で多額の損失が発覚し、連邦破産法11条の適用申請をしたウェスチングハウス・エレクトリックを巡り、東芝は、WHの監査を担当する米プライスウォーターハウスクーパースと意見が対立した。

Similarity rank: 2.1
Sentiment rank: 2.9