SHARE

過激派組織IS=イスラミックステートがイラク国内で最大の 拠点としてきたモスルの 奪還に向けた作戦で、 イラク軍はISが最後まで占拠している旧市街…
過激派組織IS=イスラミックステートがイラク国内で最大の拠点としてきたモスルの奪還に向けた作戦で、イラク軍はISが最後まで占拠している旧市街に部隊を進めましたが、IS側も抵抗しており、激しい市街戦が続いています。 過激派組織ISが拠点としてきたイラク第2の都市モスルの奪還に向けて、イラク軍は18日、最後までISが占拠している西部の旧市街に部隊を進め、作戦は最終段階に入ったとしています。 ただ、旧市街には人口が密集し、国連によりますと今もおよそ10万人の市民が取り残されている可能性があり、空爆や砲撃が行われれば古い建物が倒壊して多くの市民が巻き添えになることが懸念されています。 このため、イラク軍は大規模な攻撃をできるだけ控え、ISの戦闘員が潜んでいるおそれのある住宅などを一軒一軒回って掃討する作戦を進めています。 これに対して、周囲を包囲されたISの戦闘員は、爆発物を積んだ車で攻撃を行うなど抵抗しており、激しい市街戦が続いているということです。 3年前にISが制圧し、イラクに勢力を広げる足がかりとしてきたモスルが奪還されれば、ISはイラクで支配下に置いてきた主要都市をすべて失うことになり、大きな打撃を受けるものと見られます。

© Source: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170619/k10011022311000.html
All rights are reserved and belongs to a source media.