SHARE

佐賀銀行(本店・ 佐賀市)は19日、 福岡県内の 支店で起きた多額窃盗、 侵入事件に絡み、 同行の 1億円以上の 預金者169人分の 住所や預金額といった個人情報が外部に流出していたと発表した。 元行員の 吉田淳被告(…
佐賀銀行(本店・佐賀市)は19日、福岡県内の支店で起きた多額窃盗、侵入事件に絡み、同行の1億円以上の預金者169人分の住所や預金額といった個人情報が外部に流出していたと発表した。元行員の吉田淳被告(42)=窃盗罪などで公判中=を捜査している福岡県警からの依頼で調べ、判明した。 同行によると、流出したのは昨年7月4日現在で1億円以上の預金があった顧客の氏名や住所、預金残高、電話番号など。情報が載ったA3サイズの紙計3枚の内容についての調査依頼が福岡県警からあった。吉田被告の共犯者として起訴されている別の被告の弁護人から提出された紙だと説明されたという。 調べたところ、吉田被告が在職中の昨年7月5日に顧客データベースを検索し、同じ情報を抽出していたことが判明。同行は今月14日に福岡県警に被害届を出し、情報が流出した顧客に謝罪している。これまでに情報の悪用などは確認されていないとしている。 陣内芳博頭取は本店で開いた記者会見で「高い倫理観と信用が求められる金融機関としてかかる事態を招いたことについて心からおわび申し上げます」と謝罪した。自らと担当役員の処分を検討している。 佐賀銀行をめぐっては、福岡市東区の箱崎支店で昨年8月、侵入事件が発生。同10月には同市城南区の干隈支店で現金5430万円が盗まれた。起訴状などによると、吉田被告は他の男が箱崎支店に侵入するのを助け、他の者と共謀し、同僚宅から干隈支店の鍵を盗んだなどとされる。(黒田健朗)

Continue reading...