All for Joomla All for Webmasters

Japan

Japan

大迫「相手は大きく重かった。チャンスに決めないと…」

(24日、 日本2―2セネガル サッカー・ ワールドカップ)■大迫勇也の ひとこと 「(体を張ったことは)僕が戦うことでチームが生きると思ったから、 それはやり続けようと思った。 強い相手で、 大きくて重かった。 … (24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) 「(体を張ったことは)僕が戦うことでチームが生きると思ったから、それはやり続けようと思った。強い相手で、大きくて重かった。自分がゴール前に迫る場面は少なかったが、チームに貢献できたと思う。でも、点を取るチャンスがあったから、あそこは決めないといけなかった。(次戦は)この後のポーランドとコロンビアの試合で状況がはっきりするので、それを踏まえ考えてやりたい。すごくサポーターの声援は力になる。全力を尽くして(1次リーグを)突破したい」 「チームとしていい試合ができていた。(投入されたとき)負けていたので(監督に)同点弾を取ってきてくれと言われた。2トップは普段やっているので難なく入れた。チームのいい雰囲気があったから同点になったと思うし、途中から出た選手がゴールを決めたのが、その(良い)チーム状況を表していると思う。一人ひとりが責任を持って声を出して、それがプレーにつながっている。ポーランドに勝って(1次リーグを)突破できるように頑張りたい。 FWなので、チームにとって重要なゴールを決めたい」 「しんどいゲームだったけど、最低限の勝ち点1を取れたので、次につなげたい。何か仕事をしたかったから、僕は今日は悔しい思いがある。攻撃で何かしたかったし、1点目のクリアで失点にからんでしまった。ポーランド戦で(1次リーグ)突破がかかっているし、勝ち点を取って、上(決勝トーナメント)に行けるように、しっかり走ってチームに貢献したい」 Similarity rank: 9Sentiment rank: 0.9 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var...

先制許す セネガルのマネがゴール

サッカー・ ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の 日本代表は、 24日午後8時(日本時間25日午前0時)から、 エカテリンブルクでセネガルと対戦。 前半12分、 日本はセネガルの マネにゴールを決められ、 先制を許した。 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は、24日午後8時(日本時間25日午前0時)から、エカテリンブルクでセネガルと対戦。前半12分、日本はセネガルのマネにゴールを決められ、先制を許した。 日本代表のスターティングメンバーは以下の通り。 ▽GK川島永嗣(メッス) ▽DF昌子源(鹿島)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)、酒井宏樹(マルセイユ) ▽MF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、柴崎岳(ヘタフェ)、原口元気(ハノーバー)、乾貴士(ベティス)、香川真司(ドルトムント) ▽FW大迫勇也(ブレーメン) H組は、日本とセネガルがとも初戦に勝利して勝ち点3で首位に並んでいる。日本はこの試合に勝つと勝ち点6となる。この後の日本時間25日午前3時からのポーランド-コロンビア戦で、両チームがひきわけるか、コロンビアが勝利するかで、日本の2大会ぶり決勝トーナメント進出が決まる。 Similarity rank: 7Sentiment rank: 0.7 TW posts: 2TW reposts: 0TW likes:...

安倍首相、加計氏会見論評せず=米輸入制限への対抗措置に慎重-参院予算委員会

安倍晋三首相は25日の 参院予算委員会で、 学校法人「加計学園」 の 加計孝太郎理事長が記者会見で獣医学部新設問題をめぐる首相との 面会を否定したことに関し、 「政府としてその 内容や評価についてコメントする立場にはない」 と述べ、 論評を避けた。 国民民主党の 浜口誠氏への 答弁。 同日の 参院予算委は、 空転していた延長国会後初めて。 首相は愛媛県文書に記載されている2015年2月25日の 加計氏との 面会を重ねて否定した上、 学園の 獣医学部新設に関し「行政の プロセス自体に全く問題がなかったことは明確だ」 と述べた。 浜口氏は 安...

セネガルサポーターもゴミ拾い 日本の「美徳」広がる

点の 取り合いの 末、 同点に終わったサッカー・ ワールドカップ(W杯)の 日本―セネガル戦。 24日(日本時間25日未明)の 試合後、 スタンドでは、 両チームの サポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。 試… 点の取り合いの末、同点に終わったサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本―セネガル戦。24日(日本時間25日未明)の試合後、スタンドでは、両チームのサポーターたちが大きな袋を持ってゴミ拾いをした。 試合終了の笛が鳴り、続々と帰路につく観客たち。興奮冷めやらぬスタンドで、日本サポーターたちが青いポリ袋を手に、テキパキとゴミを拾い始めた。 もはや日本サッカーの定番となったこの光景。もともとサポーター集団の「ウルトラスニッポン」が1990年代ごろに始めたとされ、W杯でもたびたび海外で話題を呼んできた。 この日、同じスタンドではセネガル人サポーターがゴミ拾いをする姿も目立った。試合中は陽気に踊っていたセネガル人たちも、試合が終わればポリ袋を手にせっせとスタンドを見て回った。医師のンドブ・セックさん(50)は「ゴミ集めの係員もいるけど、自分たちのゴミなんだから。みんなでやればあっという間さ」。 19日にあった第1戦、日本とセネガルのサポーターがそれぞれの会場でゴミ拾いをする動画がネット上で話題となり、海外から称賛を集めていた。この日はその両国が対決。日本ファンの美徳として知られてきたゴミ拾いが今大会、広がりを見せている。(エカテリンブルク=高野遼) Similarity rank: 8Sentiment rank: 1.1 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header...

セネガルサポーター、2度も追いつく日本の粘りに驚きの声「しぶとい」

試合を観戦したセネガル人男性は「日本は予想通り、 良いチームだった」 と日本代表をたたえた。 朝日新聞社試合開始を待つ、セネガルのサポーター=関田航撮影(24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) サッカーのワールドカップで日本代表と対戦したセネガル。現地からの情報によると、首都ダカールなど各地でパブリックビューイングが行われ、ユニホーム姿の大勢のファンが集まった。 試合が始まると音楽を鳴らしたり国旗を振ったりして応援。セネガルがゴールをあげると喜びを爆発させた。一方で、2度も同点に追いつく日本代表に対し、「しぶとい」と驚嘆の声をあげるサポーターもいた。 大会前に現地で取材した際には日本戦でのセネガルの勝利を疑う声はなかったが、試合を観戦したセネガル人男性は「日本は予想通り、良いチームだった」と日本代表をたたえた。 地元メディア「セネニューズ」(電子版)は「セネガルは勝ち点3を逃した。2度リードしたが、GKのミスなどもあり、追いつかれた」と試合結果の速報を伝えた。 セネガルは前回出場の2002年日韓大会でフランスを破るなどして8強入り。今大会はそれ以上の成績を目指している。同メディアは「グループHの行方は最終戦にもつれ込んだ」とも指摘し、早くも次戦のコロンビア戦を見据えていた。(ヨハネスブルク=石原孝) (朝日新聞デジタル 2018年06月25日 08時19分) Similarity rank: 9Sentiment rank: -0.5 TW posts: 1TW reposts: 4TW likes: 9 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

乾、同点弾でチームに勢い

1次リーグH組 日本-セネガル(24日、 エカテリンブルク) 乾が同点ゴールを決め、 劣勢だったチームに勢いをもたらした。 前半34分、 ペナルティーエリア内で長友からフリーでボールを受けると、 相手DFの すきをついて、 狙い定めて右足を振り抜く。 GKの 手をかすめてゴール右に突き刺し、 ネットを揺らした。 乾が同点ゴールを決め、劣勢だったチームに勢いをもたらした。前半34分、ペナルティーエリア内で長友からフリーでボールを受けると、相手DFのすきをついて、狙い定めて右足を振り抜く。 GKの手をかすめてゴール右に突き刺し、ネットを揺らした。 挽回に燃えて臨んだ試合だ。劇的な勝利を収めた19日のコロンビア戦の後、勝利の興奮と余韻に浸る選手たちの中で、乾は「良くなかった。迷惑をかけてしまった」。自らのプレーに納得がいかず、一人浮かない顔をしていた。 日本代表に勢いをつけたのは、誰でもなく、乾だ。 W杯前の最後の強化試合だった12日のパラグアイ戦で2得点と活躍。日本代表にとって、西野監督就任後の初ゴールで、今年に入って初の勝利も呼んだ。チームは自信をつけ、自らもW杯初戦の先発のピッチを勝ち取った。 コロンビア戦は左サイドで日本の攻撃を支えたが、前半15分にあった好機でシュートを外すなど決定的な仕事はできなかった。乾のプレーは、本田(パチューカ)から「不完全燃焼で、満足いくプレーを一つも見せていないと思う」と厳しい言葉で評された。 それは、能力の高さが買われているから。「日本人が活躍できぬ地」と言われたスペインで2015年から3年間、1部のエイバルでプレーした乾。169センチの小さな体は大きな期待を受けている。 早くから才能は高く評価されながら、30歳になってようやくたどり着いたW杯。「遅かったのかもしれないけど、自分にとってはこれが一番早かった」。悔しさを味わう度に自らの実力を自覚し、向き合ってきたからこそ、今、ロシアの地にいる。【丹下友紀子】 Similarity rank: 8Sentiment rank: 0.9 /*jQuery(function()...

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKPが勝利宣言

[アンカラ 24日 ロイター] - 24日投開票の トルコの 大統領選・ 議会選で、 票の 集計作業が続く中、 現職の エルドアン氏と与党・ 公正発展党(AKP)が同日、 勝利宣言を行った。 一方、 最大野党の 共和人民 [アンカラ 24日 ロイター] - 24日投開票のトルコの大統領選・議会選で、票の集計作業が続く中、現職のエルドアン氏と与党・公正発展党(AKP)が同日、勝利宣言を行った。 一方、最大野党の共和人民党(CHP)は敗北を認めるのは早過ぎるとしており、エルドアン氏の得票率が50%に届かず、7月8日に大統領選の決選投票が行われる可能性もまだあるとの見方を示した。 エルドアン氏(64)は国民向けの短い演説で勝利を宣言。「自らの失敗を隠すため、選挙結果を疑問視し、民主主義を阻害しようとする人が出ないことを望む」と語った。 複数のメディアによると、大統領選では開票率96%の段階で、エルドアン氏の得票率が53%、CHPから出馬したインジェ氏の31%を大きく上回る。CHPは、公式投票結果の発表を単独で受け持つ国営アナドル通信社が発表した数字の正確性と信頼性に疑問を投げかけている。エルドアン氏は重大な選挙違反はなかったと主張している。...

大阪北部地震発生から一週間 大阪ガス・供給停止地域の復旧ほぼ完了

18日午前7時58分ごろ、 大阪府北部を震源として最大震度6弱を観測した地震の 発生から25日で一週間を迎えた。 この 地震の 影響で茨木、 高槻、 摂津、 吹田の 4市の 一部で都市ガスの 供給を停止していたが、 大阪ガ... 大阪ガスは24日夜、復旧作業がほぼ完了したと発表 18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源として最大震度6弱を観測した地震の発生から25日で一週間を迎えた。この地震の影響で茨木、高槻、摂津、吹田の4市の一部で都市ガスの供給を停止していたが、大阪ガスは24日夜、復旧作業がほぼ完了したと発表した。 供給停止から復旧までの手順は 同社によると、18日の地震発生で上記4市の一部、計11万1951戸のガス供給を安全のために停止した。各世帯のガス栓を閉栓してから道路などに埋まっているガス管に被害がないかを確認して破損箇所があれば修繕。問題がないことがわかれば再び各世帯を回って家など建物内のガス管に異常がないかを確認して開栓し、ガスを使える状態にするという作業を行った。 Daigasグループ社員と全国からの応援部隊、約5000人で対応 この作業には大阪ガス社員、大阪ガスグループ社員の約2000人、関東や九州など全国から駆けつけたガス事業者の応援部隊、約3100人の計約5100人態勢で、地震発生から約1週間をメドに概ね復旧できるよう取り組んでいた。 開栓時に不在だった世帯の再訪問は引き続き実施 ただ、開栓作業の際には「立ち会い」が必要なため、関係者が訪問した際に不在だった世帯では、ガスが止まったままの状態となっているため、同社では25日以降も開栓作業を進めていくという。 Similarity rank: 6Sentiment rank: -0.5 TW...

傷害致死容疑でスリランカ国籍の男逮捕 カンボジア人男性死亡

栃木県警足利署は25日、 自宅でカンボジア人男性を刃物の ようなもの で刺して死亡させたとして、 傷害致死の 疑いで同県足利市大前町、 スリランカ国籍の 自称会社員、 ジャヤシ… 栃木県警足利署は25日、自宅でカンボジア人男性を刃物のようなもので刺して死亡させたとして、傷害致死の疑いで同県足利市大前町、スリランカ国籍の自称会社員、ジャヤシンハ・アラッチラゲ・プラサード・チンタカ容疑者(33)を逮捕した。「刺したことは分からない」と容疑を否認している。 逮捕容疑は、24日午前2時25分ごろ、自宅アパートの一室で群馬県太田市下田島町、カンボジア国籍の職業不詳、チョン・キムハさん(30)の右太ももを刃物のようなもので刺して死亡させた疑い。同容疑者は、同日午前10時ごろ、知人らと千葉県警成田署に出頭した。 足利署はチョン・キムハさんが刺された後、容疑者の逃走を手助けしたとして、犯人隠避の疑いで、容疑者と同居するスリランカ国籍の自称派遣社員の男(37)も逮捕。3人の関係や事件の経緯を調べている。 Similarity rank: 7.9Sentiment rank: -2.9 TW posts: 2TW reposts: 5TW likes: 3TW sentiment: -10 /*jQuery(function() { var...

日本代表「おっさん連中」の底力 4年前の教訓伝える

(24日、 日本2―2セネガル サッカー・ ワールドカップ) 本田圭佑の 同点ゴールは、 同じ32歳の 岡崎慎司が体を張らなければ生まれなかった。 セネガルの ゴール前に蹴り込まれた浮き球に、 岡崎が飛び込んだ。 球… (24日、日本2―2セネガル サッカー・ワールドカップ) 本田圭佑の同点ゴールは、同じ32歳の岡崎慎司が体を張らなければ生まれなかった。 セネガルのゴール前に蹴り込まれた浮き球に、岡崎が飛び込んだ。球には触れず、GKらともつれて転倒した。転々とする球を、乾貴士が中へ折り返す。パスは、岡崎たちが倒れて空いたスペースを通り、本田につながった。 長友佑都(31)が、我がことのように喜んだ。「たたかれ続けたおっさん連中が、決めてくれた」 岡崎と本田はともに4年前の主力だった。しかし、3試合すべてに先発しながら1勝もできなかった。その後、バヒド・ハリルホジッチ前監督には戦術に合わないと判断され、代表落ちも経験した。今年4月に西野朗監督が就任して、3大会連続のW杯メンバーに滑り込んだ。 評価を完全に取り戻したわけではない。2試合とも控えで開始の笛を聞いた。 プレーで存在感を示せなくても、心を砕いてきたことがある。4年前の教訓を経験の浅い選手たちに伝えること。「当時は自分たちのサッカーにこだわりすぎて、うまくいかなくなったときに修正できなかった」と岡崎は振り返る。W杯に向けた合宿から口酸っぱく言い続けてきた。「W杯はうまくいかなくて当然。60%の力でも勝ちきったり、引き分けたりしなければいけない」。刻々と変わる状況に、冷静に対応する大切さを説いた。セネガル戦で、思いをチームが形にした。リードされるごとに追いついた。「慌てずに自分たちのペースに持ち込めた」と言ったのは、初のW杯を戦う原口元気(27)だ。 本田の言葉が晴れやかだ。「サッカー人生で、控えでいることを、これだけ前向きに考えられたことはない」。ベテランたちの献身で、日本代表の一体感はいま、最高潮に達しようとしている。( 清水寿之 ) Similarity rank: 11Sentiment...
Top words timeline