Home Japan Japan — in Japanese 眞子さま ブータン国立博物館を視察

眞子さま ブータン国立博物館を視察

346
0
SHARE

ブータンを公式訪問している秋篠宮ご夫妻の 長女の 眞子さまは、 5日、 ブータンの 国立博物館を訪れ、 伝統的な祭りで使われる仮面などをご覧になりました…
ブータンを公式訪問している秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、5日、ブータンの国立博物館を訪れ、伝統的な祭りで使われる仮面などをご覧になりました。 眞子さまは5日午後、ブータン西部の町・パロにある国立博物館を訪問されました。博物館には、ブータンの伝統的な祭りで踊り子がかぶる仮面が160個ほど展示されています。このうち、牛や虎、竜といった動物などをモチーフにした16個の仮面は、ユネスコの無形文化遺産に指定されているブータン東部の伝統的な祭りの踊りで使われるもので、その豊かな表情が特徴です。 眞子さまは、海外留学中に博物館学を学び、現在も博物館の非常勤の研究員を務めていて、仮面をのぞきこんで説明役の館長に「これはライオンですか」などと質問されていました。 眞子さまはこれに先立って、パロの県庁や寺院などが入る施設「パロ・ゾン」を訪問されました。「パロ・ゾン」は、くぎを1本も使わずに石や土の壁などを組み合わせて造られた伝統的な建築物で、400年近く前から改修などを繰り返し、地域の行政と宗教の中心になっています。 眞子さまは県知事から施設の説明を受けながら中庭などを歩き、こまやかな装飾が施された建物をご覧になっていました。

Continue reading...