Home Japan Japan — in Japanese 南北首脳会談開催へ 韓国 米に対話促す方針

南北首脳会談開催へ 韓国 米に対話促す方針

83
0
SHARE

韓国と北朝鮮は、 来月、 ムン・ ジェイン(文在寅)大統領とキム・ ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との 首脳会談を開くことで…
韓国と北朝鮮は、来月、ムン・ジェイン(文在寅)大統領とキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談を開くことで合意しました。ムン政権としては、北朝鮮が「非核化に向けた意志を明確にした」と評価し、アメリカのトランプ政権に南北首脳会談への理解を求めるとともに、米朝対話に乗り出すよう促すことにしています。 韓国のムン・ジェイン大統領の特使として北朝鮮を訪れ、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と会談した大統領府のチョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長は、6日夜、ソウルで記者会見を開き、南北が来月末に、軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国側の施設で首脳会談を開くことで合意したと発表しました。 南北首脳会談の開催は、2007年10月、当時のノ・ムヒョン(盧武鉉)大統領とキム・ジョンイル(金正日)総書記との間で開かれて以来、10年半ぶり、3回目のことになります。 一方、チョン室長によりますと、核問題について北朝鮮側は「軍事的な脅威が解消されて体制の安全が保障されるならば、核を保有する理由はない」と表明したということで、韓国側としては、「北は、朝鮮半島の非核化への意志を明確にした」と評価しました。 また北朝鮮側は、対話が続く間は核実験や弾道ミサイルの発射実験は行わない考えを明らかにしたということです。 ムン大統領は、南北首脳会談を開催するには、非核化に向けたアメリカと北朝鮮の対話が必要だとしていましたが、チョン室長は、今回の北朝鮮側の表明によって、「米朝対話を始められる条件が十分に醸成されたと考えている」と述べました。 そして今週中にアメリカを訪問し、トランプ政権に今回のキム委員長との会談内容を詳しく説明し、南北首脳会談への理解を求めるとともに、米朝対話に乗り出すよう促す方針を示しました。 ただ、北朝鮮が言う「体制の安全が保障されるなら、核は必要ない」との論理は「アメリカが敵視するので核を開発した」とみずからを正当化する従来の姿勢と本質的に変わりはなく、核放棄を前提とした対話を求めるトランプ政権の立場とは隔たりが大きいだけに、アメリカ側の受け止めが大きな焦点になりそうです。

Continue reading...