アメリカンフットボールファンを公言しているタレントの カンニング竹山が16日、 ツイッターを更新し「アメリカンフットボールを冒涜する者は去れ」 とつぶやいた。 日大アメリカンフットボール部の 悪質タックル問題が表面化してから、 竹山がアメフットについてツイートするの はこれが初。
アメリカンフットボールファンを公言しているタレントのカンニング竹山が16日、ツイッターを更新し「アメリカンフットボールを冒涜する者は去れ」とつぶやいた。日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題が表面化してから、竹山がアメフットについてツイートするのはこれが初。
竹山は大ファンであるNFLのグリーンベイ・パッカーズの帽子の写真をアップし「アメリカンフットボールを冒涜する者は去れ。二度とアメリカンフットボールに関わるな。が、アメフトファンおじさんの意見」とつぶやいた。
“冒涜する者”が、日大アメフット部や内田正人監督を指すのか、それとも今回の騒動を受け、アメフット競技に批判的な意見を発している人を指しているかは不明だが、今回の騒動に、ファンとして心を痛めているのは確か。
その後「こう言うことがアメリカンフットボールと言うスポーツの真の美しさ!」とつぶやき、米国で放送されたスポーツニュースの映像を添付。選手達が試合の合間に繰り広げるユーモラスなパフォーマンスなどを紹介し、アメフットの競技の楽しさなどを訴えた。
ファンからは「スーパープレイや感動を与えられているのは事実、アメフトやっている人は頑張って欲しい」「ファンとしてはもっと楽しい部分を見て欲しかった」などの声が寄せられていた。

Continue reading...