[ワシントン 13日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は13日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の 誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、 1.
[ワシントン 13日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は13日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、1.75─2.00%に引き上げることを決定した。
今年についてはあと2回、合計4回の利上げを予測しているとした。3月に示した前回予想では年内は合計3回の利上げを予測しているとしていた。
2019年については3回の利上げを予想。前回予想から変更はなかった。
今回のFOMC声明でFRBは、景気刺激に向け金利を十分に低い水準にとどめると確約する文言を削除。少なくとも2020年までインフレ率が目標を上回ることを容認する姿勢も示した。
声明は「労働市場は引き締まり続け、経済活動は堅調な速度で拡大している」とし、「家計支出は上向き、企業の設備投資は引き続き力強く伸びている」とした。

Continue reading...