12日東京株終値 255円高、 高寄りの あとも堅調に推移:12日の 東京株式市場は、 11日より、 255円75銭高い、 2万2,187円96銭で取引を終えた。 …
12日の東京株式市場は、11日より、255円75銭高い、2万2,187円96銭で取引を終えた。 12日の取引について、SMBC日興証券・松野利彦氏の解説です。 12日の東京株式市場は、高寄りのあとも堅調に推移した。 アメリカ・トランプ政権が2,000億ドルもの対中制裁の関税品目を公表したことから、11日のアメリカのマーケットは反落。 しかし、日本株が先行して下落していたことや、約半年ぶりにドル円が112円台となったことなどから、平均株価は前日比で300円近く値上がりする場面があった。 ただ、東証株価指数(TOPIX)の値上がり率は平均株価の半分以下であり、平均株価に寄与度の高い銘柄が物色されていることなどから、12日の株価上昇は先物主導とみられる。 こうした地合いで、個別に東証1部の値上がり銘柄数は、全体の約6割程度。 セクター別にも水産、通信、薬品などのディフェンシブセクターが上昇する一方、原油安を受けて石油、鉱業、非鉄など、市況関連業種が値下がりしている。 13日も外部環境次第であるが、通商問題に対する耐性が少しずつできているため、下値不安が後退しているよう。

Continue reading...