Home Japan Japan — in Japanese 水増し問題 「死亡職員も算入」 省幹部、意図的水増し証言

水増し問題 「死亡職員も算入」 省幹部、意図的水増し証言

126
0
SHARE

中央省庁による障害者雇用の 水増し問題で、 厚生労働省は28日、 昨年6月1日時点の 国の 33行政機関の 雇用率の 調査結果を公表した。 約8割にあたる27機関で計3460人の 不適切な算入があった。 また、 一部の 省の 幹部は取材に、 過去に死亡した職員を障害者として算入し、 意図的に雇用率を引き上げた例があったと証言。
中央省庁による障害者雇用の水増し問題で、厚生労働省は28日、昨年6月1日時点の国の33行政機関の雇用率の調査結果を公表した。約8割にあたる27機関で計3460人の不適切な算入があった。また、一部の省の幹部は取材に、過去に死亡した職員を障害者として算入し、意図的に雇用率を引き上げた例があったと証言。政府は弁護士を含む検証チームを設置し原因究明を進めるとともに、再発防止策を10月にもとりまとめる。
厚労省のこれまでのまとめでは、33機関のうち、当時の法定雇用率(2・3%)を満たしていなかったのは…

Continue reading...