All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

沖縄県民投票、全41市町村実施に黄信号 宮古島市関連予算「否決」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の 名護市辺野古への 県内移設計画を巡り、 政府が本格的な埋め立てを進める中、 辺野古移設の 賛否を問う県民投票(来年2月24日)の 全41市町村での 実施に黄信号がともった。 宮古島市の 下地敏彦市長は18日、 市議会で関連予算が「否決」 されたことを受け、 県民投票を実施しないと表明 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、政府が本格的な埋め立てを進める中、辺野古移設の賛否を問う県民投票(来年2月24日)の全41市町村での実施に黄信号がともった。宮古島市の下地敏彦市長は18日、市議会で関連予算が「否決」されたことを受け、県民投票を実施しないと表明。今後、他の市町村でも同様の動きが相次ぐ可能性があり、県は対応に頭を悩ませている。 宮古島市議会(定数24)では18日、補正予算案から県民投票の投開票などの事務に必要な費用を削除した修正案が議員提案された。公明党の高吉幸光議員が「(移設は)普天間飛行場を含めた問題で、辺野古の問題だけで問うことには無理がある」と賛成意見を述べ、17人の賛成多数で修正案が可決された。 下地市長は地方自治法の規定に基づいて議決をやり直す「再議」を求めたが、市議会の結論は変わらなかった。首長の権限で予算を計上することも可能だが、下地市長は市議会終了後、「議会の議決は大変重い」と県民投票を実施しないことを表明。そのうえで「玉城(たまき)デニー知事は『知事選で辺野古移設反対の民意は示された』と発言している。それなのにさらに民意を問う意義は何か。すっきり腑(ふ)に落ちない」と県民投票の意義に疑問を投げかけた。 県民投票は学生や弁護士らでつくる市民団体が9万2848人分の有効署名を集めて県に条例制定を求めた。署名数は請求に必要な有権者数の2%を大きく超え、宮古島市でも有権者の9・5%にあたる4184人の署名が集まった。署名集めに加わった市内のサービス業経営、池間美津枝さん(62)は「土砂投入を進める政府に県民の意思を示す投票の機会が奪われ、とても悔しい」と憤った。 市民団体の代表を務める大学院生の元山仁士郎さん(27)は「県民の意思を直接示す投票権が奪われるのはゆゆしき事態だ。県民投票は、埋め立てに賛成の立場からも、なぜ辺野古が唯一なのかを説明する機会になる。その機会をなぜ奪うのか疑問だ」と語った。 県内の市町村では保守系の議員が多数を占める議会が多く、市町村長も多くが辺野古移設を容認する保守系だ。普天間飛行場を抱える宜野湾市の松川正則市長は「県民投票の結果次第では普天間飛行場の固定化につながる」と警戒。他の市町村長や議員にも「県民投票の結果が移設反対の理由にされかねない」と懸念がくすぶる。 県民投票を実施しない市町村が出れば「県民投票とはいえない」との批判を招きかねず、県は最後まで全41市町村での実施を目指す考えだ。だが、実施に否定的な市町村長を説得できるかは不透明で、池田竹州知事公室長は「まずは宮古島市に話を聞きに行きたい」と述べるにとどまった。【比嘉洋、遠藤孝康】

新品120本を一斉噴出=スプレーに引火性成分-札幌爆発

札幌市豊平区で42人が負傷した爆発火災で、 発生元とみられる不動産仲介業者の 従業員が新品の スプレー120本を廃棄するため、 店内で一斉に噴射していたことが18日、 分かった。 運営会社側が記者会見して明らかにした。 スプレーは1本200ミリリットル入りで、 引火性の 高い成分が含まれていた。 北海道警は店内にたまった大量の ガスに引火して爆発を起こした可能性が高いとみて、 詳しい状況を調べている。 札幌市豊平区で42人が負傷した爆発火災で、発生元とみられる不動産仲介業者の従業員が新品のスプレー120本を廃棄するため、店内で一斉に噴射していたことが18日、分かった。運営会社側が記者会見して明らかにした。スプレーは1本200ミリリットル入りで、引火性の高い成分が含まれていた。 北海道警は店内にたまった大量のガスに引火して爆発を起こした可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。 爆発元とみられている「アパマンショップ平岸駅前店」を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長(39)によると、重傷を負った男性店長(33)は爆発があった16日の午後8時ごろ、机の上にスプレー缶120本を並べ、1人で次々に噴射した。スプレーは、つまみを押すと空になるまで噴出を続ける構造だった。 噴射後に店内の空気が白く濁ったため、店長は別の従業員と共にいったん外出。15~20分後に戻り、手を洗うため湯沸かし器を付けたところ爆発が起きた。(2018/12/18-22:07)

改革・開放40年 中国曲がり角 習氏、政治改革道筋示さず

【北京・ 浦松丈二】 中国が改革・ 開放政策を導入してから40年の 記念式典が18日、 北京の 人民大会堂で開かれ、 習近平国家主席が演説した。 習氏は、 改革・ 開放について、 中国建国100年の 2049年までに「社会主義現代化強国」 になるなどとした「二つの 100年目標」 実現の 鍵になるとして継続を宣言した。 一方、 改革 【北京・浦松丈二】中国が改革・開放政策を導入してから40年の記念式典が18日、北京の人民大会堂で開かれ、習近平国家主席が演説した。習氏は、改革・開放について、中国建国100年の2049年までに「社会主義現代化強国」になるなどとした「二つの100年目標」実現の鍵になるとして継続を宣言した。一方、改革・開放の変容ともとれる表現があったほか、積み残されてきた政治改革については具体的な道筋を示さなかった。 習氏は演説で「共産党が一切を指導し、その指導を不断に強化、改善していかなければならない。改革・開放40年の実践は、共産党の指導こそが中国の特色ある社会主義体制の最大の利点であることを示している」と強調した。 「党が一切を指導する」路線は、昨年10月の第19回中国共産党大会で習氏自ら打ち出したものだ。だが、改革・開放は、農村や工場などへの党の指導を制限することで、生産現場の自主性を引き出すことに成功したとの評価が一般的だ。 また、改革・開放が導入した市場経済について、習氏は「資源配分に果たす市場の役割を十分に発揮させ、各種市場の活力を奮い立たせる」と述べたが、ほかに市場の役割を評価する言及はなかった。 政治改革への言及も少なかった。08年に胡錦濤国家主席(当時)が行った改革・開放30年の記念演説では「政治体制の改革、刷新を継続していく」と明言し、政治分野でも改革・開放を継続する意欲を示していた。 今回、習氏は約1時間半の演説の中で、民主的な政権運営を意味する「民主執政」について「科学的、民主的、法律に基づく政権運営を堅持しながら、党の指導を完全にしていく」としか言及しなかった。...

ネット株、成長のジレンマ 将来の利益待てぬ市場 証券部 成瀬美和

18日の 東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、 約9カ月ぶりの 安値で終えた。 この 日下げが目立ったの が、 ヤフーや楽天などの インターネット大手企業だ。 政策の 後押し… 18日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、約9カ月ぶりの安値で終えた。この日下げが目立ったのが、ヤフーや楽天などのインターネット大手企業だ。政策の後押しによるスマートフォン(スマホ)決済事業の成長期待が語られるものの、市場の反応は乏しい。景気の先行きへの懸念から投資家のリスク許容度が低下。事業拡大への取り組みが株価の逆風となるジレンマを抱えている。 「過去最高の政府予算案? きょうの株式…

サイバー・宇宙を積極防衛 政府、新防衛大綱を決定

政府は18日、 新たな防衛計画の 大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)を閣議決定した。 宇宙やサイバー、 電磁波を扱う電子戦で敵の 通信やネットワークを妨害する能力の 強化を明記。 新領域で… 政府は18日、新たな防衛計画の大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)を閣議決定した。宇宙やサイバー、電磁波を扱う電子戦で敵の通信やネットワークを妨害する能力の強化を明記。新領域での積極的な防衛体制(アクティブ・ディフェンス)を前面に打ち出した。 アクティブ・ディフェンスはサイバー攻撃などを受ける前に相手の能力を失わせたり、低下させたりする考え方の一つ。攻撃の予兆を捕捉し、有事と認定されれ…

出光・昭シェル統合承認 空費3年、脱石油で出遅れ

出光興産と昭和シェル石油は18日、 都内で開いた臨時株主総会で経営統合が承認された。 2015年に発表してから出光創業家との 対立を経て、 ようやく19年4月に統合する。 エネルギー業界で電力とガスの 全面自由化が進み、 業界を超えた競争が激しくなるなかで、 再編に力を費やし脱石油に向けた変革が遅れている。 空費の … 出光興産と昭和シェル石油は18日、都内で開いた臨時株主総会で経営統合が承認された。2015年に発表してから出光創業家との対立を経て、ようやく19年4月に統合する。エネルギー業界で電力とガスの全面自由化が進み、業界を超えた競争が激しくなるなかで、再編に力を費やし脱石油に向けた変革が遅れている。空費の3年を取り戻すのは簡単ではない。 株主総会では、昭シェルを子会社化する統合に3分の2以上の賛成を集め…

アイスホッケーの日本製紙が廃部へ 今季限り、アジア・リーグで現在2位

アイスホッケーの 強豪、 日本製紙が廃部となることが18日、 関係者への 取材で分かった。 今季限りで活動を終えるとみられる。 9月から来春までの アジア・ リーグで現在、 2… アイスホッケーの強豪、日本製紙が廃部となることが18日、関係者への取材で分かった。今季限りで活動を終えるとみられる。9月から来春までのアジア・リーグで現在、2位につけている。 1949年に十条製紙の釧路工場アイスホッケー部として創部。74年に日本リーグに加盟し、93年に会社の合併に伴い現在のチーム名となった。アジア・リーグを4度制し、16日に終了した全日本選手権では3位だった。 アイスホッケーでは99年に古河電工、2001年に雪印、09年に西武がチーム運営から手を引いた。日本製紙の撤退で、04年まで存続した日本リーグの時代から活動を続ける企業チームは王子のみとなる。

安住氏ら6人が立憲会派へ=岡田、野田氏ら判断保留-無所属の会

衆院会派「無所属の 会」 の 安住淳元財務相、 江田憲司元民進党代表代行、 中村喜四郎元建設相ら6人が、 年内にも立憲民主党の 会派に加わることが決まった。 同会の 大串博志幹事長が18日、 立憲の 福山哲郎幹事長に電話で伝えた。 立憲は同日の 常任幹事会で了承する見通しだ。 これにより立憲会派は64議席となる。 無所属の 会所属の 13人の うち、 玄葉光一郎元外相は立憲会派に合流しない意向。 岡田克也元外相、 野田佳彦前首相ら6人は判断を保留し、 来年1月召集の 通常国会に向け地元支援者らと調整を続ける。...

横綱 稀勢の里 冬巡業すべて休場へ 調整遅れか

大相撲九州場所を途中休場した横綱 稀勢の 里が、 今月22日までの 冬巡業もすべて休場することになり、 来月の 初場所に向けた調整… 大相撲九州場所を途中休場した横綱 稀勢の里が、今月22日までの冬巡業もすべて休場することになり、来月の初場所に向けた調整が遅れているものとみられます。 横綱 稀勢の里は、完全復活をかけた先月の九州場所で、横綱として87年ぶりに不戦敗を除いて初日から4連敗を喫し、右ひざのけがを理由に途中休場しました。場所後に横綱審議委員会は、稀勢の里に対し「復活を期待したファンの失望は大きい」などとして、異例の「激励」の決議をしました。 稀勢の里は、今月2日からの冬巡業を休場し、東京 江戸川区にある田子ノ浦部屋で非公開で調整を続けています。 冬巡業は今月22日まで行われますが、師匠の田子ノ浦親方によりますと、稀勢の里は最終日の地元・茨城県での巡業も含めてすべて休場することを決めたということです。 田子ノ浦親方は「巡業も大事だが、けがのこともあるので体を強化していきたい。できることは全部して、本場所に向けてやらせたい」と説明し、次の場所に向けて部屋での稽古に専念させる考えを示しました。 そのうえで、横綱審議委員会が「激励」の決議をしたことについては「横綱本人も『頑張らないといけない』と思っている」と話しました。 関係者によりますと、稀勢の里は、九州場所を休場して以降、しこなどの基礎的な運動を続けているということです。 稀勢の里は、次に出場する場所に進退をかけて臨むことが求められますが、巡業の全休で関取との厳しい相撲を取らない状態が続くことになり、来月の初場所に向けた調整が遅れているものとみられます。 稀勢の里は、報道陣からの「けがの状態は、まだよくないですか」という問いに対し、「はい。そうですね」とだけ答え、稽古場をあとにしました。

不動産店、改装控えスプレー処分 親会社が謝罪 札幌・平岸爆発:どうしん電子版(北海道新聞)

札幌市豊平区平岸の 建物で16日夜に起きた爆発と火災で、 建物に入居する3店舗の うち最も倒壊が激しかった不動産仲介業「アパマンショップ平岸駅前店」 が近く改装を予定していたことが18日、 同店関係者への 取材... 札幌市豊平区平岸の建物で16日夜に起きた爆発と火災で、建物に入居する3店舗のうち最も倒壊が激しかった不動産仲介業「アパマンショップ平岸駅前店」が近く改装を予定していたことが18日、同店関係者への取材で分かった。道警は、店の男性従業員が改装の邪魔になる除菌消臭用のスプレー缶をまとめて処分するため、室内で噴射した後に引火したとみて調べている。 店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の親会社アパマン(東京)の関係者によると、同店は近く改装のため、数日間休業する予定だった。このため改装前に、従業員が在庫のスプレー約120本を廃棄した。 スプレーの製造業者によると、このスプレーは室内を除菌消臭するための製品で、可燃性の高い「ジメチルエーテル」が含まれていた。同店はこのスプレーを毎月30本購入。捜査関係者によると、17日の現場検証などで、焼け跡から数十本のスプレー缶が見つかったという。 アパマンショップの元従業員によると、スプレーは賃貸物件などの清掃時に使用し、1部屋につき1本を使い切ることにしていたが、中身が残ることもあった。同店では中身が残った場合は、店内などでスプレーを噴射して廃棄することもあったという。元従業員は「100本まとめて処理することは考えられない」と話した。 アパマンは18日、爆発事故が起きたことを受け、被害者や周辺住民らに「心よりおわび申し上げる」との謝罪コメントを発表した。
Top words timeline