SHARE

アメリカの メディアはトランプ大統領がロシアの 外相などと会談した際、 FBI=連邦捜査局の 長官だったコミー氏を解任したことで、 捜査からの 重圧が和…
アメリカのメディアはトランプ大統領がロシアの外相などと会談した際、FBI=連邦捜査局の長官だったコミー氏を解任したことで、捜査からの重圧が和らいだと説明していたと報じ、解任は捜査妨害が目的だったとする批判が強まりそうです。 アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」は19日の電子版で、トランプ大統領が今月10日にホワイトハウスでロシアのラブロフ外相などと会談した際、FBIの長官だったコミー氏を前日に解任したことに触れ、「彼は頭がおかしい変人だった」と批判していたと伝えました。 そのうえで、トランプ大統領が「私は重圧に直面していたが、取り除かれた」と述べ、コミー氏を解任したことで、トランプ陣営とロシアの関係をめぐる捜査からの重圧が和らいだと説明していたと報じました。 これに対し、ホワイトハウスのスパイサー報道官は声明を出し、「コミー氏は捜査を政治化し、われわれのロシアとの交渉に不必要な圧力をかけた。解任で捜査が終結したわけではない」と反論しましたが、解任は捜査妨害が目的だったとする批判が強まりそうです。 一方、「ワシントン・ポスト」は、トランプ大統領に近いホワイトハウスの高官が捜査の重要な参考人に浮上したと報じ、「捜査が政府の上層部に迫っていることを示している」と指摘しました。 また、議会上院の委員会はコミー氏が公聴会で証言することに同意したと発表し、真相解明につながるのか注目されます。

Continue reading...