日本代表の 次期監督最有力候補、 ユルゲン・ クリンスマン氏(53)が7日、 モスクワ市内でサンケイスポーツの 取材に応じ、 監督就任を“否定”した。 「(報道にあるよう…
日本代表の次期監督最有力候補、ユルゲン・クリンスマン氏(53)が7日、モスクワ市内でサンケイスポーツの取材に応じ、監督就任を“否定”した。
「(報道にあるような)話は真実ではないし、噂だよ」
ドイツ代表や米国代表を率いた実績を持つ同氏は同日、W杯ロシア大会準々決勝のスウェーデン-イングランドで英BBC放送の解説を務めた。同市内の特設スタジオに入る際、日本の報道陣に向けて英語で「ハウ・アー・ユー?(元気ですか)」と笑顔であいさつした。この日更新した自身のツイッターでも「日本で監督業をするとのうわさについては全く真実ではない」とドイツ語と英語でけむに巻いていた。
ただ、同氏は親しい関係者に日本行きについて「興味のある話」と漏らしていることが判明。同じ関係者は、最近のクリンスマン氏を「真面目(な性格)で多くを語ってはいないが、関心を抱いているようだった」と明かした。
日本協会の田嶋幸三会長(60)も準決勝に合わせてロシアを再訪する予定。2人の言動にさらに注目が集まりそうだ。

Continue reading...