Japan — in Japanese

Japan — in Japanese

指原莉乃さん「報告があります」 卒業あいさつ全文

HKT48の 指原莉乃さん(26)が15日、 東京・ 水道橋の 東京TDCホールで開かれたコンサートで、 同グループを卒業すると発表した。 卒業あいさつ全文は以下の 通り。 ◇ 報告があります。 私、 指原莉… HKT48の指原莉乃さん(26)が15日、東京・水道橋の東京TDCホールで開かれたコンサートで、同グループを卒業すると発表した。卒業あいさつ全文は以下の通り。◇ 報告があります。私、指原莉乃…

橋桁が落下、ダンプカー下敷き 運転手を救助中 埼玉

15日午前10時45分ごろ、 埼玉県深谷市中瀬の 利根川にかかる旧上武大橋の 橋桁の 一部が崩れ、 ダンプカーが下敷きになった。 県警深谷署などによると、 橋の 撤去工事の ために土砂を運搬しようとしていたダンプカー… 15日午前10時45分ごろ、埼玉県深谷市中瀬の利根川にかかる旧上武大橋の橋桁の一部が崩れ、ダンプカーが下敷きになった。県警深谷署などによると、橋の撤去工事のために土砂を運搬しようとしていたダンプカーの荷台が橋桁にぶつかり、落下したとみられるという。運転手の男性が閉じ込められているとみられ、救助活動が行われている。 県などによると、歩行者と自転車の通行用に使われていた橋で解体中だった。長さ約50メートル、幅は約3メートル、重さは約50トンの橋桁が崩れたという。橋桁は地上からの高さ約6メートルにあり、県警はダンプカーの荷台が衝突した原因も調べる。

辺野古 「抑止力維持しつつ負担軽減するもの」と防衛相

アメリカ軍普天間基地の 移設計画で、 名護市辺野古の 埋め立て予定地に土砂の 投入が始まって2日目の 15日、 岩屋防衛大臣は、 記者… アメリカ軍普天間基地の移設計画で、名護市辺野古の埋め立て予定地に土砂の投入が始まって2日目の15日、岩屋防衛大臣は、記者団に対し、移設は抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担を軽減するものだとして、粘り強く理解を求めていく考えを重ねて示しました。

カナダ、米中の板挟み=ファーウェイ副会長引き渡し問題

【ニューヨーク時事】 米国の 要請でカナダ当局が中国通信機器大手・ 華為技術(ファーウェイ)の 孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕した事件。 トランプ米大統領が対中貿易交渉で有利になるなら事件への 「介入」 も辞さない考えを示す一方、 中国はカナダ人を拘束した。 カナダは二つの 大国の 間で板挟みとなる苦しい立場に置かれている。 「法の 支配や身柄引き渡しの 問題は政治化されたり、 他の 問題を解決する道具として使われたりするべきではない」 。 カナダの フリーランド外相は14日の 記者会見でこう強調した。 カナダ政府は孟… 【ニューヨーク時事】米国の要請でカナダ当局が中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕した事件。トランプ米大統領が対中貿易交渉で有利になるなら事件への「介入」も辞さない考えを示す一方、中国はカナダ人を拘束した。カナダは二つの大国の間で板挟みとなる苦しい立場に置かれている。 「法の支配や身柄引き渡しの問題は政治化されたり、他の問題を解決する道具として使われたりするべきではない」。カナダのフリーランド外相は14日の記者会見でこう強調した。 カナダ政府は孟氏の逮捕当初から、事件への政治の関与を一貫して否定してきた。しかし、そこに水を差したのがトランプ氏の「介入」発言だ。...

首席補佐官の後任は、「代行」職 トランプ氏が指名

トランプ米大統領は14日、 大統領首席補佐官代行に行政管理予算局(OMB)の ミック・ マルバニー局長を充てると自身の ツイッターで明らかにした。 年末で辞任するケリー大統領首席補佐官の 後任との 位置づけだが、 … トランプ米大統領は14日、大統領首席補佐官代行に行政管理予算局(OMB)のミック・マルバニー局長を充てると自身のツイッターで明らかにした。年末で辞任するケリー大統領首席補佐官の後任との位置づけだが、「代行」となっており任期などは不透明だ。 トランプ氏はツイッターで「ケリー氏と交代し、マルバニー局長をホワイトハウスの首席補佐官代行に指名する。マルバニー氏は政権で、傑出した仕事をやった。米国を再び偉大にするため、新たな役職で仕事をすることを楽しみにしている」と述べた。 首席補佐官は大統領の日程や職員を統括する官房機能のトップで、政権の要となるポストだ。軍隊出身で規律を重んじたケリー氏と関係が悪化していたトランプ氏は8日、ケリー氏の年内の退任を公表したが、後任選びは有力視された候補者から次々と断られ難航していた。 マルバニー氏は弁護士出身。サ…

平成最後の年賀状受け付け 元日配達なら25日まで投函

平成最後の 年賀状受け付け 元日配達なら25日まで投函:平成最後となる2019年の 年賀状の 受け付けが、 15日から全国で一斉に始まった。 ... 平成最後となる2019年の年賀状の受け付けが、15日から全国で一斉に始まった。 全国各地の郵便局では早速、平成最後の年賀状の投函に訪れる人たちの姿があった。 今回は、お年玉賞品として、東京オリンピックのペア観戦チケットがあたるほか、1等の賞金を10万円から30万円に引き上げた。 また、2019年は元号が改まる特別な年として、お年玉抽選を1月と4月の2回行う。 日本郵便は、元日に届けるため、12月25日までに投函してほしいと呼びかけている。

「ルノーでゴーン会長の後任選び」報道 会社側は否定

フランスの 自動車メーカー、 ルノーは13日の 取締役会で、 カルロス・ ゴーン会長兼CEOを経営トップにとどめることを決めたもの … フランスの自動車メーカー、ルノーは13日の取締役会で、カルロス・ゴーン会長兼CEOを経営トップにとどめることを決めたものの後任選びがすでに始まっていると、現地のメディアが伝えました。一方でルノーは後任選びの議論はしていないとコメントしています。 ルノーは日産自動車で会長職を解任されたゴーン会長兼CEOについて、ルノーの社内では不正が見つかっていないことから経営トップの地位にとどめ、今の経営体制を続けることを13日の取締役会で決めました。 ロイター通信はこの日の取締役会では、ゴーン会長兼CEOをいつまでも経営トップにとどめることは難しいと反対する意見が一部から出ていたことを伝えました。そのうえで、ルノーの筆頭株主のフランス政府がすでに後任選びを始めていると報じました。 この報道に対し、ルノーは「取締役会に意見の違いはなく、今の経営体制を続けると決めた。ゴーン会長兼CEOの後任に関する議論はしていない」というコメントを出しました。 また、フランス政府はこれまでのところコメントはしていません。 一方、日産自動車は今月17日の取締役会で、ゴーン前会長の後任を選ぶことを目指していましたが、経営体制の在り方を慎重に協議するため見送る方針を固めており、日産・ルノー両社の対応が注目されます。

自動車関連の税 抜本的見直しへ海外事例など参考に検討

14日に決定した来年度の 税制改正大綱には、 自動車に関する税の 抜本的な見直しを検討することが盛り込まれました。 政府・ 与党は… 14日に決定した来年度の税制改正大綱には、自動車に関する税の抜本的な見直しを検討することが盛り込まれました。政府・与党は、走行距離などに応じて課税している海外の事例も参考に、時代の変化に対応した新たな税制を検討することにしています。 自民・公明両党が14日に決定した来年度の税制改正大綱には、「自動車税」の恒久的な減税に加え、自動車に関する税について、今後、抜本的な見直しを検討していく方針が盛り込まれました。 見直しにあたって、政府・与党は「電気自動車」などの新しいタイプの車の普及や、複数の人が1台の車を利用する「カーシェアリング」の広がりなど、時代の変化に対応するため、走行距離や二酸化炭素の排出量に応じて課税している海外の事例も参考にしたい考えです。 ただ、それぞれの車の走行距離をプライバシーも保護しながらどう把握するのかや、通勤などで利用頻度の高い地方のユーザーにとって負担が重くなる可能性があるなど、考慮しなければならない論点も多くあります。 具体的な検討は来年以降になりますが、自動車の税制を大きく変更することになる可能性もあるだけに、今後、議論を呼ぶことになりそうです。

辺野古に土砂投入 沖縄は対抗措置検討で対立激化避けられず

アメリカ軍普天間基地の 移設に向けて、 政府は14日、 名護市辺野古の 埋め立て予定地の 海に土砂の 投入を開始し、 今後、 工事を本格… アメリカ軍普天間基地の移設に向けて、政府は14日、名護市辺野古の埋め立て予定地の海に土砂の投入を開始し、今後、工事を本格化させるのに対し、反発を強める沖縄県は対抗措置を検討する方針で、対立が激しくなるのは避けられない情勢です。 沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向けて、政府は14日、埋め立て予定地の海に土砂の投入を開始しました。 岩屋防衛大臣は、普天間基地を早ければ2022年度に返還するとした目標の達成は難しいという認識を示していて、政府はできるだけ早く返還を実現するため、今後、埋め立て工事を本格化させる方針です。

ふるさと納税、高額返礼品は対象外 19年6月から

2019年度の 与党税制改正大綱がまとまった。 主な改正項目について、 私たちの 暮らしへの 影響などをまとめた。 高額な返礼品が問題視されている「ふるさと納税」 も見直される。 対象となる自治体を総務相が指定す… 2019年度の与党税制改正大綱がまとまった。主な改正項目について、私たちの暮らしへの影響などをまとめた。 高額な返礼品が問題視されている「ふるさと納税」も見直される。対象となる自治体を総務相が指定する仕組みに改め、返礼品の価格を「寄付額の3割以下」に抑えることや「地場産品」にすることを指定の条件にする。来年6月以降の寄付から適用される。 ふるさと納税は、納税者が自治体を選んで寄付すると、寄付額から2千円を引いた金額が住民税や所得税から控除される。一部の自治体が高価な返礼品を用意したことから、過度な返礼品競争を招いていた。見直し後は、指定されなかった自治体に寄付しても控除は受けられない。地元産ではない家電製品や商品券などの高額返礼品は姿を消すことになりそうだ。 ■婚姻歴のないひとり親、住民税…
Top words timeline