Japan

Japan

津波など死者1234人に 避難6万人

インドネシア・ スラウェシ島を襲った地震と津波で、 国家防災庁は2日、 死者が1234人に上ったと発表した。 同庁によると、 2日時点で行方不明者は99人、 避難者は約6万2000人。 799人が重傷を負った。 死者の うち多くが中スラウェシ州の 州都パルに集中しているが、 他地域の 人的被害の 詳細は通信事情の 悪さな この記事は有料記事です。 残り244文字(全文244文字) いますぐ登録して続きを読む(1カ月間無料) または 登録済みの方はこちら 文字サイズ 小 中 大 印刷...

「欧州のウッズ」悲願のV ガルシア、メジャー74戦目

勝利の 一打がカップ左端からくるりと回って吸い込まれた。 プレーオフ1ホール目、 18番グリーンを幾重にも取り囲む観客が一斉に立ち上がる。 逆にガルシアはしゃがみ込みながら、 雄たけびを上げた。 メジャー通算7… 勝利の一打がカップ左端からくるりと回って吸い込まれた。プレーオフ1ホール目、18番グリーンを幾重にも取り囲む観客が一斉に立ち上がる。逆にガルシアはしゃがみ込みながら、雄たけびを上げた。メジャー通算74試合目、ついに悲願をかなえた。 ともに首位で出たリオデジャネイロ五輪優勝のローズと一騎打ちになった。後半に入り連続ボギーをたたき2打差がついた。弱気になってもおかしくなかった。パー5の15番。残り192ヤードの第2打をピンに当てるスーパーショットでイーグル。再び追いついた。 ガルシアは1996年の全英オープンに16歳でメジャー初出場。「エルニーニョ(神の子)」の愛称で「欧州のウッズ」とも呼ばれた。マスターズでも99年の初出場時にローアマチュアに。しかし、過去18回の出場で4位が最高など大舞台には縁がなかった。 くしくも、この日は2011年に亡くなったセベ・バレステロスさんの60回目の誕生日。超攻撃的なスタイルで、ゴルフ後進国だったスペインから初めてマスターズを制し、オラサバルやガルシアが続いた。 最後のバーディーパットは約4メートルの難しい下りライン。先にローズはボギーで、無理する必要はなかった。それでも、決めにいった。「心の中に何回か彼が出てきて、助けてくれた」とガルシア。偉大な先輩のように攻め切り、勝者のグリーンジャケットを羽織った。(森田博志) ■松山、最後に意地 最終日にようやく60台を出した松山は「ティーショットが安定し、アイアンもチャンスにつけられた」。四つあるパー5ですべてバーディーを奪った。特に13番と15番はともにツーオンしてイーグルチャンスにつけ、ショットがさえた。「遠かったら3パットするんで、その分、(ピンそばに)ついてよかった」。パットの不調で優勝争いに絡めなかったが、世界ランク4位の意地はみせた。 Similarity rank: 2.1 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

対北朝鮮で足並み確認=米韓国防相が会談

【ワシントン時事】 マティス米国防長官は26日、 ハワイで韓国の 宋永武国防相と会談した。 北朝鮮による核・ ミサイル開発で米韓両国の 連携を確認。 平昌冬季五輪の 安全確保策や五輪・ パラリンピックで延期された合同軍事演習の 実施時期についても意見を交わすとみられる。 ロイター通信によると、 マティス長官は会談に先立ち、 五輪参加に関する南北対話を歓迎すると述べつつも、 北朝鮮に対する国際的圧力は「揺るぎないもの 」 でなければならないと強調した。 一方、 宋国防相は「(韓米は)互いを良く理解しており、 同盟国として常に共に進 【ワシントン時事】マティス米国防長官は26日、ハワイで韓国の宋永武国防相と会談した。北朝鮮による核・ミサイル開発で米韓両国の連携を確認。平昌冬季五輪の安全確保策や五輪・パラリンピックで延期された合同軍事演習の実施時期についても意見を交わすとみられる。 ロイター通信によると、マティス長官は会談に先立ち、五輪参加に関する南北対話を歓迎すると述べつつも、北朝鮮に対する国際的圧力は「揺るぎないもの」でなければならないと強調した。一方、宋国防相は「(韓米は)互いを良く理解しており、同盟国として常に共に進んでいく」と応じた。 北朝鮮は五輪参加をめぐって融和姿勢を見せる一方、米韓合同軍事演習の全面中止を訴えている。米国側は、韓国政府が北朝鮮への圧力を緩めるのではないかと警戒しており、マティス氏は米韓の足並みを再確認したい考えだ。(2018/01/27-11:14) Similarity rank: 8.5Sentiment...

株価一時350円超安 米の政権運営に不安

18日の 東京株式市場は、 アメリカの トランプ大統領をめぐる疑惑が次々と浮上し今後、 政権運営への 影響が避けられないという懸念から、 幅広い銘柄に売… 18日の東京株式市場は、アメリカのトランプ大統領をめぐる疑惑が次々と浮上し今後、政権運営への影響が避けられないという懸念から、幅広い銘柄に売り注文が出て、日経平均株価は一時、17日より350円以上値下がりしました。 日経平均株価、18日の終値は17日より261円2銭、安い、1万9553円86銭。東証株価指数=トピックスは、20.81、下がって1555.01でした。1日の出来高は21億8463万株でした。 市場関係者は「トランプ大統領に関する疑惑が相次いで浮上し、政権運営全体に悪影響が及ぶのではないかという懸念が強まり、株価は一時、17日より350円以上、値下がりした。ただ、午後に入ってからは、食品や運輸といった内需関連の銘柄などで、買い注文が広がり値下がり幅はいくぶん縮小した」と話しています。 Similarity rank: 4.2Sentiment rank: -2.7 TW posts: 4TW reposts: 9TW likes: 10TW sentiment: -10 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo =...

南スーダンPKO日報 「抗争」が「戦闘」に変化

防衛省が破棄したとしていた南スーダンでの PKO活動に関する文書が保管されていた問題で、 防衛省は去年7月の 武力衝突の 発生時の 文書を新たに公開し… 防衛省が破棄したとしていた南スーダンでのPKO活動に関する文書が保管されていた問題で、防衛省は去年7月の武力衝突の発生時の文書を新たに公開しました。この衝突について、「抗争」という表現が途中から「戦闘」に変わっていて、急速な治安情勢の悪化に現地の部隊が危機感を強めていたことがうかがえます。 防衛省は、南スーダンでPKO活動にあたる自衛隊の派遣部隊が記した「日報」について、情報公開請求に対し、いったんは破棄したと説明しましたが、その後一転して撤回し文書の公開を進めています。 新たに公開されたのは、自衛隊の宿営地がある首都ジュバで、政府軍と反政府勢力の大規模な武力衝突が始まった去年7月7日からの3日分です。 この中では、武力衝突が7日の午後8時から始まり、自衛隊の宿営地の南西で発砲音がおよそ15分の間に30発以上確認されたことが記されていました。 また、武力衝突について、当初は「抗争」と記されていましたが、3日目の7月9日の報告からは「戦闘」という表現に変わっていて、急速な治安情勢の悪化に部隊が危機感を強めていたことがうかがえます。 武力衝突を「戦闘」と表現していたことについて、防衛省は一般的な意味で使ったもので、PKO参加5原則に影響する法的な意味での「戦闘行為」を意識したものではないと説明しています。 Similarity rank: 3.1Sentiment rank: -2.2 TW posts: 17 TW reposts: 13 TW likes: 5 TW sentiment: -10 jQuery(function()...

【卓球全日本】14歳・木原美悠が4強入り「優勝目指して思い切りやりたい」

卓球の 全日本選手権第6日(19日、 丸善インテックアリーナ大阪)、 女子シングルスで木原美悠(14=エリートアカデミー)が、 前日に昨年準Vの 平野美宇(18=日本生命)を撃... 卓球の全日本選手権第6日(19日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルスで木原美悠(14=エリートアカデミー)が、前日に昨年準Vの平野美宇(18=日本生命)を撃破した勢いそのままに最終日の準決勝に駒を進めた。 準々決勝では佐藤瞳(21=ミキハウス)と対戦し、天才的なカットに苦しみセットカウントで1―3とリードされたが、脅威の粘りで3セットを連取して、2007年の石川佳純(25=全農)以来となる中学2年での4強入りを果たした。 木原は「疲れましたが、最後まで我慢できたのが良かった」とホッとした表情。同じく14歳で昨年優勝した張本智和(15=エリートアカデミー)の存在が刺激になっているとし「ここまでこれたのも信じられなくて今メッチャ震えてますが、優勝目指して思い切りやりたいです」と語った。 シングルスでは、前回王者の伊藤美誠(18=スターツ)、前日に石川を破った早田ひな(18=日本生命)、男子は昨年Vの張本、準Vの水谷隼(29=木下グループ)らが4強入りを決めた。 ダブルス男子は張本、木造勇人(19=愛知工業大)組が昨年優勝の水谷、大島祐哉(24=木下グループ)組を準決勝で撃破し、リベンジを果たすと、決勝では松山祐季(20=愛知工業大)、高見真己(19=同)組をフルセットの激闘で下し初制覇。女子は早田、伊藤組が決勝で芝田沙季(21=ミキハウス)、大藤沙月(14=ミキハウスJSC)組を破り、2連覇を果たした。

除染汚染土:再利用、規制庁や専門家疑義

東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の 再利用を巡っては、 問題が山積している。 道路の 盛り土に使った場合、 法定の 安全基準まで放射能濃度が減るの に170年かかるとの 試算が環境省の 非公開会合で示されながら、 長期管理の 可否判断が先送りされた。 この 非公開会合では盛り土の 耐用年数を70年と提示。 道路の 供用終了後も100年間の 管理が必要となることから、 専門家は「非現実的」 と批判する。 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用を巡っては、問題が山積している。道路の盛り土に使った場合、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170年かかるとの試算が環境省の非公開会合で示されながら、長期管理の可否判断が先送りされた。この非公開会合では盛り土の耐用年数を70年と提示。道路の供用終了後も100年間の管理が必要となることから、専門家は「非現実的」と批判する。 原子力規制庁も汚染土の管理に疑義を呈している。原発解体で出る廃棄物の再利用は放射性セシウム濃度が1キロ当たり100ベクレル以下(クリアランスレベル)と関連法で定められているが、環境省は汚染土の再利用上限値を8000ベクレルとした。この上限値について環境省は、規制庁の所管する放射線審議会への諮問を打診。規制庁は「管理せず再利用するならクリアランスレベルを守るしかない」との原則を示し、「普通にそこら辺の家の庭に使われたりしないか」と懸念した。 環境省は再利用の実証実験を福島県南相馬市で行い、改めて審議会への諮問を検討するとみられる。しかし、同市の反発を受けて実験では3000ベクレル以下の汚染土しか使わないため、実験の実効性自体が疑問視されている。【日野行介】 Similarity rank:...

日大選手会見 スポーツ界最大の悲劇だ

日本スポーツ界最大級の 悲劇である。 行き過ぎた勝利至上主義や上意下達など、 大学運動部の 悪(あ)しき部分が凝縮し、 噴出したもの だ。 到底、 看過できるもの ではない。 アメ… 日本スポーツ界最大級の悲劇である。行き過ぎた勝利至上主義や上意下達など、大学運動部の悪(あ)しき部分が凝縮し、噴出したものだ。到底、看過できるものではない。 アメリカンフットボールの定期戦で関西学院大の選手を負傷させた日大の宮川泰介選手が会見を開き、関学選手側に謝罪するとともに、悪質なプレーが監督やコーチの指示によるものであったことを明確に説明した。 これほど悲痛な会見を見たことがない。「顔を出さない謝罪はない」と自ら語ってカメラの放列の前に立ち、深々と頭を下げた。質問者の目を真っすぐに見ながら、必死に言葉を選び続けた。 何より許せないのは、アメフットを愛し、日本代表にも選ばれた選手に「アメフットが好きではなくなった」「この先、競技を続ける権利はない」といわせたことである。監督、コーチらが寄ってたかって1人の選手を追い詰め、危険なタックルを強要し、選手生命を奪おうとしている。 宮川選手は、関学選手を負傷させた加害者であるとして何度も謝罪の言葉を重ねたが、一方で彼は日大アメフット部の被害者でもある。その罪は、首脳陣の方がはるかに大きい。 反則による退場後、事の重大さに泣く宮川選手に、内田正人前監督は「相手のことは考えなくていい。周りに聞かれたら『おれがやらせたんだ』といえ」といい放ったのだという。 ところが社会問題化後は指示の有無について明言せず、「いろいろな臆測に対応し切れない。心外だ」とまで述べていた。 内田氏は監督を辞任したが、大学の実質ナンバー2である常務理事の職は続行する。教育に携わる資格があるのか。日大は相当の決意をもって大学や部のあり方を見直さなければ、社会的存在意義さえ問われる。 関東学生アメリカンフットボール連盟の15大学は21日、この問題を受けて共同宣言を発表し、「日本のフットボールが将来も存続し得るか、極めて強い危機感を持っている」と懸念を示した。日大は「判断できない」として名前を連ねていない。日大こそ、極限の危機感を持つべきである。 宮川選手は、十分に反省している。痛いほど、それは伝わった。なんとか彼が、競技を続ける方策はないだろうか。 Similarity rank: 6.5Sentiment rank: 0.5 TW...

辺野古 「抑止力維持しつつ負担軽減するもの」と防衛相

アメリカ軍普天間基地の 移設計画で、 名護市辺野古の 埋め立て予定地に土砂の 投入が始まって2日目の 15日、 岩屋防衛大臣は、 記者… アメリカ軍普天間基地の移設計画で、名護市辺野古の埋め立て予定地に土砂の投入が始まって2日目の15日、岩屋防衛大臣は、記者団に対し、移設は抑止力を維持しつつ、沖縄の基地負担を軽減するものだとして、粘り強く理解を求めていく考えを重ねて示しました。

財務省記者クラブ、女性記者の調査協力「受け入れられない」 次官セクハラ疑惑で抗議文

週刊新潮が報じた財務省の 福田淳一事務次官による女性記者への セクハラ疑惑をめぐり、 財務省が報道各社の 担当女性記者に異例の 調査協力を求めている問題で、 同省を担当する… 週刊新潮が報じた財務省の福田淳一事務次官による女性記者へのセクハラ疑惑をめぐり、財務省が報道各社の担当女性記者に異例の調査協力を求めている問題で、同省を担当する新聞社やテレビ局などの記者が所属する記者クラブ「財政研究会」(略称・財研)は18日、調査協力について「受け入れられない」とする抗議文を同省に提出した。 抗議文では「調査を行う弁護士事務所は財務省の顧問を務める事務所であり、被害女性のプライバシーや取材記者としての立場がどのように守られるのかが明確でない」と指摘。さらに「被害女性が名乗り出た場合、本人に不利益が生じる二次被害につながる懸念が消えない」とした。 また、福田氏が疑惑発覚後、記者会見を開いていないことから「説明責任を果たすため、早期に記者会見を開くよう」要請した。 ◇ 抗議文の全文は以下の通り。 平成30年4月18日 財務大臣 麻生太郎殿 財務省大臣官房長 矢野康治殿 財政研究会 「福田事務次官に関する報道に係る調査への協力のお願い」について 4月16日、財務省大臣官房長名で財政研究会加盟各社に要請された福田淳一事務次官のセクハラ疑惑に関する調査への協力について、財政研究会としては下記の理由により、受け入れられず、財務省に対し抗議する 「名乗り出ることは大きな心理的負担」 Similarity rank: 11Sentiment rank: -0.2 TW...
Top words timeline