All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

日米貿易協定交渉 来年1月にも開始の見通し

アメリカの トランプ政権は、 日本との 貿易協定の 交渉を始める意向を議会に通知しました。 これによって来年1月にも正式に交渉が始… アメリカのトランプ政権は、日本との貿易協定の交渉を始める意向を議会に通知しました。これによって来年1月にも正式に交渉が始まる見通しとなり、アメリカとしては、日本に対する貿易赤字を削減するため、自動車や農産物の分野で譲歩を迫ることにしています。 日本とアメリカは、先月下旬、安倍総理大臣とトランプ大統領が貿易協定の交渉を始めることで合意しました。 これを受けて、ライトハイザー通商代表は16日、日本との交渉を始める意向を議会に通知しました。 また、EU=ヨーロッパ連合やイギリスとの交渉の開始も通知しました。 アメリカの法律では交渉開始の90日前に、議会への通知が求められていることから、来年1月にも正式に交渉が始まる見通しとなりました。 議会への通知では、「日本に対する貿易赤字は、去年、689億ドルだった。われわれの目的は、関税や非関税障壁に対処し、より公正でバランスがとれた貿易を達成することだ」としていて、日本に対する貿易赤字を削減するため、自動車や農産物の分野で譲歩を迫ることにしています。 ライトハイザー通商代表は「トランプ大統領のリーダーシップの下、日本などとの貿易協定の交渉によって、引き続き貿易や投資を拡大していく」という声明を発表しました。 Similarity rank: 2.3Sentiment rank: 1.3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

サウジ指導者、記者失踪問題で徹底した捜査を約束=米国務長官

[ワシントン 16日 ロイター] - サウジアラビア政府を批判してきた米国在住の サウジ人著名記者がトルコで失踪した問題に関して、 ポンペオ米国務長官は16日、 訪問中の サウジで声明を発表し、 サウジ指導者 [ワシントン 16日 ロイター] - サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人著名記者がトルコで失踪した問題に関して、ポンペオ米国務長官は16日、訪問中のサウジで声明を発表し、サウジ指導者が徹底した透明性の高い捜査を行うことを確約したと明らかにした。 また、ポンペオ氏は「きょう行われたそれぞれの会合で、サウジ指導者はイスタンブールの総領事館内で何が起きたかについて知らないと強く主張している」と説明した。 さらに「全ての事実を究明し、サウジの指導者や高官も含め、説明責任を果たすことにサウジ側が真剣に取り組んでいると、これらの会合により判断した」としている。 Similarity rank: 2.4Sentiment rank: 0.1 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header...

トランプ大統領 サウジ皇太子は関与否定と強調

アメリカの トランプ大統領は、 サウジアラビアの 皇太子と電話で会談し、 サウジアラビアを批判してきたジャーナリストが殺害された… アメリカのトランプ大統領は、サウジアラビアの皇太子と電話で会談し、サウジアラビアを批判してきたジャーナリストが殺害された疑惑について、皇太子が関与を否定したと強調するとともに、サウジアラビア政府がすぐに真相を明らかにするという見通しを示しました。 サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が、トルコにあるサウジアラビア総領事館で殺害された疑惑については、サウジアラビアのムハンマド皇太子が関与した疑いが指摘されています。 これについて、アメリカのトランプ大統領は16日、ツイッターで、ムハンマド皇太子と電話で会談したことを明らかにしたうえで、「彼は総領事館で何があったか全く知らなかった」として、ムハンマド皇太子が関与を否定したと強調しました。 そのうえで、「もう捜査を始めたと言うのですぐに結果がわかるだろう」と投稿し、サウジアラビア政府がすぐに真相を明らかにするという見通しを示しました。 アメリカの複数のメディアは「サウジアラビア政府が『カショギ氏は何者かが尋問した際に誤って死亡させた』と説明する可能性がある」と報じるなど、これ以上、事態が悪化しないよう幕引きを図っているのではないかという見方を伝えています。 また、トランプ大統領もこれまで、「ならず者が関与した可能性がある」と述べるなど、サウジアラビアの王室をかばうような発言を繰り返し、武器の売却など経済的な結びつきが強いサウジアラビアとの関係悪化は避けたい思惑もうかがえます。 Similarity rank: 2.4Sentiment rank: -0.9 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

FRBは「最大の脅威」=トランプ米大統領

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は、 米連邦準備理事会(FRB)が自身にとって「最大の 脅威」 との 考えを示した。 16日放映されたFOXビジネスニュースとの インタビューで、 トランプ大 [ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は、米連邦準備理事会(FRB)が自身にとって「最大の脅威」との考えを示した。16日放映されたFOXビジネスニュースとのインタビューで、トランプ大統領は「FRB当局者の数人について満足していない」と述べた。 トランプ大統領はこれまでにもパウエルFRB議長に対する不満を表明している。 Similarity rank: 3.4Sentiment rank: -0.5 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo =...

辺野古移設、17日にも対抗措置 選挙への影響回避

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の 名護市辺野古への 移設問題を巡り、 政府は17日にも、 沖縄県による埋め立て承認撤回への 対抗措置をとる方針を固めた。 行政不服審査法に基づき国土交通相に審査を請求して撤回の 効力停止を申し立てるか、 裁判所に提訴して撤回の 執行停止の 申し立てや取り消しなどを求めるかを最終調整 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題を巡り、政府は17日にも、沖縄県による埋め立て承認撤回への対抗措置をとる方針を固めた。行政不服審査法に基づき国土交通相に審査を請求して撤回の効力停止を申し立てるか、裁判所に提訴して撤回の執行停止の申し立てや取り消しなどを求めるかを最終調整している。来年の統一地方選や参院選への影響を避けるため、対抗措置と選挙時期をなるべく離すべきだと判断した。 岩屋毅防衛相は16日の記者会見で「沖縄防衛局が万全の準備で法的措置をとるという観点から、慎重に(県の撤回理由を)精査しているところだ」と語った。 県は、翁長雄志前知事の遺志に基づき8月末に承認を撤回。政府側の法的根拠が失われ、工事ができなくなっている。政府は当初、9月30日投開票の知事選後、速やかに対抗措置をとる考えだったが、安倍政権が推す候補が大敗。慎重に時期を計っていた。 対抗措置のうち、国交相への審査請求は、提訴と比べ手続きに時間がかからず、早期の工事再開が可能。ただ、2015年の県による埋め立て承認取り消しの際は、政府がまず国交相に審査請求したが「政府と県の争いを、政府内で処理するのはおかしい」との批判が起きている。【木下訓明】 Similarity rank: 5.8Sentiment rank: -0.8 TW posts: 3TW reposts: 0TW likes: 0TW...

政府 辺野古への移設工事再開へ きょうにも法的措置に入る方向

アメリカ軍普天間基地の 名護市辺野古への 移設をめぐり、 沖縄県が埋め立ての 承認を撤回したことを受けて、 政府は工事の 再開を目指… アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄県が埋め立ての承認を撤回したことを受けて、政府は工事の再開を目指して、17日にも承認の撤回に対抗する法的措置に入る方向で最終調整を進めています。 アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄県はことし8月、死去した翁長前知事の遺志を受け継ぎ、国が講じた環境保全対策に問題があるなどとして、埋め立ての承認を撤回しました。 これによって、埋め立て工事は中断していますが、政府は普天間基地の危険性を除去するために移設を進める方針に変わりないとして、工事の再開を目指し、17日にも承認の撤回に対抗する法的措置に入る方向で最終調整を進めています。 具体的な法的措置としては、行政不服審査法に基づいて、国土交通大臣に撤回の効力を一時停止するよう申し立てることや、撤回の取り消しを求める訴訟を起こすことなどが検討されていて、岩屋防衛大臣が17日午後にも記者会見して明らかにすることにしています。 先月の沖縄県知事選挙で初当選した玉城知事は、前回も含めた2回の知事選挙の結果は、辺野古への移設計画に反対する民意が明確に示されたものだとしていて、今後、政府と沖縄県の対立は一層深まる見通しです。 Similarity rank: 3.1Sentiment rank: -0.3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length)...

記者失踪、容疑者の一人はサウジ皇太子の付き人か 米紙報道

【10月17日 AFP】 サウジアラビアの 著名ジャーナリスト、 ジャマル・ カショギ(Jamal Khashoggi)氏がトルコ・ イスタンブールの サウジ総領事館を訪問後に行方不明になっている問題で、 米紙ニューヨーク・ タイムズ(New York Times)は16日、 トルコ当局が容疑者の 一人について、 ムハンマド・ ビン・ サルマン(Mohammed bin Salman)皇太子に頻繁に付き添っていた人物と特定したと報じた。 【10月17日 AFP】サウジアラビアの著名ジャーナリスト、ジャマル・カショギ( Jamal Khashoggi )氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪問後に行方不明になっている問題で、米紙ニューヨーク・タイムズ(...

サウジ記者失踪、G7が透明性ある捜査要求 総領事はトルコ出国

【10月17日 AFP】 サウジアラビア人の 著名記者がトルコ・ イスタンブールの サウジ総領事館を訪れた後に失踪した問題で、 先進7か国(G7)の 現議長国カナダは16日、 サウジアラビアに「透明性ある」 捜査を求めるG7外相声明を発表した。 【10月17日 AFP】サウジアラビア人の著名記者がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館を訪れた後に失踪した問題で、先進7か国( G7 )の現議長国カナダは16日、サウジアラビアに「透明性ある」捜査を求めるG7外相声明を発表した。 外相らは「サウジアラビア人の著名記者ジャマル・カショギ( Jamal Khashoggi )氏の失踪をわれわれは大変憂慮している。同氏の失踪に責任を負うべきものに責任を取らせなければならない」と表明。 その上で「われわれはトルコとサウジが連携することを勧め、サウジアラビアが徹底的で、信頼でき、透明性のある捜査を速やかに行うことを期待する」としている。 一方、トルコからの報道によると、サウジアラビアのムハンマド・オタイビ( Mohammed al-Otaibi )駐イスタンブール総領事は16日夕(日本時間16日深夜)、定期航空便でイスタンブールを離れサウジアラビアの首都リヤドに向かった。トルコ当局はオタイビ総領事の公邸を捜索する準備を進めている。(c)AFP Similarity rank: 4.3Sentiment...

「地面師」グループ事件 代金を複数口座に分散したあと現金化

大手住宅メーカー「積水ハウス」 が都心の 1等地の 売買をめぐって55億円に上る巨額の 土地代金をだまし取られた事件で、 代金は「… 大手住宅メーカー「積水ハウス」が都心の1等地の売買をめぐって55億円に上る巨額の土地代金をだまし取られた事件で、代金は「地面師」グループの関係者の複数の口座に分散して入金されたあと、現金で引き出され分配されていたことがわかりました。警視庁は、現金でやり取りすることで記録が残らないようにしたとみて捜査しています。 去年、東京・品川区にあるおよそ2000平方メートルの都心の1等地の売買をめぐって、積水ハウスが55億円に上る巨額の土地代金をだまし取られた事件で、土地の所有者になりすました羽毛田正美容疑者(63)ら8人が、偽造された委任状などを使って不正に土地を登記しようとした疑いで、警視庁に逮捕されました。 8人は土地の所有者になりすまして金をだまし取る「地面師」グループで、土地代金の大半は小切手で支払われ、その後、グループの関係者の複数の口座に分散して入金されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。 その後、代金の多くは口座から引き出され、現金でグループ間で分配されたほか、一部は海外の口座に送金されたとみられるということです。 警視庁は、口座間ではなく現金でやり取りすることで記録が残らないようにしたとみて金の流れを捜査しています。 また、事件を主導したとみられ、先週、国外に渡航したカミンスカスと姓を変えた小山操容疑者(58)についても逮捕状を取り、行方を捜査しています。 Similarity rank: 6.4Sentiment rank: -0.9 TW posts: 10TW reposts: 14TW likes: 16TW sentiment: 0 /*jQuery(function() { var...

東電裁判 津波対策を保留した経緯の説明に注目

福島第一原発の 事故をめぐり東京電力の 旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、 16日から被告人質問が始まり、 原発の 安全対策… 福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、16日から被告人質問が始まり、原発の安全対策を担当していた元副社長は当時の科学的見解では原発に巨大津波が到達すると判断する根拠はないと主張しました。被告人質問は17日も行われ、元副社長が津波対策を保留した経緯についてどのように説明するか注目されます。 東京電力の元会長の勝俣恒久被告(78)、元副社長の武黒一郎被告(72)、元副社長の武藤栄被告(68)の旧経営陣3人は、原発事故をめぐって検察審査会の議決によって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴され、いずれも無罪を主張しています。 16日から始まった被告人質問で武藤元副社長が法廷に立ち、原発事故の3年前に当時の担当者が巨大津波を想定する基になった国の地震調査研究推進本部の「長期評価」について、「専門家でも信頼性の意見がばらついていて担当者も信頼性がないと言っていた」と述べ、当時の科学的見解では原発に巨大津波が到達すると判断する根拠はないと主張しました。 一方で、武藤元副社長が担当者から報告を受けた巨大津波の想定結果を武黒元副社長とどのように共有したのかや、報告の1か月余りあとに津波対策を保留した判断の経緯は十分明らかにされていません。 被告人質問は17日も行われ、こうした点について武藤元副社長がどのように説明するか注目されます。 Similarity rank: 4.4Sentiment rank: -0.8 TW posts: 9TW reposts: 4TW likes: 5TW sentiment: 0 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...
Top words timeline