All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Home Japan Japan — in Japanese

アスクルの物流倉庫の火災 煙の勢い衰えず

オフィス用品の 通販大手、 アスクルの 埼玉県三芳町にある物流倉庫で16日に起きた火災は、 発生からおよそ20時間がたった今も煙の 勢いが衰えず、 消火… オフィス用品の通販大手、アスクルの埼玉県三芳町にある物流倉庫で16日に起きた火災は、発生からおよそ20時間がたった今も煙の勢いが衰えず、消火活動が続いています。 16日午前9時ごろ、埼玉県三芳町上富にあるオフィス用品の通販大手、アスクルの物流倉庫から起きた火災は、発生からおよそ20時間がたち、夜通しで消火活動が続けられましたが、煙の勢いは衰えず、現在も鎮火のめどは立っていないということです。 県などによりますと、火災が起きた倉庫は3階建てで、2階と3階部分の少なくとも1万5000平方メートルが焼け、46歳と36歳の2人の男性従業員が煙を吸い込みけがをしたということです。 消防によりますと、火災発生当時、倉庫内には従業員などおよそ400人が働いていたということですが、その後、屋外に避難しました。 アスクルによりますと、この物流倉庫にはおよそ7万種類のコピー用紙や文房具などのオフィス用品が保管され、東京など首都圏向けに発送しているということです。 警察と消防は、消火活動を続けるとともに、火災の原因を調べることにしています。 Similarity rank: 8Sentiment rank: -2.5 TW posts: 20 TW reposts: 0 TW likes: 1 TW sentiment:...

死亡ひき逃げ事件 60歳の運転手逮捕 東京 調布

7日、東京・調布市の交差点で41歳の女性がひき逃げされて死亡した事件で、警視庁はミキサー車の60歳の運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。 7日、午前10時ごろ、調布市国領町の交差点で、世田谷区桜上水の亀田佳味さん(41)が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。 警視庁によりますと、付近の防犯カメラの映像にミキサー車が亀田さんをはねる状況が写っていたということで、警視庁はこのミキサー車を割り出し運転手の特定を進めていました。 その結果、東京・青梅市の会社員、佐藤哲雄容疑者(60)が運転していたことがわかり、ひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕しました。ミキサー車の前方などには人と衝突したような痕があるということです。 警視庁の調べに対し、佐藤容疑者は「車に痕が残っているので事故を起こしたのは間違いないと思うが、当時は気付かずに立ち去ってしまった」と供述しているということです。 現場は信号のある交差点で、亀田さんは現場の近くにある病院に通院する途中だったということです。 Sentiment rank: -9.3 TW posts: 21 TW reposts: 5 TW likes: 6 TW sentiment: 0 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

寒波で30人超死亡 ギリシャでも死者

ポーランドやチェコで氷点下30度以下を記録するなど欧州各地は厳しい寒波に襲われ、9日までの数日間にホームレスや中東などからの移民を含む計30人以上が死亡した。欧米メディアが伝えた。 過去数日間の死者はポーランドで少なくとも10人、イタリアで8人、チェコで6人、ハンガリーで2人に上った。トルコに近いブルガリア山間部では、欧州を目指したイラク人男性2人とソマリア人女性1人が死亡。ギリシャでも死者が出た。 ドイツのバイエルン州の高速道路の駐車場では、子供5人を含む移民19人が密航業者のトラックの荷台に置き去りにされ、低体温症の状態で見つかった。(共同) Similarity rank: 3.2 Sentiment rank: -3.9 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml = jQuery(tdPostRanks).get(0).outerHTML; ...

トランプ大統領 ABCテレビインタビュー要旨

アメリカのトランプ大統領は、ABCテレビの単独インタビューに応じ、25日、放送されました。発言の主な内容です。 私はこの国を安全にしたい。過激派組織IS=イスラミックステートは、われわれの国民の首をはねているのだ。火に対しては、火をもって戦わねばならない。 情報機関の幹部たちに「水責めや拷問は効果があるのか」と尋ねたら「もちろんです」という回答だった。私は間違いなく効果があると感じている。 CIA=中央情報局のポンペイオ長官や、マティス国防長官らに任せるつもりだ。彼らがやりたくないなら、やらないし、やるというなら、それに向けて動き出す。法的に許されるかぎり、すべてのことを実行したい。 Similarity rank: 3.2 Sentiment rank: 6.3 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml =...

文部科学省で天下りあっせんか 前局長が早大教授に再就職で

文部科学省前高等教育局長の大学への再就職が、出身府省の職員による「天下り」のあっせんを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあるとして、内閣府の再就職等監視委員会が同省幹部から事情を聴いていることがわかった。監視委は文科省に対し、あっせんに関与したとみられる同省幹部らの処分を勧告することも検討している。 関係者によると、文科省の前局長は2015年8月に退職し、その後、早稲田大教授に就いた。監視委がこの経緯を調べたところ、前局長の再就職に同省の人事課が関わっていた疑いがあり、事務次官経験者を含む複数の幹部らから事情を聴いているという。 国家公務員法は公務員の再就職について、出身府省の職員によるあっせんや、利害関係のある企業への求職などを禁じている。監視委は調査で違法行為がわかれば各府省に是正を勧告するが、今回、文科省に勧告がなされれば初めてとなる。 Similarity rank: 5.4 Sentiment rank: -1.9 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var tdPostRanksHtml = jQuery(tdPostRanks).get(0).outerHTML; ...

ブラジルの刑務所で暴動、60人が死亡 ギャング同士の衝突で首を切り落とされた囚人も

ブラジル北部アマゾナス州マナウスのアニジオ・ジョビン刑務所で1月1日、暴動が発生し、およそ60人が死亡した。 ロイター通信 によると、暴動は薬物の密売をめぐり敵対関係にあったギャング同士の衝突から始まり、死亡した囚人の何人かは首を切り落とされ、刑務所の壁を越えて投げ捨てられたという。 暴動は17時間におよび、12人の看守を人質に取っていた。アマゾナス州公安局のセルジオ・フォンテス局長は会見で、死者数はさらに増える恐れがあるという。 「これは静かに進行している、血も涙もないもう一つの麻薬密売戦争だ」と、フォンテス氏は語った。 AFP通信 によると、刑務所内に脱走用のトンネルが16本掘られており、当局の発表で87人の囚人が脱走したが、これまでに40人を再び拘束したという。 ハフィントンポスト・ブラジル版 によると、アニシオ・ジョビン刑務所は2016年1月の時点で450人の定員に対して1147人の囚人が収容されており、過剰収容率が254%に達していた。また、看守など刑務所職員は153人で、通常の職員数よりも40%不足していたという。 BBC によると、ブラジルにはおよそ60万人の囚人がおり、世界で4番目に多い。1992年にもサンパウロのカランジル刑務所で大規模な暴動が発生し、警官が鎮圧する際に発砲するなどして囚人111人が死亡した。 脱走者の捜索をする警察の治安部隊 MARCIO SILVA/AFP/Getty Images 脱走者追跡のため捜査車両を出動させる治安部隊 JAIR ARAUJO/AFP/Getty Images アニジオ・ジョビン刑務所の正面入口に集まった囚人たちの親族 MARCIO SILVA/AFP/Getty Images (スライドショーが見られない方は...

【黒崎愛海さん不明】チリ人男を殺人容疑で国際手配 フランス検察

筑波大からフランス東部ブザンソンに留学中の黒崎愛海(なるみ)さん(21)が行方不明になっている事件で、フランス検察当局者が1月3日に記者会見し、 重要参考人として行方を追っている チリ人の男を「計画的殺人」の容疑で国際手配したことを明らかにした。時事ドットコムなどが報じた。 仏当局はこれまで拉致・監禁の容疑で男の行方を追っており、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ12月末、国際手配も行っている。しかし、この日の会見では、当局が単なる誘拐事件ではなく殺人事件として認識していることを明確にした。 会見したルーモリゾー検事は殺人容疑を適用した理由について「遺体は見つかっていないが、捜査の結果、殺害されたと判断した。自殺や自発的な蒸発の可能性は排除している」と語った。ただ、仏チリ両国は犯罪人引き渡し条約を結んでいない。男がチリで逮捕されても、身柄が速やかにフランスに移送されるかは不透明だ。 ( 殺人容疑、チリ人男国際手配=不明女子学生の寮、血痕発見-仏:時事ドットコム より 2017/01/01 05:34) 会見では氏名などは公表しなかったが、検察当局は男について黒崎さんの 「元交際相手」 だとしている。地元警察関係者らは男が20代で筑波大に留学経験があり、チリに逃走したとの 見方を示していた 。 地元メディアなどによると、男は黒崎さんが行方不明となる直前の12月4日夜、一緒にレストランで食事をしたあと、そろって黒崎さんが住む学生寮に戻ったことが 確認されている 。当時、黒崎さんの部屋から叫び声が聞こえたという 複数の証言 もあるという。 黒崎さんが住む学生寮の関係者はNHKの取材に対し、寮の入り口付近で血痕が見つかったと 証言した という。また地元紙 レスト・レピュブリカン...

元工作員「素人かと」 金正男氏殺害、不可解な容疑者像

北朝鮮の 金正恩(キムジョンウン)・ 朝鮮労働党委員長の 異母兄にあたる金正男(キムジョンナム)氏の 殺害事件で、 マレーシア警察が女2人を逮捕した。 北朝鮮工作員による犯行が疑われているが、 容疑者の 言動には不… 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男(キムジョンナム)氏の殺害事件で、マレーシア警察が女2人を逮捕した。北朝鮮工作員による犯行が疑われているが、容疑者の言動には不可解な点も多い。 15日に最初に逮捕されたのはベトナム旅券を持つドアン・ティ・フォン容疑者(28)。警察は、事件当日の13日にクアラルンプール国際空港の出発ロビーにいた金正男氏に近づいて顔にスプレーを吹きかけた実行犯の一人とみている。 フォン容疑者は事件後いったん空港から立ち去ったが、15日に戻り、逮捕された。マレーシアの中華紙・東方日報は「仲間がいなくなり、空港に戻った」などと供述したと報じた。殺意を否認しているという。地元報道によると、取り調べに「いたずら目的だった」「自分は旅行者」などと答え、「自分はネットアイドルだ」とも述べたという。 16日に逮捕されたインドネシア旅券を持つシティ・アイシャ容疑者(25)も、見知らぬ男から「いたずらビデオ」への出演を100米ドルで持ちかけられたと供述したという。 韓国に住む元北朝鮮工作員には、事件が「素人の犯行」に映った。凶器や動機は北朝鮮を思わせるが、容疑者の行動が従来の北朝鮮工作員とかけ離れているからだ。 元工作員によれば、北朝鮮は重… Similarity rank: 1.1 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks =...

武田病院を捜索 組長巡る虚偽診断書作成事件で京都府警

暴力団組長の 腎臓病をめぐる虚偽診断書を作成した容疑で京都府立医科大(吉川敏一学長)などが家宅捜索された事件で、 京都府警は15日午前、 心臓病について虚偽の 診断書を作り大阪高検に提出した疑いがあるとして… 暴力団組長の腎臓病をめぐる虚偽診断書を作成した容疑で京都府立医科大(吉川敏一学長)などが家宅捜索された事件で、京都府警は15日午前、心臓病について虚偽の診断書を作り大阪高検に提出した疑いがあるとして、民間の「武田病院グループ」の「康生会・武田病院」(京都市下京区)や同グループの武田隆久理事長の自宅について、虚偽診断書作成などの疑いで家宅捜索を始めた。 捜査関係者によると、武田病院の心臓担当医は昨年2月、暴力団組長の高山義友希(よしゆき)受刑者の心臓の状態について「重症心室性不整脈」「これからも不整脈が頻発」などと、実際とは異なる虚偽内容の意見書を作成し、大阪高検に提出した疑いが持たれている。 JR京都駅近くの武田病院は、京都府内で多数の医療機関を経営するグループの中核施設。午前9時45分ごろに府警の捜査車両が到着し、捜査員約10人が病院内に入った。不整脈の診療で訪れた男性(73)は「病院や医師の対応が良く、こんなことが起きるなんて信じられない」と話した。 武田理事長は15日朝、朝日新聞の取材に応じ「不整脈の診断は事実に基づいたものだと思う」と捜索容疑を否定した。意見書の内容について高山受刑者側から依頼を受けたことはないとし、担当医からは「重症の不整脈で突然死の可能性があり、医療刑務所が相当と書いたと聞いている」と説明。心臓担当医と高山受刑者の関係についても「医者と患者との関係だと思う」と話した。 一方、腎臓病の虚偽診断書を作成した疑いで家宅捜索を受けた京都府立医科大付属病院の荒田均事務部長は14日夜、報道陣に対し、捜索容疑について「虚偽の診断はしていない」「(意見書に)手心を加えようとしたことはない」と述べた。高山受刑者と吉川学長との関係については「学長から病院の敷地内で会ったことがあると聞いているが、詳細はわからない」と話した。 Similarity rank: 3.3Sentiment rank: -3 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

戻らぬ妻、探偵雇い…捜査動かした夫 元少女の初公判

名古屋市で女性を殺害したほか、仙台市で同級生2人に劇物「硫酸タリウム」入りの飲料水を飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元少女(21)の裁判員裁判の初公判が16日、名古屋地裁で始まった。 事件から2年1カ月。森外茂子(ともこ)さんの夫(83)は初公判の16日午後から裁判を傍聴する予定だ。 毎朝、小さな仏壇の遺影に向かって手を合わせる。ベッドの枕も衣類も処分していない。「当時のままだよ。妻がいなくなってから、何も触っていない」。妻が手入れしていた、玄関に置かれた造花のバラは薄くほこりをかぶっていた。 2014年12月7日は日曜日だった。夕方、ゴルフから名古屋市内の自宅に帰ると妻はいなかった。「電話もなく家を出たことは一度もなかった」。夜になって警察に通報した。それから連日、警察署に足を運んだが、進展はなかった。「早く見つけてあげたい」と、100万円を出して探偵に調査を依頼した。 あの日曜日。妻は知人だった元少女と会い、午後に2人の足どりが途絶えたことが分かった。探偵の調査報告書を県警に持参し、捜査は動いた。翌年1月27日、県警は元少女宅で森さんの遺体を発見し、元少女を殺人容疑で逮捕した。 遺体安置所で妻と対面した。涙… Similarity rank: 6.5 Sentiment rank: -97.5 jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { var...
Top words timeline