菅義偉官房長官は8日午前の 記者会見で、 米ワシントンで開催された安倍晋三首相とトランプ大統領の 首脳会談について「米朝首脳会談の 直前の タイミングで日米両首脳が直接、 …
菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、米ワシントンで開催された安倍晋三首相とトランプ大統領の首脳会談について「米朝首脳会談の直前のタイミングで日米両首脳が直接、今後の方針を確認できたのは、時宜を得た極めて有意義なことだった」と評価した。
菅氏は、拉致問題について「トランプ氏から米朝首脳会談で提起するとの力強い発言があり、早期解決に向けて日米で緊密に協力していくことを再確認した」と強調した。
トランプ氏が北朝鮮に対し「最大限の圧力」という表現を使わないとしていることに関しては「トランプ氏は北朝鮮が非核化を実現するまで制裁は解除しないと発言している。日本の立場もまったく同じで、日米は完全に一致している」との認識を示した。「拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決なしに国交正常化はありえない。経済協力も行わない」とも語った。

Continue reading...