All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

遺棄容疑の男「会った日に」「全員殺した」座間9人遺体

神奈川県座間市緑ケ丘6丁目の アパートの 室内で9人の 切断された遺体が見つかり、 この うち1人の 遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕された職業不詳、 白石隆浩容疑者(27)が「9人全員を殺した」 などと供述… 神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパートの室内で9人の切断された遺体が見つかり、このうち1人の遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕された職業不詳、白石隆浩容疑者(27)が「9人全員を殺した」などと供述していることが、警視庁への取材でわかった。「金銭やわいせつ目的だった」とも話しているといい、同庁は詳しい動機や殺害方法などについて調べている。 捜査関係者らによると、白石容疑者は現場アパートに8月22日に入居。これ以降に9人全員を殺害したという。いずれもツイッターのやりとりを通じて知り合ったとし「転居後、初めて会ったその日に殺した」と供述。「同意がないまま殺した」「気絶させるために首を絞めた」とも話しているという。 白石容疑者は、ネットで自殺についてやりとりする中で呼び寄せた人もいたと説明し、多くて50万円ほど奪ったと話しているという。遺体のうち8人は女性とみられる。白石容疑者は「遺体を浴室で解体した」と話し、室内からはのこぎりが見つかった。捜査1課は、遺体を損壊した際に使用したとみている。 同課によると、白石容疑者は、… Similarity rank: 6.9Sentiment rank: -7 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

台風21号で線路グニャリ…南海本線11月1日運転再開も「復旧費用は算定できない」 高野線は運行めど立たず

通期業績予想は最終増益南海電鉄が31日発表した29年9月中間連結決算は、 売上高にあたる営業収益が前年同期比1・ 8%減の 1082億円、 営業利益は同5・ 1%減の 16… 通期業績予想は最終増益 南海電鉄が31日発表した29年9月中間連結決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比1・8%減の1082億円、営業利益は同5・1%減の167億円、最終利益は同5・4%増の101億円だった。 賃金上昇などに伴い人件費が約5億円増えたことが響き、営業利益は減少した。最終利益は、前期に商業施設「なんばパークス」(大阪市浪速区)のリニューアルに伴う損失を計上した反動などから増益となった。 30年3月期の通期連結業績予想は、営業収益が前期比4・2%増の2311億円、営業利益は4・0%増の331億円、最終利益は15・5%増の190億円とした。 Similarity rank: 6Sentiment rank: 1.9 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

サイバー攻撃対応で日本と協力 ストルテンベルグ・NATO事務総長が都内で記者会見

来日中の 北大西洋条約機構(NATO、 本部ブリュッセル)の ストルテンベルグ事務総長は31日、 東京都内の 日本記者クラブで記者会見し、 サイバー攻撃への 対応をめぐって日… 来日中の北大西洋条約機構(NATO、本部ブリュッセル)のストルテンベルグ事務総長は31日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、サイバー攻撃への対応をめぐって日本と技術交流や情報交換を進めるなど、協力を強化する方向で一致したと述べた。 ストルテンベルグ氏は、安倍晋三首相や小野寺五典防衛相らとの会談を通し、協力強化に「非常に強い支持を得られたと感じた」と強調した。 エストニアの首都タリンにあるNATOの「サイバー防衛センター」での訓練参加などにも日本政府が「興味を示した」とし、双方の能力と技術を合わせれば効果的で迅速な対応ができると期待を示した。(共同) Similarity rank: 5.5Sentiment rank: 0.3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

カタルーニャ前首相を召喚=指名手配も視野-スペイン司法当局

【パリ時事】 スペイン司法当局は10月31日、 東部カタルーニャ自治州の 独立運動を指揮した自治州政府の プチデモン前首相を含む幹部13人を週内に召喚する方針を決めた。 応じない場合は前首相らを指名手配し、 関係国にも協力を求めるとみられる。 地元メディアが伝えた。 スペ 【パリ時事】スペイン司法当局は10月31日、東部カタルーニャ自治州の独立運動を指揮した自治州政府のプチデモン前首相を含む幹部13人を週内に召喚する方針を決めた。応じない場合は前首相らを指名手配し、関係国にも協力を求めるとみられる。地元メディアが伝えた。 スペイン検察は30日にプチデモン氏らについて国家反逆などの罪で訴追手続きに着手しており、司法当局がこれを承認した形。ただ、プチデモン氏は州政府の前幹部5人と共にベルギーに出国し、安全が確保されるまで帰国しない意向だ。国家反逆罪は、最大で禁錮30年が科される重罪。(2017/11/01-05:51) 関連ニュース 【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】 Similarity rank: 4.9Sentiment rank: -0.2 TW posts: 0TW reposts: 0TW likes: 0 /*jQuery(function() { var...

パナソニック上期決算で営業利益10.4%増–「収益力は着実に向上」

パナソニックは、 2017年度上期(4~9月)の 連結業績を発表。 売上高は前年同期比9.0%増の 3兆8578億円、 営業利益は10.4%増の 1965億円、 税引前利益は7.6%増の 1947億円、 当期純利益は10.9%減の 1189億円となった。 パナソニックは、2017年度上期(4~9月)の連結業績を発表。売上高は前年同期比9.0%増の3兆8578億円、営業利益は10.4%増の1965億円、税引前利益は7.6%増の1947億円、当期純利益は10.9%減の1189億円となった。 パナソニック取締役執行役員CFOの梅田博和氏は、「2017年度は増収増益に転じる年と位置づけるなか、オートモーティブや二次電池を含むエナジーなどによる車載事業や、産業向けデバイス事業の成長によって、第1四半期に引き続き、増収増益を達成できた。フィコサの新規連結も増収に貢献しているほか、パソコンなどが好調なモバイルソリューションズや実装機の販売が伸びたプロセスオートメーション、車載、産業向けデバイスが堅調なインダストリアルが着実に成長。営業利益についても、銅などの原材料高騰の影響を受けたものの、合理化の効果や、車載および産業分野へと『転地』を進めているインダストリアル分野での収益向上、高成長事業と位置づけるメカトロニクスが堅調に推移。液晶パネル事業やデバイスソリューションの収益改善が進んだ」とし、「すべてのセグメントで、事業から創出される利益は増益となっており、収益力は着実に向上している」と総括した。 セグメント別では、アプライアンスの売上高が前年同期比4%増の1兆3274億円、営業利益は5%増の727億円となった。 天候不順の影響を受け、エアコンがアジアで落ち込んだほか、インドでの税制度の改革によって個人消費が低迷した影響があったが、中国や欧州市場において挽回して増収となったほか、アジアでのテレビ販売が伸長したことに加え、欧米でミラーレス一眼カメラが引き続き好調に推移したという。 だが、エアコン事業は、減販や原材料の高騰により、通期見通しを修正。売上高は200億円減の4945億円、営業利益は31億円減の276億円とした。また、テレビ事業は、通期見通しを修正。販売伸長によって売上高を200億円増の3249億円としたが、単価下落や部品価格上昇を反映して、営業利益は25億円減の7億円とした。 パナソニック代表取締役社長の津賀一宏氏は、「液晶テレビは4Kになっても価格競争は起こる。一方で、液晶パネルは調達する仕組みとなっており、その結果、在庫を増やさずに、販売するという、オペレーション力を問われる事業になっている。収益向上に特効薬があるとは思っていない。赤字にはしないという姿勢で事業を回していくことになる」と述べた。 エコソリューションズは、前年同期比4%増の7573億円、営業利益は1%減の213億円。エナジーシステムでは、海外住宅関連、国内ビルおよび施設向け需要が堅調に推移。日本およびアジアでは、電設資材を中心に増収となった。また、ハウジングシステムでは、国内リフォーム市場が堅調に推移する中、システムキッチンやバス向けの中高級品などの販売が成長を牽引したという。一方で、ソーラー事業は、構造改革費用の影響により減益だったが、その他の事業では、価格下落や資材価格高騰の影響を、増販効果や合理化でカバーして増益になった。 コネクティッドソリューションズの売上高は、前年同期比7%増の5313億円、営業利益は11%増の404億円。プロセスオートメーションは、第1四半期に続き、スマートフォン業界向けを中心に販売した実装機が好調に推移したほか、メディアエンターテインメントでは、中国レンタル業界向け案件などで、高輝度プロジェクタなどの販売が伸長。モバイルソリューションズは、ゼテスの新規連結効果に加えて、日本におけるノートPCの好調や、決済端末の好調によって増収になった。営業利益は、メディアエンターテインメントの機種構成の良化や、モバイルソリューションズやプロセスオートメーションなどの増販が寄与したという。 オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、売上高が前年同期比14%増の1兆3430億円、営業利益は31%減の385億円となった。 第2四半期は、米国および英国の自動車市場が低調だったものの、中国などほかの主要国で前年を上回り好調を維持したほか、産業分野でも半導体製造装置や工作機械などの需要拡大が続き、増収となった。また、フィコサの新規連結効果もあった。エナジーでは、車載電池において、円筒形および角形ともに事業を拡大しており、インダストリアルでは、車載向けや産業向けデバイスが増収となった。また、液晶パネル事業の収益改善効果があったという。 なお、二次電池は、第2四半期に121億円の減益となっているが、これは、前年の一時利益の影響であり、事業から創出される利益は24億円の増益になっているという。 一方、2017年度(2017年4月~2018年3月)の連結業績見通しはそのまま据え置き、売上高は前年比6.27%増の7兆8000億円、営業利益は21.0%増の3350億円、税引前利益は18.2%増の3250億円、当期純利益は7.1%増の1600億円としている。 梅田氏は「下期は、上期同様の成長が継続すると見込んでいる。営業利益についても、将来に向けた投資や原材料の高騰影響があるものの、増販益が貢献して、引き続き増益になる見通しである」としたほか、津賀氏は、「2017年の公表値のクリアについては、かなりの手応えを感じているが、上方修正をしないのは、テスラをはじめとした不透明要素がある。公表値をボトムに上積みしたいと考えている。2018年に向けては、そこから1000億円の積み上げが必要だが、その過半がオートモーティブ&インダストリアルシステムズになる。だが、液晶パネルなどの収益改善事業の改善が進むこと、メカトロニクスなどのインダストリアル事業も収益が伴って成長することも必要だ。高成長事業がインフォテイメントや二次電池が、テスラの影響を受けている。ここが落ち着いてくれば残りの半分の積み上げが可能になる」と説明した。 テスラのギガファクトリーにおける電池が予定通りに生産されていない点については、「2017年1月以降、電池は順調に生産を続けてきたが、テスラ側で、モデル3の生産の立ち上がりに苦戦しており、電池の生産量がクルマの生産量を上回る状況が生まれている。そこで電池の使途を蓄電用に切り替え、蓄電用電池を生産している。電池がないために、テスラの生産の足を引っ張るという状況は作らずにいられている。モデル3は生産の自動化の問題であり、これが解決し、生産が立ち上がれば、増産体制を加速することになる」と述べた。...

両陛下、フィリピンのドゥテルテ大統領と会見

天皇、 皇后両陛下は31日、 皇居・ 御所で、 フィリピンの ドゥテルテ大統領とパートナーの アバンセーニャさんと初めて会見した。 戦時中、 フィリピンは日米両軍の 戦場となり、 多くの フィリピン住民が巻き込まれて亡… 天皇、皇后両陛下は31日、皇居・御所で、フィリピンのドゥテルテ大統領とパートナーのアバンセーニャさんと初めて会見した。 戦時中、フィリピンは日米両軍の戦場となり、多くのフィリピン住民が巻き込まれて亡くなった。宮内庁によると、天皇陛下は「先の大戦では多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」と述べ、大統領は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、今日の素晴らしい協力関係を築いてきました」とこたえた。 戦前にフィリピンに渡った日本人移民についても話題になり、天皇陛下が「マニラ麻の栽培に携わったと承知しています」と伝えると、大統領は自身が市長を務めた南部ダバオ市に触れ「数年前に日本人移民の人たちのための記念碑をつくりました」と話した。 大統領は最初は緊張気味だったが、徐々に打ち解けた雰囲気になったという。両陛下と大統領は昨年10月に会見予定だったが、三笠宮さまの逝去で中止になっていた。(緒方雄大、 島康彦 ) Similarity rank: 4.2Sentiment rank: 6.3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo =...

工藤会トップ、起訴内容を否認 上納金脱税事件の初公判

指定暴力団工藤会(北九州市)の 「上納金」 を巡る脱税事件で、 所得税法違反の 罪に問われた工藤会トップで総裁の 野村悟被告(70)の 初公判が31日、 福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれた。 野村被告は「私の 所得と… 指定暴力団工藤会(北九州市)の「上納金」を巡る脱税事件で、所得税法違反の罪に問われた工藤会トップで総裁の野村悟被告(70)の初公判が31日、福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれた。野村被告は「私の所得と言われたものは、私のものではありません」と述べて起訴内容を否認し、無罪を主張した。 野村被告は、2010~14年に建設業者などから上納されたみかじめ料のうち、約8億1千万円を個人所得にしながら別人名義の口座に隠し、所得税約3億2千万円を脱税したとして起訴された。14年9月に逮捕されて以来、野村被告が公の場に姿を見せるのは初めて。 裁判の争点は、口座に入金されたみかじめ料が野村被告の個人所得にあたるかどうかだ。 検察側は冒頭陳述で、みかじめ料は工藤会の金庫番の山中政吉被告(66)=所得税法違反罪で起訴=に集められ、野村被告ら最高幹部と工藤会本体の取り分として、それぞれの口座に振り分けられていたと指摘。「そこから払い戻された現金が、野村被告個人の用途に充てられていた」などと主張した。 一方、弁護側は「金は野村被告個人の所得ではなく、工藤会の金だ」と述べ、課税対象とはならないと主張した。 この日は、山中被告の審理も合… Similarity rank: 5.3Sentiment rank: -4.8 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var...

サムスン3代目体制へ世代交代 代表取締役に50代3人

韓国の サムスン電子は31日、 代表権を持つ取締役3人全員が2018年3月に退任する人事を発表した。 3人はいずれも60代で、 後任に50代の 幹部を任命。 グループを事実上率いる李在鎔(イ・ ジェヨン)副会長( 韓国のサムスン電子は31日、代表権を持つ取締役3人全員が2018年3月に退任する人事を発表した。3人はいずれも60代で、後任に50代の幹部を任命。グループを事実上率いる李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(49)に近い世代を登用し取締役会の陣容を刷新する。同氏は業績好調の機をとらえ、拘置所の中からグループ内の引き締めを図った。父親で闘病中の李健熙(イ・ゴンヒ)会長(75)から3代目の会長職を引き継ぐ舞台… 韓国のサムスン電子は31日、代表権を持つ取締役3人全員が2018年3月に退任する人事を発表した。3人はいずれも60代で、後任に50代の幹部を任命。グループを事実上率いる李在鎔(イ・ジェヨン)副会長( …続き (10/31) 韓国の起亜自動車は27日、2017年7~9月期の連結営業損益が10年ぶりの赤字に転落したと発表した。春先から続く世界販売の低迷に加え、従業員が会社側に未払い賃金の支払いを求めた訴訟を巡り、1兆ウォン …続き (10/28) シンガポールの農産物商社大手、オラム・インターナショナルがIT(情報技術)を駆使して農業と農産物物流の“スマート化”に乗り出した。アジアやアフリカなど50万の農園からデータを集め、栽培や物流の効率を …続き (10/27) Similarity rank: 9Sentiment rank: 1.6 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo =...

「猟奇殺人」「アパートの一室で何が」 韓国など海外メディアも関心

神奈川県座間市の アパートで9人の 遺体が見つかった事件は、 海外メディアの 注目も集めた。 韓国メディアは31日「猟奇殺人」 (KBSテレビ)、 「アパートの 一室で何が」 (… 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、海外メディアの注目も集めた。韓国メディアは31日「猟奇殺人」(KBSテレビ)、「アパートの一室で何が」(京郷新聞電子版)など関心を持って伝えた。 韓国では2004年、出張マッサージの女性ら21人を殺害し、遺体を切断して埋めた男が逮捕され、男は後に死刑判決が確定。事件をテーマにした映画も製作された。 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は「連続殺人犯か」と報道。米メディアは昨年7月に相模原市の知的障害者施設で入所者らが殺傷された事件などを引き合いに、日本は世界有数の治安が保たれた国だが「最近、注目を集める事件が起きている」(AP通信)と報じている。(共同) Similarity rank: 9Sentiment rank: -71.4 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if...

「中国式白タク」容疑で逮捕 訪日客狙い、各地で問題化

訪日中国人客を相手に無許可でタクシー営業をしたとして、 大阪府警は31日、 無職唐家栄容疑者(28)=大阪市東成区=ら中国籍の 男3人を道路運送法違反(無許可一般旅客自動車運送事業経営)の 疑いで逮捕し、 発… 訪日中国人客を相手に無許可でタクシー営業をしたとして、大阪府警は31日、無職唐家栄容疑者(28)=大阪市東成区=ら中国籍の男3人を道路運送法違反(無許可一般旅客自動車運送事業経営)の疑いで逮捕し、発表した。こうした営業は、空港や観光地で訪日外国人客(インバウンド)相手の「中国式白タク」と呼ばれ、各地で問題になっている。 国際捜査課によると、他に逮捕したのは、運転手の男2人。唐容疑者らは国土交通相の許可を得ずに6~9月、7回にわたって関西空港から大阪市内などに観光客計約40人を料金を取って運送した疑いがある。唐容疑者は「来日した友達をホテルや観光地に送っただけで、金はもらっていない」と容疑を否認。運転手2人は「唐容疑者の依頼で報酬をもらい送迎した」と容疑を認めているという。 同課は、唐容疑者らの車が、多くの荷物を持つ訪日客を乗せて関空と大阪市内を何度も行き来するのを確認し、白タクとして営業していると判断したという。さらに、唐容疑者が中国語の配車アプリを介し、訪日客からの依頼を受けて営業していたとみている。アプリ上では、関空から大阪市内の片道料金は約1万3千円に設定され、決済もできる仕組みという。 国交省によると、中国式白タクは訪日客が多い沖縄や東京でも確認されているが、台数などの詳しい実態はわかっていない。正規のタクシーと違って二種免許を持たないため運転技能が担保されていないほか、任意保険への加入がない場合もあるため、事故時の補償が不十分になる恐れがあるという。 Similarity rank: 9Sentiment rank: -3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...
Top words timeline