All for Joomla All for Webmasters

Japan — in Japanese

Home Japan Japan — in Japanese

五輪経費分担で大筋合意=都、組織委など-都外自治体も、31日に会合

2020年東京五輪・ パラリンピックの 大会経費の 分担について、 東京都と大会組織委員会、 国が大筋で合意したことが24日、 関係者の 話で分かった。 都が試算した1兆3900億円の 大枠の うち、 都と組織委が各6000億円、 国が1500億円を負担する。 残り400億円は都外で 2020年東京五輪・パラリンピックの大会経費の分担について、東京都と大会組織委員会、国が大筋で合意したことが24日、関係者の話で分かった。都が試算した1兆3900億円の大枠のうち、都と組織委が各6000億円、国が1500億円を負担する。残り400億円は都外で競技会場のある関係自治体に負担を求める。 これに関し、 丸 川 珠 代 五輪担当相は24日、国と都、組織委、関係自治体による協議会を31日に開くことを明らかにした。関係自治体が負担を受け入れるとの見通しも示した。丸川氏は東京都内で記者団に「(各自治体の)議会に説明の付く範囲で、お互いの納得がいったと理解している」と語った。 費用分担について、小池百合子都知事も24日、「詰めの作業も見えてきた。これからは機運醸成に力を入れていきたい」と強調。これに対し、関係自治体の一つである埼玉県の上田清司知事は「結果としてあり得ることは否定しない」と述べる一方、「(都から要請は)全くない」と不快感を示した。共に都内で記者団の質問に答えた。(2017/05/24-13: 45) 関連ニュース 【政治記事一覧へ】...

常習的に金塊密輸か 韓国人4人を再逮捕

先月、 福岡空港から7億円を超える現金を無許可で国外に持ち出そうとしたとして逮捕・ 起訴された韓国人の 男4人が、 逮捕前、 福岡空港から6キロの 金塊… 先月、福岡空港から7億円を超える現金を無許可で国外に持ち出そうとしたとして逮捕・起訴された韓国人の男4人が、逮捕前、福岡空港から6キロの金塊を密輸しようとした疑いがあるとして、関税法違反などの疑いで再逮捕されました。警察は4人が常習的に金塊を密輸していたと見て背後関係などを調べています。 再逮捕されたのは、いずれも韓国人のイ・ヒョンウ容疑者(34)、ビョン・ソンフン容疑者(35)、ハ・ソンジン容疑者(31)、パク・ジェヨン容疑者(36)の4人です。 4人は先月20日、福岡空港から7億円余りの現金を無許可で香港に持ち出そうとしたとして関税法違反の疑いで逮捕され、その後起訴されました。警察によりますと、その後の調べで4人は逮捕される8日前、別の韓国人の男とともに韓国から福岡空港に金塊6キロ、およそ2800万円相当を密輸しようとしていた疑いがあることがわかったということです。実際に金塊を持ち込もうとしたのは、別の韓国人の男だったということです。 警察は4人の認否を明らかにしていません。警察は4人が韓国と日本の間を頻繁に行き来していたことから、常習的に金塊を密輸していたと見て背後関係を調べるとともに、持ち出そうとしていた7億円余りの現金についても密輸に関連した資金だった疑いがあると見て捜査しています。 Similarity rank: 2.1Sentiment rank: -3 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var tdPostRanks = '#td_post_ranks'; if (jQuery(tdPostRanks).length) { ...

外為12時 円、反落し111円台後半 日米金利差の拡大と株高で

24日午前の 東京外国為替市場で円相場は反落した。 12時時点では1ドル=111円83~86銭と前日17時時点に比べ64銭の 円安・ ドル高水準で推移している。 前日の 米長期金利の 上昇(価格の 下落)で日米金利 24日午前の東京外国為替市場で円相場は反落した。12時時点では1ドル=111円83~86銭と前日17時時点に比べ64銭の円安・ドル高水準で推移している。前日の米長期金利の上昇(価格の下落)で日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが進んだ。日経平均株価の上昇を背景に、投資家がリスクをとる姿勢が強まり「低リスク通貨」とされる円に売りが出やすかった面もある。 円は売り一巡後は下げ渋った。日本時間の25日未明に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えて、積極的に持ち高を一方向に傾ける動きは限られた。米格付け会社が中国の国債を格下げしたと伝わってリスク選好姿勢が後退し、円を買い戻す投資家も多かった。 9~12時の円の安値は111円96銭近辺で、高値は111円74銭近辺で、値幅は22銭程度だった。 円は対ユーロで小幅に反発した。12時時点では1ユーロ=125円09~12銭と同2銭の円高・ユーロ安水準で推移している。 ユーロは対ドルで反落した。12時時点では1ユーロ=1.1183~86ドルと同0.0067ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕 Similarity rank: 5.5Sentiment rank: 0 TW posts: 1TW reposts: 0TW likes: 0TW sentiment:...

商工中金に立ち入り検査=不正融資の実態解明-金融庁

政府系金融機関の 商工中金が国の 特別な支援制度に基づく融資で不正行為を繰り返していた問題で、 金融庁は24日午前、 東京都内の 本店への 立ち入り検査に着手した。 今後、 数カ月をかけて、 資料の 分析や聞き取り調査を行う見通し。 検査の 結果、 法令順守や内部管理で新たな問題が判 政府系金融機関の商工中金が国の特別な支援制度に基づく融資で不正行為を繰り返していた問題で、金融庁は24日午前、東京都内の本店への立ち入り検査に着手した。今後、数カ月をかけて、資料の分析や聞き取り調査を行う見通し。検査の結果、法令順守や内部管理で新たな問題が判明すれば、改めて行政処分を行うことも検討する。 主務官庁の経済産業省、財務省と協力して不正の実態解明に取り組む。商工中金に歴代トップを送り込んできた経産省ではなく、金融機関の監督を専門に行う金融庁が検査を主導する。焦点となる経営陣を含めた組織的な関与に関する調査や責任追及などを徹底する。 不正が発覚したのは、金融危機や自然災害で経営が悪化した中小企業に国の支援制度を使って低利で資金を貸し付ける「 危 機 対 応 融 資 」。商工中金の第三者委員会の調査によると、本来対象にならない企業に低利で融資するため、財務データを改ざんするなどの不正行為が全国で繰り返されていた。本店での不正の隠蔽(いんぺい)行為も確認されており、金融庁は厳しく検査を進める。(2017/05/24-12: 11)...

WHO、次期事務局長にテドロス氏 元エチオピア保健相

スイス・ ジュネーブで開催中の 世界保健機関(WHO)の 年次総会で23日、 事務局長選の 投開票が行われ、 テドロス・ アダノム・ ゲブレイェスス・ 元エチオピア保健相(52)が次期事務局長に選出された。 アフリカか… スイス・ジュネーブで開催中の世界保健機関(WHO)の年次総会で23日、事務局長選の投開票が行われ、テドロス・アダノム・ゲブレイェスス・元エチオピア保健相(52)が次期事務局長に選出された。アフリカからは初めて。チャン現事務局長の後任として今年7月1日に就任する。任期は5年。 テドロス氏は契約書に署名した後、各国の代表団を前に「世界の半数の人しか医療にアクセスできない。これは改善しなくてはならない」と演説した。WHOによると、テドロス氏は現エリトリアのアスマラで1965年に生まれたエチオピア人。地元の大学で生物学の学士号をとった後、英ロンドン大で修士号、英ノッティンガム大で博士号を取得した。エチオピアで2005年から12年まで保健相を務め、来日した経験もある。投票直前の演説では、政治家と… Similarity rank: 3.2Sentiment rank: 2.5 TW posts: 0TW reposts: 0TW likes: 0 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

3省庁、商工中金に立ち入り検査 責任追及、長期化も視野

国の 制度融資で不正が発覚した商工中金に対し、 金融庁、 経済産業省、 財務省は24日、 立ち入り検査に着手した。 3省庁は既に業務改善命令を出しており、 合同検査で不正の 背景や組織運営の 問題点を洗い出す。 長期に及ぶ検査も視野に責任追及を徹底する構えで、 新たな不正が判明すれば… 国の制度融資で不正が発覚した商工中金に対し、金融庁、経済産業省、財務省は24日、立ち入り検査に着手した。3省庁は既に業務改善命令を出しており、合同検査で不正の背景や組織運営の問題点を洗い出す。長期に及ぶ検査も視野に責任追及を徹底する構えで、新たな不正が判明すれば追加の行政処分につながる可能性もある。 商工中金は3省庁から今月9日に業務改善命令を受け、6月9日までに再発防止策などをまとめた業務改善計画を提出することになっている。商工中金の自主的な調査では原因究明がおろそかになる懸念があるため、ノウハウを持つ金融庁が主導して厳格に検査する。 Similarity rank: 3.4Sentiment rank: -2.8 TW posts: 3TW reposts: 0TW likes: 0TW sentiment:...

中国「北朝鮮と対話が重要」 安保理、日米との溝鮮明

北朝鮮が21日に弾道ミサイルを発射したことを受け、 国連安全保障理事会は23日午後(日本時間24日未明)、 米ニューヨークの 国連本部で緊急会合を開いた。 2週連続の 発射への 非難で各国の 足並みはそろったが、 … 北朝鮮が21日に弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安全保障理事会は23日午後(日本時間24日未明)、米ニューヨークの国連本部で緊急会合を開いた。2週連続の発射への非難で各国の足並みはそろったが、日米などが制裁強化を模索する中、北朝鮮の友好国・中国は対話重視の姿勢を鮮明にした。新たな圧力強化策では一致せず、目立った進展はなかった。 非公開の会合後、中国の劉結一・国連大使は記者団の質問に異例の長さで応じ、「(北朝鮮との)対話そのものが大変重要。なぜなら朝鮮半島の非核化に向けた努力を振り返れば、全てが対話の結果として達成できたからだ」と強調。その上で「現状で対話しない理由はない。政治的な意思が必要だ」とも主張した。 また、劉氏は「過去の制裁決議の措置は着実に履行されるべきだが、同時に緊張緩和にも努めるべきだ」と述べた。圧力強化をめざす日米や英仏などとの溝が明らかになった格好だ。 一方、日本の別所浩郎・国連大… Similarity rank: 5.2Sentiment rank: 0.8 TW posts: 5TW reposts: 0TW likes: 1TW sentiment: -3.3 /*jQuery(function()...

イギリス政府 警戒レベルを10年ぶり最高度に引き上げ

イギリス中部の マンチェスターで起きた、 8歳の 女の 子を含む22人が犠牲になったテロ事件で、 イギリス政府は、 さらなるテロが差し迫っている危険があ… イギリス中部のマンチェスターで起きた、8歳の女の子を含む22人が犠牲になったテロ事件で、イギリス政府は、さらなるテロが差し迫っている危険があるとして、警戒レベルを10年ぶりに最高度に引き上げ、厳重な警備態勢を敷いています。 イギリス中部のマンチェスターで22日夜、アメリカの人気歌手のコンサート会場の付近で大きな爆発が起き、これまでに22人が死亡、59人がけがをしました。犠牲者には8歳の女の子のほか10代の若者が多く含まれていて、事件のあと市の中心部にある市役所の前には大勢の市民が集まり、黙とうをささげていました。 警察は、事件をサルマン・アベディ容疑者(22)による自爆テロと見ています。アベディ容疑者は、リビア出身の両親のもとイギリスで生まれた移民2世で、地元の大学に通っていたと伝えられていて、過激派組織IS=イスラミックステートが事件の関与を主張する声明を出していることから、警察は、関係先を捜索するなどして動機や背後関係を慎重に捜査しています。 事件を受けて、メイ首相は23日夜、さらなるテロが差し迫っている危険があるとして、5段階ある警戒レベルを10年ぶりに最高度に引き上げると発表しました。これを受けて、武装した警察官や軍の兵士が街で警備に当たる厳重な態勢が敷かれることになり、事件の影響は、イギリスで暮らす人たちや訪れる人たちにも広がっています。 Similarity rank: 4.3Sentiment rank: -1 TW posts: 22TW reposts: 35TW likes: 18TW sentiment: 0 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...

東京外為市場 円相場は値下がり

24日の 東京外国為替市場は、 アメリカの 長期金利が上昇したことから高い利回りが見込めるドルを買って円を売る動きが出て、 円相場は、 値下がりしてい… 24日の東京外国為替市場は、アメリカの長期金利が上昇したことから高い利回りが見込めるドルを買って円を売る動きが出て、円相場は、値下がりしています。 市場関係者は、「FRB=連邦準備制度理事会が来月、追加の利上げに踏み切るのではないかという見方などから、アメリカの長期金利が上昇したことを受けてドルを買う動きが出ている。去年のアメリカ大統領選挙でロシアによる干渉があったとされる問題で、トランプ大統領の政権運営に対する不透明感は続いているものの疑惑の解明には時間がかかるという見方から、値下がりしたドルをいったん買い戻す投資家もいる」と話しています。 Similarity rank: 3.1Sentiment rank: 3.9 TW posts: 4TW reposts: 7TW likes: 4TW sentiment: 10 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo = '.td-post-header .meta-info'; var...

前CIA長官、トランプ陣営とロシア「接触あった」

米中央情報局(CIA)の ブレナン前長官は23日、 ロシア政府による米大統領選挙の 干渉疑惑について下院情報特別委員会で証言し、 トランプ陣営メンバーとロシア政府関係者の 間に「接触 【ワシントン=平野麻理子】米中央情報局(CIA)のブレナン前長官は23日、ロシア政府による米大統領選挙の干渉疑惑について下院情報特別委員会で証言し、トランプ陣営メンバーとロシア政府関係者の間に「接触や交流があった」と認めた。その上で「連邦捜査局(FBI)の捜査には十分な根拠がある」と語った。情報機関の元トップがトランプ陣営とロシアとの接触の事実を認めたことで疑惑追及を求める声は今後、一層強まりそうだ。 トランプ政権の誕生を受け、CIA長官を1月に辞任したブレナン氏は「ロシアが臆面もなく2016年の大統領選に介入してきたことは明らかにしておくべきだ」と指摘。 CIAはロシア介入を把握し、ブレナン氏は昨年8月にロシア連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官に電話で警告した。だが、ロシアの介入は続いたと証言した。 焦点となるトランプ陣営の関与では、接触や交流の存在は認めたものの、ロシア側との共謀の事実があったかどうかについては「分からない」と語った。「ロシア側が(接触したトランプ陣営の人物の)協力を得られたかどうかは疑問だ」と述べるにとどめた。 一方、トランプ氏から選挙戦におけるロシアとの共謀疑惑を公に否定するよう要請を受けたと一部メディアで報道された現職のコーツ国家情報長官も議会の別の委員会で証言。トランプ氏にロシアを巡る疑惑を否定するよう求められたかについて、「大統領とは定期的にやりとりするが、その内容を明らかにするのは適切とは思わない」と語り、報道の真偽には言及しなかった。 Similarity rank: 4.2Sentiment rank: 0 TW posts: 19TW reposts: 0TW likes: 1TW sentiment: -5 /*jQuery(function() { var mainContentMetaInfo...
Top words timeline