Japan — in Japanese

Japan Japan — in Japanese

田辺聖子さんが死去 作家、文化勲章

巧みな大阪弁を駆使して男女の 機微を描いた小説で知られる作家で、 文化勲章受章者の 田辺聖子(たなべ・ せいこ)さんが6月6日、 胆管炎の ため神戸市内の 病院で死去した。 91歳だった。 告別式は近親者で行った。 喪主は弟の 聡(あきら)氏。 お別れの 会を行うが日取りなどは未定。 田辺聖… 巧みな大阪弁を駆使して男女の機微を描いた小説で知られる作家で、文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6月6日、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は弟の聡(あきら)氏。お別れの会を行うが日取りなどは未定。田辺聖子さん大阪市出身。47年樟蔭女子専門学校(現大阪樟蔭女子大)卒。7年間の会社勤めの間に同人誌に参加。58年にメリヤス工場で働く女性を主人公とする「花狩」で雑誌の懸賞小説に当選、作家としてデビューした。ラジオドラマの脚本も手がけた。64年に放送業界で働く女性シナリオライターの恋愛を描いた「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)」で芥川賞を受賞。その後は「猫も杓子(しゃくし)も」といった大阪弁が印象的な恋愛小説で多くの読者を獲得した。ほかの作品に俳人・杉田久女の生涯をつづった「花衣ぬぐやまつわる……」(女流文学賞)、俳人・小林一茶の人生を愛情を込めて描いた「ひねくれ一茶」(吉川英治文学賞)、大阪の川柳結社「番傘」を率いた岸本水府とその盟友たちを描いた「道頓堀の雨に別れて以来なり」(泉鏡花文学賞、読売文学賞)などがある。古典文学にも造詣が深く、「源氏物語」など古典の翻訳・翻案も精力的に手掛けた。66年に結婚した医師の川野純夫氏(2002年死去)が登場するエッセー「カモカのおっちゃん」シリーズも人気を集めた。87年には平岩弓枝氏とともに女性として初めて直木賞の選考委員に就き、05年まで務めた。00年に文化功労者、08年に文化勲章を受章。97年5月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

ルノー、議決棄権と日産に書簡 株主総会、指名委設置の議案

日産自動車は10日、 ガバナンス(企業統治)強化に向け指名委員会等設置会社へ移行するための 定款変更の 議案を25日開催予定の 株主総会で諮ることに関し、 企業連合を組むフランス大手ルノーから議決権を行使せず棄権するとの 書簡が届いたと明らかにした。 日産の 西川広人社長は「大変驚いている。 ルノーの … 日産自動車は10日、ガバナンス(企業統治)強化に向け指名委員会等設置会社へ移行するための定款変更の議案を25日開催予定の株主総会で諮ることに関し、企業連合を組むフランス大手ルノーから議決権を行使せず棄権するとの書簡が届いたと明らかにした。日産の西川広人社長は「大変驚いている。ルノーの意向はガバナンス強化の動きに逆行するもので誠に遺憾だ」とした上で「理解が得られるよう努力する」とのコメントを出した。日産は指名委員会等設置会社への移行について、ルノー出身の取締役を含め取締役会の全会一致で決定したと説明。書簡が届いた日付は明らかにしていない。

株価 値上がり 自動車など幅広い銘柄に買い注文

週明け10日の 東京株式市場、 株価は値上がりしました。 アメリカがメキシコからの 輸入品に対する関税上乗せを見送ったことで自動… 週明け10日の東京株式市場、株価は値上がりしました。アメリカがメキシコからの輸入品に対する関税上乗せを見送ったことで自動車など幅広い銘柄に買い注文が出ました。日経平均株価、10日の終値は、先週末より249円71銭高い、2万1134円42銭。東証株価指数=トピックスは、20.55上がって1552.94。1日の出来高は、11億6307万株でした。市場関係者は、「アメリカがメキシコからの輸入品に対する関税上乗せを見送ったことから自動車など幅広い銘柄に買い注文が出た。外国為替市場で円安ドル高傾向だったことも輸出関連の買い注文につながった」と話しています。

報告書、全体読んでるわけでない=老後2000万円問題で麻生金融相

[東京 10日 ロイター] - 麻生太郎金融担当相は10日午後の 参院決算委員会で、 夫婦が95歳まで生きるには2000万円を蓄える必要があると試算した金融審議会の 報告書につういて「冒頭の 一部、 目を通した。 全体を読んでるわけでない」 と述べた。 蓮舫(立憲民主党・ 民友会・ 希望の 会)委員への 答弁。 蓮舫委… [東京 10日 ロイター] - 麻生太郎金融担当相は10日午後の参院決算委員会で、夫婦が95歳まで生きるには2000万円を蓄える必要があると試算した金融審議会の報告書につういて「冒頭の一部、目を通した。全体を読んでるわけでない」と述べた。蓮舫(立憲民主党・民友会・希望の会)委員への答弁。 蓮舫委員は安倍晋三首相に対しても「100年安心な年金制度はうそでないか」と質問し、首相は「うそではない」と説明した。5年前は6月3日に提出されていた年金財政検証が今年は現時点で提出されていない理由に関し「政治的に出す出さないではない、厚生労働省が作業中」と答弁した。(竹本能文)

官房長官「関心持って注視」 香港の大規模デモ巡り

記者会見する菅官房長官(10日、 首相官邸) 菅義偉官房長官は10日の 記者会見で、 香港の 民主派団体による大規模デモについて「邦人保護の 観点を含め、 関心を持って注視している」 と述べた。 「香港が… 記者会見する菅官房長官(10日、首相官邸)菅義偉官房長官は10日の記者会見で、香港の民主派団体による大規模デモについて「邦人保護の観点を含め、関心を持って注視している」と述べた。「香港が一国二制度のもとで自由で開かれた体制を維持し、民主的に力強く発展することに期待したい」とも語った。民主派団体は9日、中国本土に刑事事件の容疑者を引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の改正案に反対するデモを実施した。デモ終了後に一部が暴徒化し、警察官が催涙ガスで鎮圧した。

焦点:GDP2次速報は微増、注目される米中摩擦の指標への波及度

[東京 10日 ロイター] - 2019年1─3月期の 国内総生産(GDP)2次速報値は1次速報値から上方修正されたが、 その 上振れ幅は小幅にとどまり、 6月月例経済報告を作成する上での 基本的な景気判断を変えるもの にはならないとみられている。 足元では米中貿易摩擦の 激化や米利下げの 思惑で金融市場の ボラティリティーが高まっているが、 指標への 波及はこれからとみられ、 そ… [東京 10日 ロイター] - 2019年1─3月期の国内総生産(GDP)2次速報値は1次速報値から上方修正されたが、その上振れ幅は小幅にとどまり、6月月例経済報告を作成する上での基本的な景気判断を変えるものにはならないとみられている。足元では米中貿易摩擦の激化や米利下げの思惑で金融市場のボラティリティーが高まっているが、指標への波及はこれからとみられ、その動向によっては、企業や個人消費のセンチメントを下押しするリスクになりそうだ。10日に発表された1―3月期国内総生産(GDP)の2次速報は前期比0.6%増、年率換算2.2%増(1次速報は前期比0.5%増、年率2.1%増)となった。小数点以下をみた場合、前期比は1次速報の0.52%増が0.55%増に修正されたに過ぎない。法人企業統計を反映し1次速報ではマイナスだった設備投資がプラス転換した一方で、民間在庫や公共投資、住宅投資が下方修正された。内需の寄与度はプラス0.1、外需はプラス0.4と1次速報と変わらず。輸入減少に伴う外需の寄与が成長率を押し上げた姿にも変わりはない。内閣府幹部は、GDP2次速報を受けて「基本的な景気認識は、GDP1次速報時と変わらない」と述べている。中国経済の減速が輸出や生産の弱さに表われている一方で、雇用・所得環境の改善や企業収益を背景に、内需はしっかり。上方修正された設備投資も、卸売りや小売り、サービス業などの非製造業が支えている構図となっている。第一生命経済研究所・経済調査部主席エコノミストの新家義貴氏は「企業の投資意欲の底堅さが改めて確認されたことはポジティブ」としながらも、「1―3月期GDPは表面上高成長だが、輸入の急減が成長率を大きく押し上げており、内容は悪い。この評価を覆すほどではない」と指摘している。「5月の連休明けから、市場を中心に経済状況は一変した」(政府関係者)―――。落としどころを探りながらうまく進展していると思われていた米中貿易協議が暗転し、世界経済に影を落としている。日本の市場でも、連休前の4月24日に2万2362円と年初来高値を付けた日経平均株価はいったん、2万1000円割れの水準に下落。ドル/円も一時、107円後半まで円高が進んだ。しかし、こうした情勢変化が実体経済に影響していることを示す経済指標はまだ出ていない。5月連休明け以降の状況を織り込んだ生産や設備投資を確認するためには、6月28日発表の5月鉱工業生産速報や7月1日発表の6月日銀短観などを待つしかない。8・9日に福岡で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会合でも、世界経済については「様々な下方リスクを抱えながらも、年後半から来年にかけ堅調さを回復する」との認識を共有した。大和証券・チーフマーケットエコノミストの岩下真理氏は「米国の第3弾関税発動による米中貿易摩擦の激化が織り込まれたデータはまだ発表されておらず、今後の下振れリスクは高い」とした上で、当面は外需面の弱さを、消費増税前の駆け込み需要による消費の踏みとどまりと、設備投資の底堅さの持続力が補う時間帯となるとみている。新家氏も「輸出や生産の底打ちはまだみえておらず、貿易戦争が一段と激化している現状を踏まえれば、5月以降にさらに下振れる可能性も十分ある」と懸念を示している。5月月例経済報告の総括判断は「景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している」とし、4月の文言から「このところ」と「一部に」との表現を削除。基調判断は維持しつつも、総括判断を小幅ながら下方修正した。(清水律子 編集:田巻一彦)

ユナイテッド・テク、航空宇宙事業統合でレイセオンと合意

[9日 ロイター] - 米航空機・ 機械大手ユナイテッド・ テクノロジーズが、 米防衛機器メーカーの レイセオンと航空宇宙事業の 統合で合意した。 新会社は価値は1200億ドル超で、 業界最大の 合併となる。 航空宇宙事業におけるコン… [9日 ロイター] - 米航空機・機械大手ユナイテッド・テクノロジーズが、米防衛機器メーカーのレイセオンと航空宇宙事業の統合で合意した。新会社は価値は1200億ドル超で、業界最大の合併となる。航空宇宙事業におけるコングロマリットの誕生で市場勢力図が変わる見通し。ユナイテッド・テクノロジーズは主に民間航空機メーカーに電気系・通信系などの機器を提供。レイセオンは主に政府に軍用機とミサイル機器を提供している。両社の発表によると、レイセオンの株主は1株に対し新会社の2.3348株を受け取る。見込まれるコスト削減効果は、4年目終了時点で10億ドル超。新会社の名前はレイセオン・テクノロジーズ・コーポレーションで、ユナイテッド・テクノロジーズの株主が新会社の約57%を保有、残りはレイセオンの株主が保有する。新会社を率いるのはユナイテッド・テクノロジーズのグレッグ・ヘイズ最高経営責任者(CEO)で、レイセオンのトーマス・ケネディーCEOが会長となる見込み。ユナイテッド・テクノロジーズの時価総額は1140億ドル、レイセオンは520億ドル。統合は2020年上半期に、すでに発表されているユナイテッド・テクノロジーズの空調事業「キャリア」とエレベーター事業「オーチス」をスピンオフ(分離・独立)終了後に完了する予定。

米高官、ファーウェイ制裁の一部延期要請 ペンス副大統領らに

[ワシントン 9日 ロイター] - 米行政管理予算局(OMB)の ボート局長代行は、 中国の 通信機器大手、 華為技術(ファーウェイ)の 取引制限の 一部延期を求めた。 ペンス副大統領と9人の … [ワシントン 9日 ロイター] - 米行政管理予算局(OMB)のボート局長代行は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の取引制限の一部延期を求めた。ペンス副大統領と9人の議員への書簡(4日付)の内容が明らかになった。局長代行は「安全保障上の目的で妥協なしに禁止内容を効果的に実施するため」、ファーウェイに対する一部の取引制限を2年延期するよう求めている。国防総省の2020年度の支出計画では、安全保障上の懸念を理由に、政府機関や契約業者が連邦予算でファーウエイ製品を購入することが禁止されている。ペンス副大統領の代理人からコメントは得られていない。書簡は、ファーウェイに対する取引規制のスケジュールでは、政府への製品納入が可能な業者の数が「劇的に減少する」見通しを指摘。「予想される影響と解決策を検討する時間を十分に確保するため」、取引禁止措置の実施を2年後から4年後に延期するよう求めている。

香港民主派の大規模デモが警官隊と衝突、政治危機の様相強まる

[香港 9日 ロイター] - 香港で9日、 中国本土への 容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」 改正案に反対するために民主派が行った大規模デモは、 立法会(議会)の 周辺に配置された数百人の 警官隊と、 警官隊が築いた阻止線突破を試みたデモ参加者が衝突する騒然とした事態になり、 政治危機の 様相が強まっている。 警官隊は10日朝も立法会包囲を続けた。 警官隊はデモ参加者を警棒でたたいたり、 胡椒スプレーを使って鎮圧に動き、 双方に負傷者が出たもようで、 救急車も出動した。 こうした衝突の 影… [香港 9日 ロイター] -...

ブルーラインが運行再開 事故車両、駅に暫定停車のまま

横浜市営地下鉄ブルーラインで6日起きた脱線事故で、 横浜市交通局は10日午前10時、 運行休止が続いていた湘南台―踊場(おどりば)間の 運行を再開した。 日中は湘南台―あざみ野間の 全線で運行し、 夕方の ラッシュ時は湘南台―あざみ野間の 全線と、 踊場―あざみ野間の 折り返しを交互に運行する。 当初は9日の 始… 横浜市営地下鉄ブルーラインで6日起きた脱線事故で、横浜市交通局は10日午前10時、運行休止が続いていた湘南台―踊場(おどりば)間の運行を再開した。日中は湘南台―あざみ野間の全線で運行し、夕方のラッシュ時は湘南台―あざみ野間の全線と、踊場―あざみ野間の折り返しを交互に運行する。当初は9日の始発からの再開をめざしていたが、脱線車両のレールへの引き上げなどに時間がかかったという。破損した枕木などの復旧を10日未明に終え、試運転を行ったうえで運行を再開した。事故車両は車両基地へ移動させる時間がなく、湘南台駅の2番線に暫定的に停車させている。このため、運行本数の多い夕方ラッシュ時は、一部を踊場―あざみ野間での折り返し運転とする。事故は6日早朝、横浜市泉区下飯田町の下飯田駅近くで、湘南台発あざみ野行きの始発列車(6両編成)が脱線した。市交通局は同日未明に線路上で点検作業をした後、作業員が取り外すのを忘れた金属製の器具に列車が乗り上げたのが原因とみている。
Top words timeline